映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアン・メイデン&「12番目のカード」
皆さん、こんばんは!
すみません、週一更新が途絶えてしまいました。
前回から今までの間は、海外ドラマ「プリズン・ブレイク」鑑賞中ということもあり、一本も映画を観てません。
なので、久しぶりに音楽の話題にしようと思います。

実は、最近ヘビメタにはまってます。(笑)
メタル系にはまるなんて、20年以上ぶりかな~。当時は、ハードロックかヘヴィメタルか微妙ですが、
ディープ・パープル、レインボウ、マイケル・シェンカー、アイアン・メイデンなんかを好きで
聴いてました。
去年の秋頃だったか、アイアン・メイデンのファーストを聴いてたんです。そうしたら「やっぱメイデンは
最高だな~」なんて思い、「でも初期の頃だけ聴いて、メタル自体飽きてしまったな~」となり、
「その後の曲も聴いてみるか」ということで、レンタルしてみたのがコレです。


時空の覇者時空の覇者
アイアン・メイデン

EMIミュージック・ジャパン 2008-05-14
売り上げランキング : 119545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これがもうサイコーでした!最初から最後まで傑作揃い。選曲も流れも素晴らしかったです。
その後、オリジナルも何枚か聴いたんですが、どれも良くて気に入りました。
特に良かったのは、やっぱり「魔力の刻印」かな~。でも、最近のもなかなかいいので、驚きました。

調子に乗って、ジューダス、イングウェイ、クイーンズライチ、ドリームシアター等を聴きましたが、
どれも良くて気に入りました。特にスピード感のあるもの、プログレハード系が好きなんですが、
これらについても、気が向いたらご紹介したいと思います。

気がついてみたら、メタルを聴くようになってから、少し元気になった気がします。
その気が無い時に無理やり聴いてもダメでしょうが、私の場合、体が欲してたのかな~なんて
思います。関係ないですが、去年の大掃除は、iPodでアイアン・メイデンを聴きながらやったので
いつになく楽しくできました。(笑)

普段聴かない人も、気が向いたら聴いてみるといいかもしれませんよ。


本の方も読んだのは一冊だけ。ジェフリー・ディーヴァーの「12番目のカード」です。

12番目のカード12番目のカード
ジェフリー ディーヴァー Jeffery Deaver

文藝春秋 2006-09
売り上げランキング : 161998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ハーレムの高校に通う十六歳の少女ジェニーヴァが博物館で調べものをしている最中、一人の男に襲われそうになるが、機転をきかせて難を逃れる。現場にはレイプのための道具のほかに、タロットカードが残されていた。単純な強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックスたちだったが、その後も執拗にジェニーヴァを付け狙う犯人をまえに、何か別の動機があることに気づく。それは米国憲法成立の根底を揺るがす百四十年前の陰謀に結びつくものだった。そこにジェニーヴァの先祖である解放奴隷チャールズ・シングルトンが関与していたのだ…。“百四十年もの”の証拠物件を最先端の科学捜査技術を駆使して解明することができるのか?ライムの頭脳が時空を超える。(アマゾンより)

リンカーン・ライムシリーズは、一作目の「ボーン・コレクター」から順に読んでるんですが、
鉄板シリーズですね。正直、シリーズ中では、やや劣る出来かな~とも思いますが、それでも十分面白い。
キャラクターもそれぞれに魅力的で、シリーズものならではの楽しさもあります。
いわゆるジェットコースター系の作品が好きな人は、是非読んでみてください。
一作目からがオススメです。

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

RED/レッド
2週続けての劇場鑑賞。なんか最近いい感じです。
で、今回観たのは「RED/レッド」。もう、これサイコー!私のツボ突きまくりでした。

images.jpeg

ウォーレン・エリス&カリー・ハマーの同名グラフィック・ノベルを、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレンの豪華共演で映画化したアクション・コメディ。かつてCIAの工作員だったフランク、ジョー、マービン、ビクトリアの4人は、内部機密を知りすぎているという理由でCIAの暗殺対象者になってしまう。4人は生き残りをかけてCIA本部に侵入するが……。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュベンケ。(映画.comより)

映画のノリとしては、ガイ・リッチーのロック・ストックあたりをもう少しハリウッド・アクション風に
したという感じかな。とにかく否応なしに私が反応してしまうタイプの映画です。
いい役者が演じる個性的なキャラが集結し、巨大な組織と戦う。それぞれが凄腕なんだけど
随所にニヤリとさせられる笑い所があって・・・。もうたまりません。

主演のブルースはいつもながら間違いないし、モーガン・フリーマンの、有能さと軽さを
併せ持ったキャラが最高です。73才だというのに、あの天真爛漫ないたずらっぽい笑顔。
チャーミングすぎて惚れてしまいそうです。(笑)
ジョン・マルコビッチもはまり役でしたねー。いるだけで笑える感じです。
あと、敵役的な役のカール・アーバンも良かった。有能でありながらも、この映画的には
完全ないじられ役なんですが、その表情というか絶妙でした。
更には、アーネスト・ボーグナインなんかも出てるし。この監督、私の好みを調べた上で
この作品を作ったんじゃないか?と思ってしまう程でした。(笑)
とにかく面白いので、ビビッと来た人は是非観てください。

