映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONCE ダブリンの街角で
「ONCE ダブリンの街角で」を観ました。
心の琴線に触れまくる、最高に素晴らしい作品でした。
未見の方は、こんなレビューすっ飛ばして、是非観てください!

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2008-05-23
売り上げランキング : 8649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある日、ダブリンの街角で、男と女が出会う。男は、穴の空いたギターを抱えたストリートミュージシャン。女は、楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしているチェコからの移民。そんな2人を音楽が結びつけた。彼が書いた曲で初めてのセッションに臨み、意気投合する2人。次第に惹かれあうものの、彼らは互いに断ち切れぬ過去のしがらみを抱えていた。もどかしさを胸に秘めたまま、2人の気持ちが揺れ動いていく…。(アマゾンより)


いや~、言いたいことがありすぎて逆にどう書いていいのか分からない。
元々は、他の方のレビューで興味を惹かれ、アイルランドの音楽や国そのものも
昔から何となく好きだったので、観てみました。

この作品は、ストーリー自体はすごく地味で、そもそも主演の二人もGUYとGIRLでしか
ないんです。でも、その二人が出会い、楽器屋で男が歌いギターを演奏するのに合わせ
女がピアノを伴奏し、コーラスするシーンで完全に心を鷲づかみにされました。
メロディーもいいし、男の歌もギターもすごく感情をほとばしらせていて、心に
響くし、それに合わせる女のピアノも歌も本当に美しい。
後で調べたら、そもそもこの二人はプロで、セッションしたアルバムを出していたそうで
それも納得です。
全編にわたって圧倒的な音楽の力を感じるし、その曲とドラマの展開の仕方も
すごくマッチしていて、自然に感情移入させられました。
ダブリンという街もすごく魅力的で、忘れてしまった大切な物を思い出させてくれる
ような温かさを感じさせ、住みたくなっちゃいましたよ。
出てくる人々も冒頭の、主人公と盗人とのやり取りや銀行の融資担当者始め、ほのぼのと
させるものばかりです。
また、主人公二人がそれぞれ現実を受け入れながらも前向きに努力していく展開にも
心惹かれました。
あっさりし過ぎな恋愛テイストも逆にいいし、これだけ盛り上がる要素がありながらも
そんな展開?というのもこの映画に関しては納得でした。
出来すぎな展開かも知れませんが、観ている最中はまったくそんなことを考えず、
素直に入り込めた自分がちょっとうれしい。感性の合う人とこの映画について色々と
細かく語り合いたくなるような、そんな映画でした。
全然いい足りないんですが、とにかく愛おしささえ覚えるようないい映画でした。
まだの方は是非観てください。




スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

アフタースクール
今日は「アフタースクール」のご紹介をします。
好きなタイプの作品で、なかなか面白かったです。

アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]

メディアファクトリー 2008-11-28
売り上げランキング : 1155

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


母校の中学校で働く人のよい教師・神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう・・・。人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。
ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく・・・(アマゾンより)

この映画をこれから観る人には先入観なく観て欲しいので、ほとんど何も書けませんが
よく出来た脚本で楽しませてもらいました。
中心人物を演じる大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人の3人がいずれも好演していて、
それが作品の成功に繋がってると思います。
「キサラギ」の時にも思いましたが、こういうのは邦画が得意なジャンルだと思います。
割と徐々に真相が明らかになっていく感じだったので、ラストでスパッとどんでん返し
みたいな感じだと個人的にはもっと良かったんですが、それは贅沢というものかも
しれません。
でも、評判に違わぬ面白い作品でした。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

追跡者
今日は、「逃亡者」で主役のハリソン・フォードを追い詰める保安官ジェラードを
演じたトミー・リー・ジョーンズが、再度ジェラード役を主役として演じた「追跡者」の
ご紹介をします。

