映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身
続けてもう一本。今度は邦画です。
「容疑者Xの献身」を観ました。

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
福山雅治, 柴咲コウ, 堤 真一, 西谷 弘

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング : 663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友である天才数学者・石神哲哉が事件に深く関わっているのではと疑念を抱き…。共演は堤真一と松雪泰子。(アマゾンより)

この作品は原作を読んで感動し、ミステリとは思えないくらい読んでいて泣けてきた小説
でした。その映画化ということで、どちらかと言えば不安の方が大きかったくらい
なんですが、かなり良かったです。このシーンはあれを暗示してるんだなとか確認
しながらの鑑賞だったんですが、それでも結構感動できました。
本を読んでるときの石神のイメージとは全然違ったんですが、堤真一は良かった。
まさに石神でした。

ネタバレなので、以下反転します。
私はミステリがすごく好きで、しかも本格と言われる謎解きメインのものが特に
好きなんですが、この作品はその部分でも満足できる上に、ドラマ的な部分でも
感動できる素晴らしい作品だと思います。
謎解きの方では、やっぱりアリバイの問題と見せかけて死体のすり替えというのは
やられた~と思ったし、普通の母子が刑事に追求されて言い逃れるはずがないのを
見越した上で、本当のことを話してればいいというトリックにしたというのも
非常に納得感がありました。
ドラマ的な部分では、何と言っても石神の圧倒的な献身ですね。徹底した自己犠牲の上
で用意周到に考えられた計画。あそこまで自分を捨てて、好きな人(と言うのもどうかと
思うくらい)を守るためにやり抜くという姿には驚かされました。そして、ラストで
靖子が一緒に罪を償うと言ったことで、すべての努力が無になってしまった時の石神の
慟哭(しかも靖子が初めて石神のことを本当に理解した瞬間でもあるのに)。
逆に、石神が靖子を守るために、まるで物のように殺されてしまったホームレスも
哀れだし、唯一天才と認めた石神が、絶対に許すことの出来ない殺人を犯したことで
その罪を暴くことになった湯川の気持ちも辛い。
東野圭吾は、推理作家としても小説家としても本当にうまいですね。

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

ワールド・オブ・ライズ
久しぶりに映画の記事です。と言ってもDVDですけど・・・。(笑)
「ワールド・オブ・ライズ」を観ました。こういう役柄のディカプリオ
好きだなー。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
レオナルド・ディカプリオ, ラッセル・クロウ, マーク・ストロング, ゴルフシテ・ファラハニ, リドリー・スコット

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-04-29
売り上げランキング : 817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界を救おうとする2人の男。CIA工作員のロジャー・フェリス(ディカプリオ)と、彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(クロウ)。
フェリスは、世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。一方のホフマンは、平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令し、部下の意見は無視する冷酷な男だ。
そんな生き方も考え方も違う2人の目的はひとつ。地球規模の爆破事件のリーダーを捕まえること。
足跡すら残さない正体不明の犯人をおびき出せるのは、「世界一の嘘」しかない。フェリスとホフマン、そして他国の諜報部の、息もつけない頭脳戦が始まった!
果たして世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘か--?(アマゾンより)

久しぶりで映画に飢えていたせいもあって、面白かったです。特にディカプリオは
大好きな「ブラッド・ダイアモンド」と同じくらい魅力的でした。
ギルバート・グレイプの少年からグッと成長し(当然だけど)、現場をよく知る
タフな男を演じても違和感が無いどころか格好良いと思います。

世界を救う為テロリストを捕まえるという共通の目的を持ちながら、
常に死と隣り合わせの現場で身体を張って働き、現地に愛着も持っているフェリス
(ディカプリオ)と平和な家庭から電話一本で指示を出し、味方も含め、嘘や
策略によって作戦を成功させようとする上司ホフマン(ラッセル・クロウ)との
対比が面白く、更に、協力を仰ぐヨルダンの諜報トップ、ハニの、嘘だけは絶対
許せず、何よりも信用を重んじる男が加わりなかなか楽しめました。

ただ、ホフマンの作戦にそれ程キレを感じなかったのと、「嘘」をテーマに
もっとあっと驚く作戦とかどんでん返しみたいなものがあるともっと面白かった
のになーというのが正直なところです。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

インスタントジョンソン
皆さん、こんにちは!
相変わらず映画も観てなくて記事更新が全然出来てません。
で、お茶を濁すわけではないですが、昨日観ていた「レッドシアター」
という番組で、久しぶりにツボにはまったのがあったので、それをご紹介します。
(フジテレビなので、またすぐに削除されてしまうかも知れませんが・・・)
私は知らなかったんですが、インスタントジョンソンという3人組です。
先日ご紹介したはんにゃとは違って、かなりおっさん度が高いコテコテのお笑いです。



どうですか?
も~たまらなかったです。「ああ無情」っていうだけでも世代的にドンピシャ。
真ん中の人の表情も身体のくねらせ方も笑えるし、左側の意味不明なギャグも最高でした。
センスがいいのか悪いのかは分かりませんが、笑えました。
ユーチューブで過去ネタも色々観ましたが、面白かったです。

久しぶりの更新の割に記事はこれだけですが、とりあえずこんなの観ながら
元気に過ごしてます。

テーマ:おもしろ動画 - ジャンル:お笑い






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。