映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続80対20の法則を覆すロングテール戦略
昨日に引き続き、本の話ですが、ジャンルはがらっと変わってビジネス本です。
「続80対20の法則を覆すロングテール戦略」で菅谷義博という人が書いてます。
続80対20の法則を覆す ロングテール戦略
菅谷 義博
4492555730


これは「ロングテールの法則」という本の続編で、この2冊とも非常に面白かったので
ご紹介します。
ロングテールというのは、簡単にいうとこんな感じです。
今までの商売の常識では、全商品の20%(の数)の商品が全売上の80%(の売上)
を構成する為、80%の商品は極端に言えば切り捨てられていたというものでしたが、
アマゾンのようにネットを使って低コストで多くの人に告知し、
極力自動化された販売システムにより、この比率が大きく変わり、それにより
今まで切り捨てられていた80%が大きく意味を持つようになってくるという
その80%の部分のことです。これを縦軸に商品当たりの売れた数、
横軸に左(0地点)から売れた数順に商品を並べたグラフにすると、
左から右に向けた恐竜のしっぽのようなグラフになることからロングテールと
呼ばれています。
(簡単に分かりやすくと思いましたが、文章にすると長くて分かりづらいですね)
要するに新規顧客の獲得コストを限りなく小さくした上で「塵も積もれば山となる」
式の販売戦略が可能になるという話とその具体的な戦略・戦術が載っています。
ビジネスの参考にもなると思うし、web2.0時代とか言われる現在の状況を知ったり
単純にネット関連の知識を得るというだけでも面白いと思います。
例えば、インターネット・アーカイブというサイトがあって、ここでは現在ある
サイトの更新の歴史がすべて分かるって知ってました?例えば、楽天の立ち上げ時期は
どんなサイトになっていて、途中どういう変更が加えられて現在に至っているのかと
いうようなことです。
この本の前に読んだ「ウェブ進化論」という本も凄く面白かったです。
これを読むとgoogleっていうのが、今までの企業とは全然違う、素晴らしい会社で
あると同時に、その戦略の先を考えると空恐ろしい感じにもさせられます。
興味のある方は是非読んでみてください。
80対20の法則を覆す ロングテールの法則
菅谷 義博
4492555501

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
4480062858




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

扉は閉ざされたまま
映画と本とというタイトルの割にずっと映画の話ばかりでしたが
初めて本の紹介をします。好きな本のジャンルはミステリー(特に本格)、
冒険小説等エンターテイメント系です。村上春樹とかの読みやすい文学とか
ビジネス本も時々読みます。漫画も好きです。基本的に活字中毒気味なので
何かは読んでますが、また追々話していきます。
で、今日は石持浅海「扉は閉ざされたまま」祥伝社NON NOVELです。
扉は閉ざされたまま
石持 浅海
4396207972



所謂倒叙式ミステリーでストーリーはこうです。

久しぶりに開かれる同窓会で、成城の高級ペンションに7人の旧友が集まった。
当日、伏見は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部から入室できないよう
現場を閉ざした。一見完璧に見えた犯罪だったが、参加者の一人、碓氷優佳だけは
疑問をいだく。一つ一つ疑問点をつきつめ、犯人との息詰まる頭脳戦が始まった。
・・・という好きな人にはたまらない構成のミステリーです。
素晴らしいという程ではないですが、結構面白かったです。
そんなに長くなく、話も読みやすいので、ひまつぶしに読むにはおすすめです。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

7DAYS-U2を呼べ
今日は珍しいメキシコ映画です。
「7DAYZ-U2を呼べ」制作:2004年、フェルナンド・カリフェ監督
7DAYS‐U2を呼べ!‐
エドアルド・アロヨ
B000I2JQ1O