続いて、本のご紹介ですが、東野圭吾の「殺人の門」を読みました。

殺人の門 (角川文庫)殺人の門 (角川文庫)
東野 圭吾

角川書店 2006-06
売り上げランキング : 5421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。(アマゾンより)

いつもながら、東野圭吾は読ませますねー。この本も分厚かったんですが、結構あっという間に
読めました。でも、この作品に関しては、ちょっと読むのがしんどくなりました。
この主人公が、あまりにもお人好しすぎるというか騙され易すぎて、読んでてイライラするし、
入り込めない部分があったんですよ。まー、イライラさせるというところが文章のうまさなのかも
しれませんが。読み始めの時の(私が思った)テーマと、その後の展開が微妙にずれてる感じなのも
評価が低くなった要因かもしれません。
東野作品は大好きで、そこそこ読んでるんですが、この作品はちょっと落ちるかなーというのが
率直な感想でした。

テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画

ソーシャル・ネットワーク
久しぶりに映画館に行きました。
何を観ようか迷い、最初はアンストッパブルにしようかと思ったんですが、
賞を取った話題作だし、たまにはこういうのもいいかと、「ソーシャル・ネットワーク」を観ました。
フェイスブックには興味があったし、よく見りゃ監督がデヴィンッド・フィンチャーというのも
大きかったですね。

ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD]ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD]


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2003年、ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルド・サベリンとともにある計画を立てる。それは、大学内で友達を増やすため、学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。閉ざされた"ハーバード"というエリート階級社会で、「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」そんな若者らしい動機から始めたこの小さな計画は、瞬く間に大学生たちの間に広がり、IT界の伝説 ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、ついには社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと一気に成長を遂げる。一躍時代の寵児となった彼らは、若くして億万長者へと成り上がっていく一方、最初の理想とは大きくかけ離れた孤独な場所にいる自分たちに気づくが――。(アマゾンより)

思ったより面白かったです。久しぶりの映画館で、爆睡は嫌だなーと思ってましたが、
音楽、会話がテンポ良く、巨大サイトの誕生、最年少億万長者の誕生というドラマ部分にも
惹かれ、結構あっという間な感じでした。でも、賞を取るような作品か?とは思いましたけど。

色んな対立・対比を見せていく演出も飽きさせない要因なのかな。
例えば、家柄的に入会資格のない「ファイナル・クラブ」への憧れと誰でも入会でき、
あっという間に5億人に広がった「フェイスブック」、それを象徴する創立者マークと
裁判?で対峙するぼんぼん兄弟、マークにとって只一人の友達エドゥアルドとIT界の伝説ショーン、
世界中の人と繋がれるネットワークを作り上げたのに、別れた恋人とはもう会えない・・・。

しかし、ある意味現代的なスーパーヒーローでもある主人公マークは、全然好きには
なれなかったなー。
フェイスブックに対する純粋な思い、別れた恋人に対する気持ち等、共感できる部分も
あるけど、冒頭の、振られた腹いせに、ハッキングまでして女の子の比較サイトを
作っちゃうのは、許せないし、エドゥアルドに対する仕打ちもなー。

フェイスブックも入会したいと思ってましたが、思想的にも仕組み的にも危うい部分が
あるので、慎重に考えなきゃなと思いました。危ういという意味では、ネットを使ってる
というだけで十分危険だと思うし、便利さ・快適さとの板挟みですね。

それにしても、よくこんな赤裸々な映画を撮ることができましたね。私から見たら
出てくる人物すべてが嫌な奴に見えました。
嫌な奴とは言えないまでも、自分がそのモデルだったら、この映画に
採りあげられるのを許可しません!(笑)

続いて、本の紹介です。今野敏の「隠蔽捜査」を読みました。

隠蔽捜査 (新潮文庫)隠蔽捜査 (新潮文庫)
今野 敏

新潮社 2008-01-29
売り上げランキング : 23609

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

竜崎伸也は、警察官僚である。現在は警察庁長官官房でマスコミ対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は“変人”という称号を与えた。だが彼はこう考えていた。エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ。私はそれに従って生きているにすぎない、と。組織を揺るがす連続殺人事件に、竜崎は真正面から対決してゆく。警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作。(アマゾンより)

私は推理モノが好きなので、この作品もそれを期待して読んだのですが、これは警察(官僚)を舞台にした
普通小説でした。なのに、面白かった。それは、何と言っても主人公、竜崎のキャラクターにつきます。
竜崎は、警察庁長官官房の総務課長です。東大以外は大学じゃないと思っており、エリート意識が強く
周りの人間を誰も信用していない、家に帰ったら食べて風呂に入って寝るだけ、家庭のことは妻に
任せきり、・・・という人物なんです。嫌な感じですよね~。
でも、エリートは国家のために身を捧げるべきだと真剣に考えていて、建前には一切とらわれず
常に原則に則って正攻法で行動するという感じなんです。
それが読んでいる内に段々と共感していけるんですよね。
ある意味痛快で、面白かったです。

テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。