追跡者 特別版 [DVD]追跡者 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-08-25
売り上げランキング : 42708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハリソン・フォード主演の『逃亡者』で、主役以上に印象深かったトミー・リー・ジョーンズ。本作は、彼が演じるジェラード連邦保安官を主人公にしたサスペンスアクションである。
ジェラードが同乗していた受刑者護送機が、事故で緊急着陸した。そのスキに元海軍特殊部隊隊員で、現在は政府工作員のシェリダン(ウェズリー・スナイプス)が逃亡。ジェラードは部下とともに彼の行方を追う。
監督は、『エクゼクティブ・デシジョン』でサスペンス演出に高い評価を得た、スチュアート・ベアード。それだけに、スリリングでスピーディな追跡劇が展開する。『逃亡者』と同じ出演者による、部下たちとジェラードの丁々発止なやりとりにもニヤリとさせられる。約14分のメイキングなどの映像特典つきだ。(伊藤文恵)(アマゾンより)

これも再見ですが、面白かったです。内容をすっかり忘れてたせいか思ってたよりも
面白かった。最初に観たときは、「逃亡者」から時間が経ってたせいもあって、
ジェラード率いるチームのメンバーも忘れていたんですが、今回は全員分かったので
(ちなみに役者もすべて引き継いでます)、その分親しみというか面白さも増しました。
更に今回は、助演もウェズリー・スナイプスやロバート・ダウニーJr.で、今思えば
なかなか豪華なメンツだなーという感じです。
ストーリーも追跡する側のジェラードの視点を中心に、ウェズリー・スナイプスの
謎めいた役どころ、ダウニーJr.の芸達者ぶりも魅力的で、追跡シーンのアクション要素、
陰謀なのかどうかというサスペンス要素とも面白く、堪能できました。
そして、やっぱりトミー・リー・ジョーンズ!味わい深いですねー。なんとなく
コミカルなところも人間くさいところもあって、より魅力的でした。
これなら更に続編が出来ても観たいなと思います。



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

逃亡者
またまた古い再見作ですが、「逃亡者」をご紹介します。
これも好きなんですよね~。

逃亡者 [DVD]逃亡者 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-08-25
売り上げランキング : 42113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

妻殺しの汚名を着せられ、死刑の宣告を受けた医師リチャード・キンブル。護送途中、車の事故に乗じて、からくも脱走した彼は、身の潔白を証明するべく、事件当夜に見た"片腕の男"を探す明日なき逃亡の中へ身を投じていく。だが、そんな彼に連邦保安官ジェラードは執拗なまでの追跡を開始。逃げるキンブル!追うジェラード!かくして命と信念、名誉と使命を賭けた、ふたりの男の息づまる戦いが始まった!!
『今そこにある危機』で、さらに人気爆発のハリソン・フォードと、本作でアカデミー助演男優賞に輝いたトミー・リー・ジョーンズ。ふたりの頭脳戦が、緊迫する逃亡と追跡のドラマの中、激しくスパーク!ド迫力の列車事故!225フィートのダムからの決死のダイブ!60年代に高視聴率をマークした伝説的TVドラマを『沈黙の戦艦』のアンドリュー・デイビス監督がスケール・アップ!これぞサスペンス・アクションの決定版だ。 (アマゾンより)

久しぶりに観ましたが、やっぱり面白かったです。サスペンスの王道という感じですね。
妻を殺され、突然不幸のどん底に突き落とされるだけでなく、犯人にされてしまい
死刑を求刑されるという恐怖、思いがけず訪れた脱走のチャンス、そこから始まる追走劇。
展開が面白く、目が離せません。主演も大好きなハリソン・フォードで文句なし。
でも、やっぱりキンブルを執拗に追跡するジェラードを演じるトミー・リー・ジョーンズ
のいぶし銀の魅力が最高でした。
後で気づいたんですが、この監督、「沈黙の戦艦」の監督なんですね。私が初めて
トミー・リー・ジョーンズを知ったのがこの作品なんです。これも好きだなー。
そんなトミー・リー演じるジェラード保安官。頑固でしつこいところが「コイツからは
絶対逃げられない」と思わせるし、そんなところが逆に笑っちゃう感じもあるしで、
良い味出してました。

と言うわけで、続けて「追跡者」も観てしまいました。
記事は後日アップさせてもらいます。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

エイリアン
ロードショーはおろか新作DVDもろくに観てない中、何故かこんな古い作品を
再見してしまいました。やっぱり、この映画、好きだなー。

エイリアン ディレクターズ・カット [ベスト ヒット プレミアム] [DVD]エイリアン ディレクターズ・カット [ベスト ヒット プレミアム] [DVD]
ダン・オバノン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-08-04
売り上げランキング : 88494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2087年。資源を積んで地球に帰還するノストロモ号は、とある惑星で正体不明の地球外生命体に遭遇。乗組員の体内に寄生したエイリアンはその腹を食い破って逃走。船内で次々とエイリアンの餌食になっていく仲間たち。最後に残された女性乗組員のリプリーは正体不明の生命体を相手に一人闘うことに…。(アマゾンより)