ストーリー:自分の故郷、メキシコのモンテリーでU2のコンサートを開くのが
夢の三流プロモーター、クラウディオ。プロモート費用を稼ぐための賭けに負け、
7日以内に本当にU2を呼ばないとマフィアに殺されてしまうはめに。その為に
色んな人脈をたどり、U2ファンの大ファンであるマフィアのボスの息子と友情を
深めつつ、奔走していくというストーリー。これを読んだだけでも感じると思いますが
荒唐無稽な物語がご都合主義的展開で進んでいきます。
だけど、これが結構良かった。勿論自分がU2の大ファンだからで(U2本人もライブ
シーンで登場)、それ以外の人には?ですが。まー、いい風にとれば夢をあきらめない
とか仲間を大切にとか人生有意義に精一杯生きよう的なメッセージも感じ取られ
ベタなものが好きな人なら結構いいかも。ただ、タイムリミット型サスペンスという
説明もどこかで見たけど、これはちょっと違うと思います。むしろ、お気楽で前向きな
ストーリーだと思いました。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

八甲田山
ここのところ、割と新しい映画が続いてましたが、今日はぐっと古くなって
八甲田山です。
「八甲田山」1977年公開、森谷司郎監督、主演:高倉健、北王路欣也、三国連太郎
八甲田山 特別愛蔵版
新田次郎 橋本忍 森谷司郎
B000219OY0


いやー、凄かったです。雪、雪、風、吹雪、雪崩、また雪!それに対する人間は
凍え、疲労し、狂い、死んでゆくという感じで壮絶でした。
ストーリーは、こんな感じです。
1902年、日清戦争で過酷な寒さの中、犠牲者を4000名を出す戦闘を経験したことに
より、寒さに慣れているロシアとの戦争に向け(日露戦争)、雪山・寒冷地での戦闘等に
対する対策として雪中行軍を決行することになった。青森を出発する、神田大尉(北王路)
率いる第5連隊と弘前を出発する、徳島大尉(高倉)率いる第31連隊が同時に八甲田山を
目指すことになった。5連隊は、210名の大部隊、31連隊は27名という少数精鋭の
部隊で挑戦するのですが、人数の違いだけではなく、5連隊は自然の力をみくびり自然を
征服しようとするやり方、31連隊は自然の恐ろしさをよく分かった上で、地元の人々の
力も借りながら、何とかしのいでいこうとするやり方、その違いでもあったと思います。
どちらがいい結果をもたらすかというのは想像通りだと思いますが、それを圧倒的な迫力で
納得させられます。
3時間近くあり、軽さもまったくないので、そういうのがだめな人にはお勧めできませんが
かなり良かったです。ちょっと腰を据えて見てみるかと言う人は是非見てください。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

箪笥
今日は韓国ホラーの箪笥です。
箪笥-たんす-
イム・スジョン キム・ジウン ムン・グニョン
B000FHIVY0


この映画は田舎の家に仲の良い姉妹と父親が着くところから始まります。
その家には、継母がいて、この継母が妹をいじめることもあり、姉は
嫌っており、ことごとく反抗するが、何故か父親は無関心という一家。
そこに色々な恐ろしいことが起こって・・・と言う感じなんですが、
最後に色んなことが分かって辻褄があってくると結構切ないような
感じにもあるという映画です。どこかのサイトでは号泣ホラーって
書いてました。ちょっと大げさだとは思うけどなんとなく分かります。
でも、どういう話なのか完全には分からず、他の人が解説しているサイトを見て
「そうなんだ」って感じでした。
怖さという点では音響効果が良かったと思います。
何か全然まとまってないけど、今日はこの辺で。


テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

16ブロック
今日はブルース・ウィリス主演の16ブロックです。
16ブロック
ブルース・ウィリス リチャード・ドナー モス・デフ
B000J6HYOU


酒浸りで一見うだつの上がらなそうな刑事が、16ブロック先にある裁判所に
証人を嫌々ながら連れて行くことになります。
その約2時間の間に様々な妨害・危機が訪れるの「24」のようにリアルタイムで
見せていきます。主な登場人物は3人でブルース演じるジャックとモス・デフ演じる
エディ(初めて見る役者だけどすごくいい)、ジャックと20年来の相棒だった
デヴィッド・モース(いつもながらいい味出してる)演じるフランクです。
すべてに絶望し、エディのこともまったく信用していないようなジャック、
「人は変われる」ということを信じ、人生を前向きに考え、色んな兆しを信じる
エディ、有能で仲間の信頼も厚く、ジャックともお互い最も良き相棒の関係だった
ように思われるフランク。この3人の過去や人物像が徐々に明らかになりながら
その関係性も変化していくという物語でそれぞれ裏もありそうに感じさせる展開
なので、最後まで飽きさせず、いい映画でした。DVDにもう一つのエンディングも
収録されてましたが、公開版の方が好きです。皆さんはどうですか?

