映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる
「キサラギ」「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」で好きになった香川照之が出ている「ゆれる」を観ました。この2作とは打って変わって、シリアスな演技でしたが、名演でした。
作品的にも良かった~。
ゆれる
西川美和
B000KIX658

オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。
都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、観る者のイマジネーションをかき立てまくる。背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。あのとき吊り橋で、何が起こったのか? その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは目に焼き付いて離れない。兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に共感してしまうはず。家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。(斉藤博昭) (アマゾンより)

色々な意味で秀逸な映画だなと感じました。主演のオダギリ・ジョーがいい、香川照之も
勿論いい、セリフや心理描写もいいし、景色や音楽もいい、そしてそれらをまとめる「ゆれる」というタイトルも秀逸だと思います。この監督は、すごくセンスがいいな~と思いました。
サスペンスとして観ても十分面白かったです。実際に何があったのか、登場人物たちはどう思い、何故あんなことを言ったのか、何故あんな行動をとったのかということを考えつつ
最後まで面白く観られました。
オダギリ・ジョーはカッコ良かったですねー。考えてみたら、かなりわがままで人の気持ちを考えない嫌な奴なんですが、結構魅力的に見えてしまいました。
そして、香川照之!腹にためる演技が絶品でした。人のいい凡人の部分も狂気をはらんだ
部分もうまく、引き込まれました。
でも、木村祐一がな~、いい味を持ってるとは思うけど、この作品にはちょっとどうかと
思いました。
それと、邦画全般に言えるんですが、セリフが聞きづらいのが困りました。何度も巻き戻しましたよ。皆さんはそういうこと、無いですか?

とにかく、サスペンスとしても人間の揺れ動く心情を描くドラマとしても見応えがあり、おすすめしたい作品でした。

最後にちょっとネタバレを・・・(要ドラッグ)
結局、吊り橋の上で何があったんでしょう?
私は素直に、智恵子は事故死で稔は支えきれなかった。猛は曖昧な記憶の中、稔の手首に着いた傷と稔との拘置所での会話によって突き落とすところを見たと思いこんでしまったんだと思ったんですが。
最後のシーンで、稔はバスに乗ってしまったかなーと思ったけど、やっぱり乗らずに猛の
元へ行ったと思います。
単純すぎ?



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

パイレーツ・オブ・カリビアン2,3作目
1作目をDVDレンタル化後すぐに観て以来、どれぐらい経つのか分かりませんが、
ようやく観ました。シリーズ第2作目「デッドマンズ・チェスト」!
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
ジョニー・デップ, オーランド・ブルーム, キーラ・ナイトレイ, ステラン・スカルスゲールド, ゴア・ヴァービンスキー
B0017LF628

前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊=ジャック・スパロウ。自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前のこと― ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引きかえに、船乗りたちが最も恐れる[深海の悪霊]デイヴィ・ジョーンズと[血の契約]を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。“悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた。その頃、海賊の血をひく青年ウィルと、その恋人で総督の令嬢エリザベスにも危機が訪れていた。待ちに待った結婚式の当日、二人はかつてジャックの逃亡を助けた罪で逮捕されたのだ。釈放の条件は、ジャックが持つ[北を指さない羅針盤]を手に入れること・・・。抗うことのできない力に操られて、ジャック、ウィル、エリザベスの運命は再び交差する。その時、カリブの海に封印された、恐るべき秘密が蘇ろうとしていた―!!(アマゾンより)

いや~、面白かったです。インディ・シリーズのルーカス&スピルバーグも凄いですが、
このシリーズのディズニー&ブラッカイマーも凄いですね。大衆の心を捕まえることに
おいては、ひけをとりませんね。
といいつつ、実は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の1作目を観たときは、評判ほど
面白いとは思いませんでした。それで、2作目を観るまで時間がかかってしまったんです。
でも、インディ・ジョーンズを観て、「やっぱり単純なアクション・アドベンチャーは
いいよな~」なんて思い、2,3作目をまとめてレンタルしたんです。

この作品は楽しかったですね~。堪能しました。特に、ちょっと笑えるアクション・シーンが大好きです。
例えば、ジャックが火あぶりから逃げだし、背中に長い棒を差し込んだまま、フルーツを
突き刺しながら逃げまくるところとか、ジャックの仲間とウィルが捕らわれ、断崖から
吊された網(というか籠というか)ごと、崖を駆け上ったり、そのまま森の中を転げ落ちていったり、転がっていく巨大水車の上でウィルが戦うシーンとか・・・最高でした。
海賊船の作りとか映像的にもよく出来ていたし、この映画を制作する側に回ったら、
楽しいだろうなーと思うような作品でした。
それに何と言っても、ジャック、ウィル、エリザベスのキャラクターがいいですよね。
ジャック・スパロウってよく考えると、いい加減で単なる嫌な奴のような気もするけど
ジョニー・デップが茶目っ気タップリに演じると、不思議とすごく魅力的に思えるん
ですよね。そういうジャックの存在感でコメディ寄りになるところを、オーランド・
ヴルームとキーラ・ナイトレイという非の打ち所のない美男美女で、正統派で端正な
映画に戻しているような感じがして、バランスが良かったと思います。
キーラ・ナイトレイが戦うために皆を奮い立たせる演説をするシーンは、構図とか全然
違うのに、ちょっとドラクロワの「民衆を導く自由の女神」を想像しました。
あと、個人的にはちょっとアーネスト・ボーグナインに似ているギブスがお気に入りです。
それと、何と言ってもキース・リチャーズ!余計な演技をさせず、短い出番で、存在感だけ
で持って行ったのは大正解だと思いました。

