映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RED/レッド
2週続けての劇場鑑賞。なんか最近いい感じです。
で、今回観たのは「RED/レッド」。もう、これサイコー!私のツボ突きまくりでした。

images.jpeg

ウォーレン・エリス&カリー・ハマーの同名グラフィック・ノベルを、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレンの豪華共演で映画化したアクション・コメディ。かつてCIAの工作員だったフランク、ジョー、マービン、ビクトリアの4人は、内部機密を知りすぎているという理由でCIAの暗殺対象者になってしまう。4人は生き残りをかけてCIA本部に侵入するが……。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュベンケ。(映画.comより)

映画のノリとしては、ガイ・リッチーのロック・ストックあたりをもう少しハリウッド・アクション風に
したという感じかな。とにかく否応なしに私が反応してしまうタイプの映画です。
いい役者が演じる個性的なキャラが集結し、巨大な組織と戦う。それぞれが凄腕なんだけど
随所にニヤリとさせられる笑い所があって・・・。もうたまりません。

主演のブルースはいつもながら間違いないし、モーガン・フリーマンの、有能さと軽さを
併せ持ったキャラが最高です。73才だというのに、あの天真爛漫ないたずらっぽい笑顔。
チャーミングすぎて惚れてしまいそうです。(笑)
ジョン・マルコビッチもはまり役でしたねー。いるだけで笑える感じです。
あと、敵役的な役のカール・アーバンも良かった。有能でありながらも、この映画的には
完全ないじられ役なんですが、その表情というか絶妙でした。
更には、アーネスト・ボーグナインなんかも出てるし。この監督、私の好みを調べた上で
この作品を作ったんじゃないか?と思ってしまう程でした。(笑)
とにかく面白いので、ビビッと来た人は是非観てください。

続いて、本のご紹介ですが、東野圭吾の「殺人の門」を読みました。

殺人の門 (角川文庫)殺人の門 (角川文庫)
東野 圭吾

角川書店 2006-06
売り上げランキング : 5421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。(アマゾンより)

いつもながら、東野圭吾は読ませますねー。この本も分厚かったんですが、結構あっという間に
読めました。でも、この作品に関しては、ちょっと読むのがしんどくなりました。
この主人公が、あまりにもお人好しすぎるというか騙され易すぎて、読んでてイライラするし、
入り込めない部分があったんですよ。まー、イライラさせるというところが文章のうまさなのかも
しれませんが。読み始めの時の(私が思った)テーマと、その後の展開が微妙にずれてる感じなのも
評価が低くなった要因かもしれません。
東野作品は大好きで、そこそこ読んでるんですが、この作品はちょっと落ちるかなーというのが
率直な感想でした。
スポンサーサイト

テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
元気でるよねん
CDさんこんばんは

面白かったですよねぇ
みんな凄腕だけど 絶対に変人です(笑)

ヘレン・ミレンもスナイパーな割には撃つのが好きだからか?
なかなか当たらないしー
彼女も結構な御歳のはずだけど、どこかチャーミングですよね
とにかく同世代より上の人たちが活躍する
それにあまり窮地にも陥らない
安心してみれる作品でした

私もまだまだがんばるぞーっと思えるかどうかはわかりませんが
元気をもらえた作品でした

それから東野圭吾作品は白夜行を挫折・・・・
今、新参者の3番目の事件「どちらかが彼女を殺した」を読んでます
これは最後まで読んでしまえそう
【2011/02/13 01:14】 URL | 雨里 #yl2HcnkM [ 編集]


雨里さん、こんばんは!
本当に面白くて元気が出ました。
それぞれの変人ぶりが良かったです。

本文には書かなかったけど、ヘレン・ミレンも良かったですね~。
仰る通り、チャーミングな感じがしました。
キレがあって緊迫感のある映画もいいけど、ベテラン俳優たちによる
こういう作品も、凄くいいですよね。

白夜行、断念しましたかー。
私は、かなり好きです。どっぷり浸りました。
「どちらかが彼女を殺した」も読みましたが、これは純粋な謎解きで
これまた面白かったです。
【2011/02/13 21:38】 URL | CD #- [ 編集]

今日も暑いです
CDさん、こんにちは!
やっとこれレンタルして観る事ができました。
私もCDさんとツボが同じなんじゃないかと思うくらい、
好みの感じで、すごく楽しめたわ~~★

年を取っても全く衰えてなくて、
それどころか視野も広がって、余裕の身のこなし。
カッコ良かったな~ 
でもその有り得無さが笑える(≧▽≦)ノ☆
昔の同級生同士が集まった時のようなやりとりやなんかは
和んだ雰囲気でいい感じでした。

こんな年の取り方したいなあ~
いつまでも現役並みに動けるって憧れですよね。
【2011/07/08 17:26】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
これ最高ですよね。私は、かなりはまりました。
YANさんもお気に召したようで良かったです。
ツボの押され方が絶妙で、気持ちよかったですよね。

そうなんですよ。歳を重ねたことによる余裕とかっこよさ。
それを吹き飛ばしてしまうようなヤンチャさ。
劇場の入りは少なく、おじさんが多かったんですが、結構場内で
笑いが起きてました。なかなか貴重な経験ですよね。(笑)

ホントこんな歳の取り方をしたいものです。
こういう映画ももっと観たい!
【2011/07/08 17:44】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/227-87a61c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RED レッド

これ面白すぎた 劇場内、平均年齢高かったんですけど 結構笑いが起こってましたよ みんなで笑いながら観れるっていい感じ こんなおじさんやおばさんが大暴れ 2010 アメリカ 監督:ロベル... 雨里部【2011/02/13 01:15】

RED/レッド

これは贅沢な娯楽作品だわ~★ 顔ぶれが豪華! すごく面白かったです! 監督:ロベルト・シュヴェンケ 製作:2010年 アメリカ 出演:*ブルース・ウィリス *モーガン・フリーマン *モーガン... RockingChairで映画鑑賞【2011/07/08 17:28】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。