映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たったひとつのたからもの/加藤浩美
昨日、家でテレビをつけたら「ベストハウス1.2.3」という番組で
感動したCMベスト3みたいなことをやっていました。
私が観たのは、ちょうど1位のCMを流すところだったんですが、
この1位は当時私もすごく感動して、その影響で本も読んでまた感動したCMでした。
どうしても、この本のことが書きたくなったので、今日はそのことについて書きます。

たったひとつのたからもの
加藤 浩美
416365450X

小田和正の歌をバックに流れる明治生命のCM。小さな男の子と家族の写真が数枚切り替わる。海を背景に父親が息子を抱きしめている写真で終わる、わずか数十秒のCMが全国的に話題を呼びました。男の子の名は加藤秋雪くん。生後一カ月でダウン症と判明、心臓の合併症で一年の命と告げられます。しかし秋雪くんは六年余りを精一杯生きて、一九九九年に世を去りました。この本は、秋雪くんの一生をレンズを通して見つめ続けた母親、浩美さんの記録です。いちばん大切なものは何だろう。そう自分に問いかけたくなる本です。 (アマゾンより)


この本が出版されたのは知っていたので、本屋に行ったときに、平積みされていた
その本を手に取り、立ち読みしてみることにしました。
そうしたら、プロローグの所を読んだだけで、涙が溢れてきて困ってしまい、
あわてて読むのをやめて購入し、家に帰りました。

家に帰って読んでみると、やっぱり涙が止まりません。
秋雪くん自身もご両親始め周りの人も、みんな必死になって一生懸命生きているのが
伝わってきて。
我が子が生まれながらに重病で、余命1年と厳しい宣告を受けたらどう思うんだろう?
辛く悲しいどころではなく、恐らく申し訳ないような気持ちにもなるだろうし、
打ちのめされて何も手に着かないかもしれません。
でも、このご両親は、惜しみなく愛情を注ぎ、一生懸命生きています。
勿論、秋雪くん自身も。
秋雪くんの存在そのもので周りの人が幸福を感じているのも伝わってきます。
周りの人にとって、秋雪くんは本当に「たったひとつの(かけがえのない)たからもの」
なんですね。

この本の中で、お父さんが秋雪くんを抱きしめている写真があるんですが、写真を
撮っているおかあさんは「お父さんの方が秋雪に抱きしめられているように見えた」
というようなことを言ってるんです。これ、すごく分かります。
私自身も子供を抱きしめているときに、逆に抱きしめられているような
不思議な幸福感に包まれることがあります。

この本の中で「人の幸せは命の長さではない」という言葉があります。
これを読むと本当にその通りだと思います。
では、何によって決まるのか?一瞬一瞬を大切に一生懸命生きることなのか、
惜しみなく愛情を注ぐことなのか?
今の自分は、そのどちらもできているとはとても言えないんですが、一生懸命
生きなきゃと改めて思いました。

「この本感動するよ」っていう勧め方はしたくないんですが、より多くの人が
読んで秋雪くん(とその家族)の存在を記憶にとどめて欲しいなと思います。

最後に、そのCMをユーチューブで見つけたので、アップしておきます。
小田和正の歌が、秋雪くんのために作られたんじゃないかと思うくらい
すごくこのCMに合っています。




スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント
今も泣いてしまいますね
CDさん、こんにちは!
上の映像を見て、やっぱり涙がこぼれました。
CMを流していた当時、テレビで秋雪くんの特集もやっていて、
感動で胸がいっぱいになりましたよ。
CDさんが、本屋さんで少し本をめくっただけで
涙が溢れたのも、分かります。

秋雪くんをギュッと抱きしめるお父さんの腕が、
本当に愛しさを感じさせてくれて、
胸に込み上げてくるものがありましたね。
私、こんなにも強く我が子を抱いた事があったかな?と思ったりして。

自分の子供が短い命だと言う運命を受け入れるのは、
並大抵の事じゃないですよね。かけがえのない子供だから。
それでも精一杯 生を受けた時間、子供と向き合い、
一瞬一瞬を切り取って残していった ご両親の強い愛を感じずにはいられません。