この映画が公開されてから30年も経つんですね。そうは思えない色褪せない魅力で、
クォリティーの高さに改めて感心しました。目覚ましい進歩を遂げるCGも、素晴らしい
職人たちの手による映像には、まだまだかなわないなと思いました。
今回はディレクターズ・カット版を初めて観たんですが、例によってストーリーは
忘れてしまっていて、劇場公開版との違いも比較しようがない状態だったんですが、
やっぱり最高に面白かったです。
さすがに初めて観たときに感じたエイリアンの造形や現れ方への驚きといったものは
薄くなりましたが、それでも十分迫力やハラハラ感を味わえました。
エイリアンの造形は本当に凄いですよね。映画の中で、主にその攻撃性から
「完璧な生物だ」というようなセリフがありますが、このフォルムもまさに完璧で、
初めて観たときは本当に衝撃的でした。クリーチャーもの?が特に好きなわけでは
ないですが、これは別格です。それに、閉鎖された環境、しかも宇宙空間という中で
出現するときの恐怖。いやもうサイコーです。
映像的にもあの暗~い感じとかリアルなんだけど異世界的というか、リドリー・スコット
ならではの世界観がいいですねー。
基本的に手に汗握る感じのハラハラする映画は大好きなんですが、これはその中でも
かなり上位に来る作品です。手に汗握る映画と言えば、アクションとかサスペンスが
多いと思うんですが、これはSFですからね。その意味でも凄いと思います。
SF映画と言えば、誰もが思い浮かべるのはスター・ウォーズだと思いますが、
私はこっちの方が好きかも知れません。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

スターシップ・トゥルーパーズ
「スターシップ・トゥルーパーズ」を観ました。
公開されたときの評判があまりよくなく、ずっと観てなかったんですが、
3作目まで作られてるってことは面白いのかな?と思い、観てみました。

スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-01-25
売り上げランキング : 11202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時は未来。人類は巨大昆虫型異生物“バグス”との宇宙戦を繰り広げていた。そんな中、ハイスクールを卒業したジョニー(キャスパー・ヴァン・ディーン)は、憧れの女の子にいいところを見せようと地球連邦軍に入隊。苛酷な訓練を受け、やがて戦場へと赴いていくが…。
映画化不可能とまで言われたロバート・A・ハインラインの『宇宙の戦士』を『ロボコップ』『氷の微笑』などのポール・ヴァーホーヴェン監督が映画化。ただし原作では人間はモビルスーツに乗ってバグスと戦うのだが、ここではあくまでも旧態依然とした白兵戦をわざと展開させ、戦いそのものの愚鈍さと残酷さを悪趣味なまでに描き上げ、また主人公たちの青春ドラマもどこか軽薄に描くなど、徹底してアイロニーを際立たせているのが特色。フィル・ティペットによるバグスの特撮が素晴らしい。(アマゾンより)

なかなか面白かったです。観る前は、グロテスクな昆虫型エイリアンがやたら出てくる
B級映画という印象だったんですが、クローネンバーグ好きにとっては、こういうグロさ
には慣れてるし、バーホーベンだからB級はしょうがないかという感じでした。(笑)
それと、戦争礼賛的な映画と思ってたらむしろ逆で、軍国主義的なものをこきおろしている
ような感じで、そこも良かったです。ちょっと、キューブリックの「フルメタル・
ジャケット」を思わせるような映画でした。
後で調べてみると、原作はかなり軍国主義的な内容だったのを、映画化する際に
監督が反対のものに変えたようですね。
全編を見終わってみると、確かにB級テイストに溢れ、グロテスクでもあり、リアル感の
乏しい青春映画的なところもあるんですが、もしかしたら、あえてそういう描き方を
していて、意外に深遠なテーマが隠されてるんじゃないかと思わされるような
ちょっと不思議なテイストの映画でした。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

ダック・コール/稲見一良
「ダック・コール」という小説を読みました。
読んでいて清々しい気持ちになるような、いい作品でした。

ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)

