映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テープ
あるモーテルの1室だけを舞台にした映画、「テープ」を観ました。
テープ
イーサン・ホーク ユマ・サーマン ロバート・ショーン・レナード
B0000TC7Q6

麻薬の密売人ヴィンセント(イーサン・ホーク)。映画監督のジョン(ロバート・ショーン・レナード)。そして弁護士のエイミー(ユマ・サーマン)。かつて高校の同級生だった3人は、久々に故郷へ戻り、モーテルの一室で10年ぶりに再会することに。そこでヴィンセントは、昔起きた“ある出来事”についてジョンを問い詰めていく。それは、エイミーにも関係することであり、やがて3人はそれぞれの想いを告白していくが……。(アマゾンより)

この映画、非常に実験的な映画です。
まず、最初に書いたように、舞台は、あるモーテルの1室。本当にその中しか写りません。
で、登場人物は3人だけ。そして、86分間のリアルタイム進行。更にこれをデジタルビデオ
ですごくラフに撮ってるんです。例えば、二人が会話するシーンで、1人が話し終わったら、
そのままカメラを横に振って相手がしゃべるのを写すというような。
ある程度、このあたりの予備知識があったので、すごく期待して鑑賞し、「どういう話
なんだろう」「この先どうなるんだろう」「10年前の真実とは」みたいな感じで
あっという間に見終わったんですが、見終わった感想としては、「う~ん、もう一息」
という感じでした。
確かに脚本はよく練られてると思うし、会話で追い詰めていくところなんかはすごく
面白いんですが、どんでん返し的なものを期待しすぎたのかもしれません。
それと、ユマ・サーマンがちょっと合ってない気がしました。やっぱり「キル・ビル」
のような現実離れした役柄の方がしっくりきますね。
レビューとか見ても、かなり絶賛されているし、好きな人はすごく好きだと思うんです
が、私の場合、ワンシチュエーションものでは「十二人の怒れる男」がすごく好きで、
それと比べるとちょっと落ちるかなという感じでした。

スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

これは初めてきく作品です~。実験的か・・・賛否両論そう☆
一度見てみたいな^^探してみよ~っと。
しかし・・・「十二人の怒れる男」みたいな名作と同列で考えちゃ~、キビシイですよ!
あ、ついでに「12人の優しい日本人」も好き♪
【2008/04/28 18:23】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
わさぴょんさんは絶対観てると思いました。
(この記事を書いた後、わさぴょんさんのブログの索引で探しました)
でも、かなりそそられる感じでしょう?
もう一息と書きましたが、結構面白かったので、わさぴょんさんの
感想も聞いてみたいところです。

やっぱり、比べる対象が悪いですよね。
「優しい日本人」も好きですよ。
あの頃の三谷幸喜は輝いてました。
あの名作をパロディーにして、しかも面白いと思わせるなんて
ただ者じゃないです。
【2008/04/28 21:20】 URL | CD #- [ 編集]

観ましたよ~♪
面白い!と思いながら観てたんですが、最後がCDさんの言うように「もう一息」でした☆
セリフの応酬で力関係がどんどん変わっていくところなんかはスリリングだったんだけどな~

ユマ・サーマン、久しぶりに普通の女性の役を観たような気が^^;
若くて美人で健康的で『バロン』のヴィーナス役をちょっと思い出しました。
(↑観た時「このキレイな娘は誰?!」と思った~。この頃からすでにオッサン目線な私★)
【2008/05/15 07:09】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
ほぼ同じような感想ですね。やっぱり気が合いますね。

>セリフの応酬で力関係がどんどん変わっていくところなんかはスリリング
→その通り!これだけ力のある脚本を書けるんだから、最後ももう一ひねり
して欲しかったなー。

バロンは昔観ましたが、内容は完全に忘れました。
同じ監督の「未来世紀ブラジル」はすごく面白かった記憶があります。
(けど、細かいところはやっぱり忘れました)
【2008/05/15 10:12】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/104-bef8f23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★「テープ」・・・80点

テープ←「テープ」より「記憶の行方」かなんかの題名の方が良かったのでは。 発売日 旧作をねらえ!in TSUTAYA  わさぴょんの映画鑑賞日記【2008/05/15 07:03】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。