映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーカントリー
ノーカントリーを観ました。ハビエル・バルデム、期待通りの不気味さです。不気味さ、
残酷さが苦手な人は観ない方がいいかもしれません。
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション
トミー・リー・ジョーンズ, ハビエル・バルデム, ジョシュ・ブローリン, ウディ・ハレルソン, ジョエル・コーエン;イーサン・コーエン
B001APXBUA

作品賞・監督賞などアカデミー賞4部門受賞!かつてないスリルと興奮に包まれたサスペンス・スリラーの傑作!荒野で狩りをしていたベトナム帰還兵のモスは偶然ギャングたちの死体と麻薬絡みの大金を発見。その金を奪ったモスは逃走するが、ギャングに雇われた殺し屋のシガーは邪魔者を次々と殺しながら執拗に彼の行方を追う。事件発覚後、保安官のベルは二人の行方を探るが、彼らの運命は予測もしない衝撃の結末を迎える…。 (アマゾンより)

この作品、コーエン兄弟らしいユーモアとかギャグは一切無く、徹底して非情なトーンで
描かれています。その中心となるのが、ハビエル・バルデム扮する殺し屋シガーで、
自分の行動ルールにのみ従い、一切の感情を見せず次々と人を殺していくとんでもなく
恐ろしいヤツです。この手の映画が好きな人にとっては斬新なキャラクターというほど
ではないと思いますが、それでもハビエル・バルデムが演じると凄まじい(といっても
どちらかといえば静かな)迫力でした。

だけど、主人公は、仕事にも世の中にも嫌気がさしている老保安官ベル(トミー・リー・
ジョーンズ)で、その視点から語られてるんだと思います。ちなみに、原題は
「NO COUNTRY FOR OLD MEN」で、古い人間(旧世代・老人)が暮らせる国はない
(安住の地はない)という意味だと思うんですが、「なんて世の中になっちまったんだ」
とか「何を考えてるか分からない連中が多すぎる」という老保安官のボヤキが聞こえる
ような印象を受けた映画でした。

でも、考えてみたら、この映画の設定は(多分)1980年で、それを今作ってるわけだから
28年前にこんなことを考えた(体験した)老保安官がいたという話しなんですよね。
これはどういう意味なんだろ?世の中そんなに変わらないということなのか、いくら
厳しくても現実に立ち向かっていかないといけないということなのか、例によって、
私が思いっきり読み間違えてるのか・・・(笑)

でも、ひどい事件って今に始まったことじゃないんですよね。皆さんはテレンス・マリック
の「地獄の逃避行」っていう映画、ご覧になったことありますか?これの元となった
のが、1958年に8日間で10人を理不尽に次々に殺していった、チャールズ・スターク
ウェザーという青年なんです。この事件も信じられないです。興味のある方は、「スターク
ウェザー」で検索してみてください。

またまた混乱した文章になってしまいました。
ハビエルの怪演で影は薄かったですが、トミー・リー・ジョーンズも良かったです。
この役はトミー・リー・ジョーンズでなきゃと思わせました。
「BOSSでも飲んで一息入れてよ」と言いたくなりましたよ。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

バンテージ・ポイント
バンテージ・ポイントを観ました。あっという間の90分。面白かったです!
バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション
デニス・クエイド, マシュー・フォックス, フォレスト・ウィッテカー, ピート・トラヴィス
B001AE6HFM

アメリカ大統領が狙撃される! その題材だけでもショッキングなのだが、本作は、現場に居合わせた人々の違った視線で描かれ、真相が明らかになる作りが見どころになっている。ひとつのパターンが終わると、狙撃前に時間が巻き戻り、別の人のパターンと、計6回、狙撃の前後が繰り返されるのだ。複数の視線で事件を描くのは、黒澤明監督の『羅生門』や、『ユージュアル・サスペクツ』などが有名だが、本作の6パターンは時間も正確に刻まれ、映画が進むにつれ、驚くべき事実が少しずつ、薄皮が剥がれるように発覚する点が見事だ。
 テロ撲滅の演説をしていた米大統領が撃たれたのは、スペインのサマランカという都市にある広場。演説を中継するニュースのカメラ、事件を防げなかったシークレットサービス、テロリストらしきグループ、聴衆、現地の警官、さらに大統領本人と、「6パターン」の視線もバラエティ豊かで、とくに狙撃される大統領のパートは予断を許さない面白さだ。デニス・クエイド、シガーニー・ウィーヴァーらキャストにも実力派を揃え、各人物それぞれの心理に深く切り込んでいく。これだけ複雑な構造をとりながら、90分で収めた手腕も高く評価されるべきだろう。(斉藤博昭) (アマゾンより)

この作品は、大統領狙撃までの23分間を8つの視点から繰り返すということで、面白そう
だけど8回も同じシーンを見せられたら飽きそうだなーと思って鑑賞しました。
実際、「飽きる」とか「中だるみする」という批評もあるようですが、私には全然そんな
ことはなく、最後まで息もつかせず一気に観られ、すごく面白かったです。
元々の暗殺計画もよく練られたものだし、これを阻止する側の作戦も面白いし、更に
それらを解明するための見せ方もすごくよく考えられてるなーと感心しました。
複数の視点それぞれで起こることが面白いし、それぞれクライマックスで次のシーンに
移るので何度もクライマックス感を味わえるし、徐々に解明されていく感じが面白かった
です。最後のカーチェイスも迫力満点でした。ミニミニ大作戦やボーン・シリーズでも
思ったんですが、小さな車を使って市街地で行われるカーチェイスって手に汗握りますね。主演がデニス・クエイドというのは、アクション映画として地味すぎるんじゃないの?と
思ってましたが、観てみたらその地味さが却って良かったと思います。
つっこみどころもありますが、私はこういう娯楽に徹した作品、大好きです。
単純に面白くて、テンポ良く進むアクション映画が好きな人にはすごくおすすめです。


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。