映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命じゃない人/フラットライナーズ
前回更新から、またまた1ヶ月以上経ってしまいました。
その間に観たDVDもわずか2本。今日は、それについて書こうと思います。

1.運命じゃない人
運命じゃない人 [DVD]運命じゃない人 [DVD]
内田けんじ

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-01-27
売り上げランキング : 16301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本作が劇場映画デビューとなる内田けんじ監督は、ある一晩の物語を、5人の登場人物それぞれの視点で、時間も縦横に行き来しながら描いていく。彼女にふられたサラリーマンが、親友である探偵にレストランに呼び出され、婚約を破棄されたばかりの見知らぬ女性と意気投合。その裏では、ヤクザの組長が絡む、もうひとつの事件が進行していた。(アマゾンより)

これは面白かった!「キサラギ」や同じ監督の「アフタースクール」をはじめ、この手の
作品は大好きなんですが、これも相当いいです。アフタースクールより好きかも。

彼女に振られたばかりのサラリーマン、宮田君と婚約破棄されたばかりの女性との出会い。
このままの路線で行ってもいいんじゃないかと思うくらい、宮田くんのキャラに惹かれて
観てましたが、そこから次々といわくありげな人物が出てきて、時間軸をずらしながら
見せていく緻密な脚本に拍手です。宮田くん以外のキャラもそれぞれに魅力的で、
楽しかったです。エンディングの後の展開も色々と想像できて、後を引きますね。
こんな映画、もっと観たいなー。


2.フラットライナーズ
フラットライナーズ [DVD]フラットライナーズ [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-28
売り上げランキング : 50406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

医学生のネルソン(キーファー・サザーランド)は、レイチェル(ジュリア・ロバーツ)、ジョー(ウィリアム・ボールドウィン)、デヴィッド(ケヴィン・ベーコン)らを誘い、自らの心臓を人工的に停止させ、1分後に蘇生を試みた。死後の世界で不思議なイメージを見たと語るネルソンに触発され、順に心停止を体験するが、死から甦った後、みな子どもの頃の苦い幻影に悩まされる。
素晴らしい死後の世界を体験したはずが、心の奥に押し隠してきた良心の呵責が幻影となって現れ、それに悩まされるというストーリーがまずおもしろい。かつて自分がいじめていた同級生が子どものまま現れて暴力を振るったり、ひどい言葉を投げつけたり、とその幻影は現実感に満ちていて、リアルに迫り来る。良心の呵責に悩まされる、というところで止まらず、罪の意識に向き合うことで幻影の恐怖から許しを請うという流れには希望があり、一種の癒しさえ感じさせてくれる。(アマゾンより)

臨死体験をしようとした、天才肌で自信家気味の学生たちを巡る物語ですが、臨死体験をした後に
起こる出来事を中心に据えた、ホラーテイストも交えたサスペンスという感じです。
少なくとも今観ればサプライズとかどんでん返し的な魅力があるわけではないですが、
結構楽しく最後まで飽きずに観ました。
上記の通り、豪華な役者陣で、更に監督・ジョエル・シューマッカー、撮影・ヤン・デ・ボン
という、今から思えば凄い組み合わせの映画なので、納得です。
割とオススメですよ。

スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。