アマゾンとかのレビューを見ていると、1作目は面白かったのに、2作目は全然面白くない
とか、1と3だけでいいんじゃない?とか結構散々な言われようですが、私は何故か
2作目が一番お気に入りです。
ストーリーが弱いのはその通りだと思うし、たこ船長とかもどうかなーとは思いますが。
どうでもいいことですが、ベケット卿が海賊やたこ船長に対してもあんなに強いのは不思議でしたね。
欲を言えば、ストーリーをもっと充実させて、謎解き的な楽しみも欲しいなとは思います。
でも、なんだかんだ言っても2作目も3作目も楽しく観られたので、私的には満足でした。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション
ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ, ゴア・ヴァービンスキー
B000VBH9AW

海賊たちの自由な時代は、世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿によって終わりを告げようとしていた。残された道はただひとつ、選ばれし9人の “伝説の海賊”を召集し、命運を賭けた決戦を挑むのみ。ジャック、エリザベス、ウィルの運命が再び交差するとき、前人未到の“ワールド・エンド”で、海賊たちの自由を賭けた最後の決戦の火蓋が切られる―。(アマゾンより)

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
超久々の劇場鑑賞です。待ってました、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」!既に公開してからかなり経ちますが、やっと観ることが出来ました。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オリジナル・サウンドトラック
サントラ
B0017U0AOI

上記はサントラです。画像だけ借りました。 ストーリーは、
19年ぶりで、舞台が冷戦時代の1957年に変わった“インディ・ジョーンズ”は、恒例の巻頭の冒険から驚きと興奮の連続だ。なんとインディは、ソ連の非情な士官イリーナ(ケイト・ブランシェットが怪演)率いる秘密部隊に捕まった状態で現れ、遺跡ではなく、米軍基地でバトルを繰り広げる。しかも敵の目的は、47年に起こったというロズウェル事件で米軍が墜落したUFOから回収した異星人の遺物。新兵器の実験装置や核実験場も登場し、史実も噂も引っくるめて繰り出される懐かしくて新しい多彩なアクションに息を呑む。  イリーナに拉致された旧友を救うため、アマゾン流域に向かう中盤以降は、怒涛の展開。時代を感じさせる軍用車でのチェイスに、秘境の地形や軍隊アリなどの動物が巧みに絡み、驚き、笑い、手に汗握る。鍵となるクリスタル・スカルも、実在する古代マヤのスカルを遥かに凌ぐ神秘の秘宝と設定。黄金郷エルドラドの伝説や、古代インカで行われた頭蓋変形の風習なども織り込み、壮大な歴史の謎解きを展開する。遺跡の仕掛けも多様で面白い。  少し老いたが、ハリソン・フォード扮するインディの破天荒な活躍も健在。相棒となる青年マット(シャイア・ラブーフ)のきびきびとした姿も好感がもてる。また、第1作のヒロイン、マリオン(カレン・アレン)が再登場し、変わらぬ無鉄砲さとインディとの軽妙なやりとりで気持ちよく笑わせる。3人が育む絆も爽やかで、続編を期待!(山口直樹)(eiga.com)より

やっぱり、いいものはいいですね。オープニングでパラマウントマーク似の山が出てくる
ところがレイダースを連想させて、最初から引き込まれました。(今回のはオチもあって笑えたけど)でも、正直前半は、自分には時代感覚が新しすぎるところとか、ちょっとなじめなかったです。でも、アマゾンに向かうところからはおなじみの展開で、最高でした。特に崖沿いを軍用車でチェイスするシーンは、も~たまりません。これぞ、インディ・ジョーンズ!という感じでした。ヘビやネズミ等に続き、今回登場したアリも怖かった~。
久々登場のマリオンも良かったですねー。さすがに歳は隠せませんが、インディとのやり取りは軽妙で楽しませてくれました。それと、新しく登場したマット、予告編とか観ただけでは何となく違和感があったんですが、本編を観てみたらすごくなじんでいて、良かったです。今後に対する広がりも出てきたかなーと思います。ハリソン・フォードは、さすがに体のキレは衰えてますが、もともとキレキレのアクションがウリではないし、そう言う意味では十分見応えあるアクションシーンを演じてくれました。
ちょっと気になるところはありますが(ネタバレに書きます)、やっぱり面白かったし、是非次作も作って欲しいなと思いました。
以下ネタバレ、要ドラッグ
最後の方で、UFOを思わせるモノが出てくるのは、個人的にはちょっとガッカリです。考古学とか古代ロマン的なところでとどめて欲しいなーという気がします。
キリストの謎とかも絡むと、よりいいんですけどねー。ちょっとイメージ固定されすぎかもしれませんが。
でも、ラストでインディの帽子が転がってきて、それをマットが拾おうとするところで、
「アレッ、世代交代・続編の暗示か?」と思わせておいて、スッとインディが拾ってニヤリとするところ、最高でした。こちらもニヤリとしちゃいました。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。