映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扉は閉ざされたまま
映画と本とというタイトルの割にずっと映画の話ばかりでしたが
初めて本の紹介をします。好きな本のジャンルはミステリー(特に本格)、
冒険小説等エンターテイメント系です。村上春樹とかの読みやすい文学とか
ビジネス本も時々読みます。漫画も好きです。基本的に活字中毒気味なので
何かは読んでますが、また追々話していきます。
で、今日は石持浅海「扉は閉ざされたまま」祥伝社NON NOVELです。
扉は閉ざされたまま
石持 浅海
4396207972



所謂倒叙式ミステリーでストーリーはこうです。

久しぶりに開かれる同窓会で、成城の高級ペンションに7人の旧友が集まった。
当日、伏見は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部から入室できないよう
現場を閉ざした。一見完璧に見えた犯罪だったが、参加者の一人、碓氷優佳だけは
疑問をいだく。一つ一つ疑問点をつきつめ、犯人との息詰まる頭脳戦が始まった。
・・・という好きな人にはたまらない構成のミステリーです。
素晴らしいという程ではないですが、結構面白かったです。
そんなに長くなく、話も読みやすいので、ひまつぶしに読むにはおすすめです。

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/10-addf4c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。