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

ミッション・インポシブル3
今日はミッション・インポシブル3を借りて見ました。
M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ J.J.エイブラムス ミシェル・モナハン
B000ILZ3UI


インディ・ジョーンズ3の時に3作目まで高い水準を保った作品は
なかなか無いと言いましたが、ここにもありました!
最初から最後まで息をつかせぬ展開でアクション好きにはたまらない
映画だと思います。
ストーリーはこんな感じです。
現役を引退し、教官をしていたイーサンの元に、教え子がミッション中に
音信不通になったことが伝えられる。婚約者も出来、穏やかな生活を送っていたが、
その教え子が教官をしていて初めて実戦に出すことを許可した者だったこともあり
救出作戦に参加することに。
作戦を決行し、うまく救い出したかに見えたが、何と頭に埋め込まれた時限爆弾に
より、殺されてしまう。その前に無線を切った上で聞いて欲しいことがあると
言い残しており、内部の裏切りも思わせる展開で続いていく。

トムも勿論だが、悪役のフィリップ・シーモア・ホフマンが特に良かった。
情けのかけらも無いし、腹も据わっている。一度イーサン(トム・クルーズ)に
捕らえられるけど、その後の復讐が、素早くて派手で徹底的。
悪役が魅力的な映画って何か好きなんですよね。MI3とは全然正確が違うけど
「ブロークン・アロー」のトラボルタは凄く良かった。
後、ゼーン役のマギーQも初めて見たけど、色っぽくて良かった。

そして何と言ってもアクションシーンでしょう。特に上海でビルの屋根に飛び移る
ところからの一連のシーンは見ていて思わず力が入ってしまった。

トム・クルーズには映画のことだけに集中して欲しいと願うばかりです。
次も期待してまーす!


テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

インディ・ジョーンズ3~最後の聖戦
インディ・ジョーンズシリーズ最終作の予定だった「最後の聖戦」です。
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
ハリソン・フォード スティーブン・スピルバーグ ジョージ・ルーカス
B00009P549


この映画の目玉は何と言ってもショーン・コネリーです。
存在感があり、この映画ではちょっとユーモラスでもあり、
ハリソン・フォードとのからみも面白いと思います。
シリーズ3作目ともなるとほとんどの場合、レベルが落ちるものだけど
この映画は全然レベルが落ちてないと思います。3作の中で一番好きという
人も結構いるんじゃないですか?本当に毎回毎回よくこんなにハラハラドキドキ感を
続けられるもんだと感心します。
この映画、このコンビ(ルーカス&スピルバーグ)なら4作目も傑作になるんじゃないかと
期待してます。ただ普通に考えれば今年確か65才になるハリソン・フォードが
アクションできるのかという不安はありますが。脚本と演出力・演技力に何とかして
ほしいですね。
ともあれ、来年公開とも言われている4作目を期待して待ってます。

テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

インディ・ジョーンズ2~魔宮の伝説~
皆さん、お元気ですか?
私はちょっとへばってました。おとといから下痢と頭痛に悩まされ
(もしかして風邪?)ブログもさぼってしまいました。
皆さんもお気をつけください。

それでは、今日はインディ・ジョーンズ2~魔宮の伝説について書きます。
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
ハリソン・フォード スティーブン・スピルバーグ ジョージ・ルーカス
B00009P549


これ、スピルバーグは3作の中でもっとも思い入れが少ない作品といって
ますが、私は結構好きです。
特に冒頭の飛行機からゴムボートで脱出して、雪山を滑り降りていき、
川に飛び込み、流されていくところと魔宮に入ってからのトロッコチェイスの
シーンです。その他にも吊り橋のシーンとか手に汗握るシーンが満載で
すごく面白いと思います。

ここで、前回に続くミニ知識ですが、ヒロインの役名ウイリーはスピルバーグの
犬の名前、中国系の少年ショートの名前もスタッフの誰かの犬の名前だそうです。
それと、ヒロイン役のケイト・キャプショーとスピルバーグは、この後結婚しました。

この作品、スピルバーグもルーカスも暗いトーンの映画だというようなことを
言ってましたが、全然そうは思いません。皆さんはどうですか?


テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

何故か「インディ・ジョーンズ」1~レイダース~
昨日から始めたブログですが、既に何人かの方が見てくれたようで
ちょっとびっくりです。すごく素人くさいですが、インターネットって本当に
繋がってるんですね。おまけにコメントまでいただけるなんて感激です!
モモさん、ありがとうございました。

さて、今日は映画について話したいんですが、実は最近映画館には
まったくといっていいほど、行けてないんです。
なので、もっぱらDVDが中心になってしまうんですが、今日は
その中でも更に新鮮みのかけらもないインディ・ジョーンズシリーズです。(笑)
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
ハリソン・フォード スティーブン・スピルバーグ ジョージ・ルーカス
B00009P549


もっとも新作が08年公開予定らしいので、旬の話題だということにしてください。
(絶対見ますが、正直期待と不安が半々です)
インディ・ジョーンズシリーズのどこが好きかと言えば、やっぱり
「これぞ映画だ!」って思えるからです。
アクションとかアドヴェンチャーとかいうよりも「活劇」って言葉の方が
しっくりくるようなそんな映画です。
まず「レイダース」の冒頭のシーンでパラマウント(配給会社)のロゴの後、それとそっくりな
山が現れて、そのままインディの世界にどっぷりはまりこみます。
そして、インディの登場シーン!最初はバックからのシルエットだけが見え
期待感を高めてから満を持して登場!1作目なのにもかかわらず
「いよっ!待ってました!」(古い?)って感じで拍手喝采です。
そしてあの音楽。勇ましくも楽しくもあり、ワクワクドキドキ感が
いやがおうにも高まりますよね。
その後はひたすら「スリル!ピンチ!やったー!」の繰り返しで
最後まで楽しめます。
やっぱり映画はこうでなくっちゃーと思います。

で、大好きなこの映画4枚組のDVDボックスを購入して、最近見たので
こうしてブログに書かせてもらいました。
このボックスは本当にお買い得だと思いますよ。
名作3本+充実の特典ディスクで5000円前後だったと思います。
音も良く(THX)本当に大満足です。
ボーナスディスクも充実していて興味深く見ることができました。
知ってました?インディアナっていうのはジョージ・ルーカス
飼っていた犬の名前で(しかもこの犬、SWのチューバッカのモデル!)、
インディの最初の名前はインディアナ・スミスだったんだって。
で、スピルバーグが気に入らなくてジョーンズに。良かった!

と、語り出したら止まりませんが、今日はこの辺で・・・
このシリーズ好きな方、コメントをいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

blogはじめました
はじめまして!
とうとうブログ始めちゃいました。
うれし恥ずかし、ちょっと興奮気味です。
今まで、ブログどころか掲示板やチャット等もしたことがなく、
ネットを通じて知らない人と繋がるという経験自体初めてなので
どんなことでもコメントいただけると本当にうれしいです。と思います。
何かのパクリのようなタイトルですが、好きな映画や本等について
皆さんと語り合えたらなーと思います。
どうぞ、よろしく。
ところで、「blogはじめました」と書いてて思ったんですが
ミスチルの「LOVEはじめました」って」曲、好きです。(特に歌詞が)
It’s a wonderful world
Mr.Children
B0000640Q6


過激なところも冷めているところも自分にとってはすごくリアルに
感じました。
イエモンの「JAM」って曲も同じようにすごく好きです。
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST
THE YELLOW MONKEY 吉井和哉
B00069BN7Y


何か映画や本といいながら音楽の話になってしまいましたが
音楽も好きなんです。
でも今度は映画の話をするつもりなので、よろしくお願いします。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。