早川書房 1994-02
売り上げランキング : 64990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

石に鳥の絵を描く不思議な男に河原で出会った青年は、微睡むうち鳥と男たちについての六つの夢を見る―。絶滅する鳥たち、少年のパチンコ名人と中年男の密猟の冒険、脱獄囚を追っての山中のマンハント、人と鳥と亀との漂流譚、デコイと少年の友情などを。ブラッドベリの『刺青の男』にヒントをえた、ハードボイルドと幻想が交差する異色作品集。“まれに見る美しさを持った小説”と絶賛された第四回山本周五郎賞受賞作。(アマゾンより)

この作品のことは、確か「このミス」で知り、ここでランクインしているくらいだから
ハードボイルドタッチのミステリなんだろうと思ってました。
読んでみると、そこには探偵が出てくるわけではなく、謎解きがあるわけでもありません。
でも、確かに印象としてはハードボイルドなところがあるんです。多分、男の生き様で
あったり、価値観みたいなものが描かれているからだと思います。
一方で、ハードボイルドというと一般的にはリアリズムを追求したものが多いと
思うんですが、この作品では何か幻想的で美しい夢のような印象が強いです。
何とも不思議なところがあるんですが、一つ一つの作品がどれも面白く、ワクワクする
楽しさもあり癒やされるところもあり、それぞれの主人公の行動に対し、共感できる
ところもあります。なかでも、ホイッパーウィルという話では、サスペンスタッチの
アクション映画を観るような感じで非常に面白かったし、密猟志願という話では
老年にさしかかった主人公と少年との関わり合いに愛おしさすら覚えるような感じで
良かったし、物語の展開としてもすごく面白く、特にお気に入りです。

この小説は、野生の鳥をキーワードに、大自然に対峙する人間が描かれたものが
多いんですが、鳥をこよなく愛している感じなのに狩りもするのかとか、
自然が好きで大切にしてるのと同時に銃器に対する思い入れも深いなとか、
矛盾というか違和感を感じた部分はあります。
そういった部分も、主人公なりの価値観と行動を通して伝わってくるものが
理解できると私にはあまり気にならなくなりました。
きれいごとだけではない現実と、男のロマンみたいなものとの両面が
描かれてるのかなーと感じました。

女性の方にはどうか分かりませんが、男ならきっと共感できる部分が多いと
思います。男のロマンや生き様みたいなものが描かれた小説が好きな方は
是非読んでみて下さい。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

ワルキューレ
トム・クルーズ主演の「ワルキューレ」を観ました。

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

ポニーキャニオン 2009-07-24
売り上げランキング : 71

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期。ドイツ人将校クラウス・フォン・シュタウフェンベルクは、絶対の忠誠を誓うべきヒトラーの思想や政策に強い疑念を抱き、ドイツの未来を憂うが故に反逆者となることを決意する。シュタウフェンベルクの計画は、ヒトラーを抹殺するだけでなく、その混乱に乗じて一気にナチス政権の転覆までも成し遂げること。ヒトラーの危機管理オペレーション<ワルキューレ作戦>を巧みに利用し、冷酷非情な独裁者をこの世から葬り去るという大胆極まりないものだった・・・(アマゾンより)

「チェンジリング」に続き、史実を元にした映画ですが、こちらは結末は分かっています。(内容は知りませんでしたが)にもかかわらず、緊迫感を保ちながら、最後まで一気に
楽しめました。さすが、「ユージュアル・サスペクツ」の監督ですねー。
最初に、トム・クルーズ主演と書きましたが、そんなにトム・クルーズ色は強くなく、
脇を固める役者が渋い人揃いで、この辺りもなかなか良かったんじゃないかなと思います。
ただ、トム・クルーズを中心に、どうしてもドイツ人には見えず、何となくアメリカ軍に
よる作戦のように見えてしまったのが残念でした。
ドイツ人=ヒトラーだと思われたくないため(うまく言えてませんが)、相当難しい
状況で、しかも家族を含めた命を懸けなければならなかったのに、やり遂げようとした
将校としては本当に格好良かったんですけどね。
でも、史実を描いた映画としてもヒトラー暗殺に挑んだサスペンス映画としても
よくできていて、面白かったと思います。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。