映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To France/Mike Oldfield
最近めっきり寒くなってきましたが、皆さん風邪など引いてませんか?
今日は先日の「home」に続き、音楽のご紹介をしたいと思います。
マイク・オールドフィールドの「To France」という曲です。
音質重視で選んだので、静止画のままです。聴きながら以下の文章を
読んでいただけるとうれしいです。



20年以上前の曲で、大して売れなかったと思うんですが、発売当時
ラジオから流れてきたのを聴いて、一発で好きになり、今でも好きな
隠れた名曲だと思ってます。丁度、今頃のぐっと寒くなり、木々が色づく頃に聴くと
よりいいんじゃないかと個人的には思っています。
マイク・オールドフィールドはデビュー・アルバムの「チューブラー・ベルズ」が
いきなり大ヒットしたマルチプレイヤーです。このアルバムの出だしの部分が
エクソシストのテーマ曲として有名になりました。アルバムを通して聴くと
全然ホラー的ではないんですけどね。
この曲は、「ディスカバリー」というアルバムに収録されていて、歌とドラム以外を
すべてマイク・オールドフィールドが演奏していて、ヴォーカルはマギー・ライリーと
いう女性歌手が担当してます。
タイトルに出てくるのはフランスですが(といっても決してたどり着けない場所
としてですが)、印象的にはアイリッシュというかケルティックというかそんな
感じです。とにかく、メロディーといい、マギー・ライリーの声といい、何ともいえない
哀愁を帯びた異国的な響きがたまりません。
この曲、ご存じの方はいますか?一人でも気に入ってくれるとうれしいんですが。




スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

クローバーフィールド/HAKAISHA
最近、観たいなと思ってるDVDは多いんですが、上映時間が長いものが多く、
短い時間で何も考えずに楽しめそうと言うことで今作をレンタルしてみました。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディションクローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-09-05
売り上げランキング : 717
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かつてセントラルパークと呼ばれた場所で発見された暗号名“クローバーフィールド事件”に関連するビデオとして上映が始まる本作は、大袈裟ではなく映画の歴史を変える作品になった気がしてならない。巨大生物がニューヨークに突如上陸して暴れた夜を、偶然民間人ロブの日本への長期単身赴任送別会とでも言うべきサプライズパーティーでビデオカメラを回していた男が記録した……という設定なのだが、これが見事なまでに臨場感がタップリ。まさに自分がその現場に居合わせているかのような圧倒的な臨場感で描かれているのだ。
通常ならば軍隊と巨大生物の戦いをずっと見せたり、この巨大生物の正体が何かを語ったりしてしまいがちなのに、本作はあくまでもこのパニックに巻き込まれた普通の人々の視点でしかないのが素晴らしい。だから軍隊が戦っているところに遭遇すればそういう映像が入るし、怪獣も身体の一部しか写らなかったりするのだ。9.11のあの衝撃的映像が映画業界にもたらしたものは大きいが、本作は映画にあれと同じ臨場感を見事に入れ込むことに成功。またそのビデオがロブと恋人とのデートをおさめた映像の上にうっかり重ねてしまった形にしたのも素晴らしい。時折そのデート映像が残っていて垣間見えることでロブと彼女の恋愛事情が見え、現実の展開(彼女は自宅で大怪我を負っており、騒動の中、ロブは彼女を助けに行こうとする)により哀しみを誘うのだ。(横森文) (アマゾンより)

最初に書いた私の設定にはピッタリで面白かったです。モンスタームービーというよりは
パニックムービーで、訳の分からない恐ろしいものから逃げまどう人々を臨場感のある
映像で見せてくれたところが良かったです。
もっとも、あの状況の中でそこまで撮影にこだわるか?ということに始まり、ツッコミ
どころは満載で、その分完全には入り込めなかったんですが。
ブレアウィッチ・プロジェクトのような手法を取りながら、映像的には数段迫力があり
(題材が違うから当たり前と言えば当たり前ですが)、人間ドラマ的な部分も絡めながら
テンポ良く短時間で見せる映画でなかなか良かったと思います。


テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画

home/木山裕策
前回、ご紹介した「ギルバート・グレイプ」は家族愛をテーマにした映画でしたが、
最近よく聴いている曲も正に家族愛をテーマにした曲なので、ご紹介しようと思います。
最近と書きましたが、この曲は今年の2月に発売されたようで、多分それなりに話題にも
なった曲だと思うんですが、私はつい最近知ったところなんです。映画紹介同様、
全然タイムリーじゃないのはご愛敬と言うことで。(笑)
この映像もここで紹介しようと探していて初めて見たんですが、テレビ番組のようですね。
でも、歌詞もテロップで流れるし、すごくいい曲だと思うので、まだ知らない人がいたら
観てみてください。


いかがでしたか?私は「そうそう、分かる分かる」という感じだったし、胸に染みました。
日頃忘れがちな家族への感謝の気持ちも思い出させてくれました。
映画もそんなに観られないし、なかなか記事更新できないので、今日はこういうパターンに
してみました。



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。