あなたに会えて本当によかった
うれしくてうれしくて言葉にできない

流されていく時間の中で、ともすると忘れがちなこれをかみ締めていきたいです。
【2008/04/17 16:27】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

大きなカン違い
私も一位発表のトコだけなぜか見てましたー!!(゚ロ゚; )偶然すぎ~
コレは心に染みるCMで「やっぱりなぁ~」ですよね。

本のほうは読んだ事無いですが、CMが流れていた頃よく新聞広告で見かけました。
あのCM最後の写真が広告に使われていて、私はずっと
「小田和正、子供いたんだ・・・」
「いや、これは本のモデルになった子に会いに行って、思わず抱きしめちゃったんだろうな・・・」など
ハナから写真の男の人は”小田和正”だと思い込んでました~(´д`)

私ももっと子供に(&パパぴょんにも)愛情を伝えなきゃ~。反省の毎日・・・
【2008/04/17 18:35】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


YANさん、こんにちは!
このCMもこの本も、本当に見るたびに泣けてきます。
この記事を書いているときも泣けて来ちゃいました。
子供が生まれてからすっかり涙もろくなってしまったんですが、
なかでも秋雪くんは特別です。

秋雪くんを抱きしめるお父さん、本当に胸にこみ上げてきますね。
それだけ深い愛情を注いでいるんだろうなと思うし、
撮影しているお母さんの愛情まで伝わってくるようです。

>あなたに会えて本当によかった
 うれしくてうれしくて言葉にできない

 流されていく時間の中で、ともすると忘れがちなこれをかみ締めていきたいです。

まさに、その通りですね。私もついつい忘れてしまいがちです。
その分、平和に幸せに暮らしているんでしょうが、
忘れずにかみしめていきたいですね。
【2008/04/17 18:39】 URL | CD #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
わさぴょんさんも1位のとこだけ見てたんですか?
モーターサイクル・ダイアリーズといい、すごい偶然ですね~。

私は、この番組を見たかったわけでもないのに、偶然つけたら
1位の発表でそのまま釘付けになり、本のことも思い出して
どっぷりはまってしまいました。

あのお父さんを小田和正だと思ってたんですか?
私は知ってましたが、あのCMとあの歌は驚くほどマッチしてましたよね。

【2008/04/17 18:45】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは。CDさん。
このドラマを以前、TVで観賞しました。
主演は松田聖子。好きな松田聖子が主演だったというのが動機でした・。
父親は、船越英一郎。秋雪君はオーディションで選ばれた知的障害を持つ
お子さんだったかと思います。とても感動する作品でした。演技が上手すぎでした。
私も最後は涙が止まらなかったかも・・。
小田さんの曲『言葉に出来ない」は訴えるものがありますよね。
オフコースの曲は昔から好きでしたね・・・・。
原作は読んでいないですが、きっとCDさんがお薦めなのですから、
感動も一入かもしれません。
では、またお邪魔させてくださいね!
【2008/04/17 23:16】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
ぴーちさんはドラマをご覧になったんですね。
私も気になってたんですが、結局見そびれてしまいました。
ドラマもすごく良かったんですね。
私も観てたら、多分涙が止まらなかったと思います。

原作も素晴らしくて、悲しくて辛い部分も勿論あるんですが
「生きる」ということについて深く考えさせられる
前向きな内容でもあると思います。
この本は自信を持っておすすめします。

そして、小田さんの「言葉に出来ない」・・・。
本当に名曲ですね。
何度聴いても感動します。
オフコース・小田和正のファン歴はぴーちさんに比べ
ぐっと浅いですが、(何しろ最初は嫌いでしたから)
今ではすっかりはまっています。

【2008/04/18 11:10】 URL | CD #- [ 編集]


あ、そうだ!CDさん「小田さん」は女々しいと思っていたって
言ってましたね(^^;
思い出しました^^
【2008/04/18 20:34】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
そうなんです。この良さが分からなかったなんて・・・。
今では大好きです。
詞も曲も声もすべていいと思いますから、変われば変わるものです。
【2008/04/18 23:10】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/102-68edfd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。