映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカル・ヒーロー
マーク・ノップラーが音楽を担当した映画、「ローカル・ヒーロー」を観ました。
ローカル・ヒーロー
バート・ランカスター ピーター・リガート ビル・フォーサイス
B000KN8RGQ

テキサス州ヒューストンの石油会社に勤務する若手エリート社員マッキンタイア(ピーター・リガート)は、社長(バート・ランカスター)からスコットランドの小さな漁村に石油コンビナートを建設するための土地買収の任を受け、現地へ向かうが…。
ビル・フォーサイス監督の名を一躍有名にしたコミカルなヒューマン映画。全編どこかずれたユーモアが実にほのぼのとして楽しく、また自然保護がテーマになっているものの、それを全面に出すのではなく、漁村の美しい星空に託して描いているので、観る側も心地よくメッセージを受け止めることが出来る。村にオーロラが出現し、主人公が興奮するシーンも感動的。天体観測マニアという、名優バート・ランカスターのキャラ設定も実に微笑ましくうれしい限り。(的田也寸志) (アマゾンより)

このブログでもご紹介したことがある、ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラーが
全編にわたって音楽を担当したと言うことで、前から非常に観たかった映画です。
と言うわけで、音楽メインで観たのですが、内容も良かった。

ある石油会社がコンビナート建設のため、エリート社員マックを派遣して、土地買収の
交渉に当たらせる、と言う物語なので、普通なら自分たちの生活を守るため、
自然保護のため、買収反対の住民と、それに対しあの手この手で責める会社側という構図に
なりそうなものですが、全然違うんです。なんか、のほほ~んとしてるんです。
住民側も金をもらって生活を楽にしたくて、いい値段で買って欲しいばかりだし、
ちょっと変わった住民揃いなんです。だけど、金の亡者みたいな感じでは全然無く
マックが長距離電話をかけたいというと、みんなが小銭をあるだけ出してくれたり
するんです。更に、その内の一人は公衆電話の使い方をバカ丁寧に教えてくれるし。
こんな住民達の性格や生活が美しい自然と共に描かれ、その中でマックの気持ちも
徐々に変わっていくのが分かります。住民も今の生活の大切さが分かってくるようです。

こんな感じで、物語は淡々と進んでいくので、つまらなかったり、眠たくなったりする
人もいると思うんですが、自分の生活や社会全般に対して漠然とした疑問や不安・不満を
抱えている人には、思いがけず心に染みわたるかもしれません。
印象的なシーンや小道具が散りばめられているので、それぞについて語り合いたくなる
感じもあります。流星やオーロラといった美しいシーンから、うさぎや貝殻、人魚?
ロシア人の無線や歌、レモンをかけるシーン等、観てない人にはなんのこっちゃですが。
それに何と言っても、海岸沿いにポツンとある赤い公衆電話ボックス!これは実在の
もののようで、日本からわざわざ見に行った人も結構いるみたいです。
私も勿論、行ってみたくなりました。オーロラも観たい!

そして、マーク・ノップラー!やっぱりいいですね~。「ゴーイング・ホーム」
(テーマ曲)が様々にアレンジを変えて登場するだけでも感涙モノですが、
その他の曲もすべていい。心に染みるな~という感じです。
音質的にちょっとイマイチだったんですが、音楽だけでも私にとっては
素晴らしい作品でした。

スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
オーロラ
CDさん、こんにちは!
今も、一番よく聴いているのはダイアー・ストレイツですか?

マーク・ノップラーは、映画音楽までもやってるんですね~
ギター中心のROCKばかりでもないのかな?

映画の内容は、どこかユーモラスで温か味のあるもののようで、
ほんわかしたい時にいいかもしれませんね。

オーロラは、一生のうちに一度は見たいですよね~!
【2008/05/08 17:36】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


コメントありがとうございました。
私もマーク・ノップラー大好きです。映画「キャル」のサントラを旅行先のロンドンで見つけたときは、超うれしかった思い出があります。今はオークション等でも買えますけどね。

>観てない人にはなんのこっちゃですが

ここ、もーわかるわかる!って、うれしくなっちゃいました。
この頃はまだロシアがソ連だったんですよねー。
村祭りと田舎バンド、屋根トントンのおじさん、危険なバイクにパンクのおねえちゃんとかも
忘れがたいですよね。あと、誰の子かわからない赤ちゃんも(笑)。
ますますなんのこっちゃですね・・・。



【2008/05/08 20:49】 URL | ぴむ #- [ 編集]

石油コンビナートの土地買収って
石油コンビナートのための土地買収っていうのは、今やっている「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」と設定が同じですね。でも、こちらのほうが、ぜんぜんのどかそう。
とても見たくなりました。
何しろ、あちらは強烈に「濃い」です。
少し中和してみたい。
【2008/05/08 21:36】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
ダイアー・ストレイツは今も聴いてますが、一番というほどでは
なくなりました。ここ2年ほどほとんど洋楽を聴いてたので
今は甲斐バンドの2枚組ベストが一番聴きます。
邦楽も古っ!笑
でも、甲斐バンドかなり好きです。

このサントラはロックという感じではないです。
映画音楽らしい、穏やかで染みる感じの曲が多いと思います。

映画の方は、眠くなる可能性も高いですが、
私はまったく眠くならず、かなり良かったです。

オーロラ、見たいですね~。
【2008/05/08 22:28】 URL | CD #- [ 編集]


ぴむさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

すみません、「キャル」という映画、知りませんでした。
これもマーク・ノップラーが関わってるんですね。
見つけたら聴いてみたいです。

>村祭りと田舎バンド、屋根トントンのおじさん、危険なバイクにパンクのおねえちゃん
そうそう、気になることだらけ。ホントになんのこっちゃなんですけどね~。
それにしても、あの赤ちゃん、本当に誰の子なんだろう?
ロシア人かな~?
ぴむさんはどう思います?

【2008/05/08 22:38】 URL | CD #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんばんは!
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」観たいなー。
ほとんど劇場鑑賞はできないので、随分先になりそうですが。

この作品とは設定が同じでも全然違うと思いますよ。
独特のずれたユーモア感覚とのどかさに終始してますから。
中和されるどころか気が抜けるかもしれません。(笑)
私は好きですけどね~。
【2008/05/08 22:53】 URL | CD #- [ 編集]

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を、この週末に観にいこうと思ってます。
対照的な作品のようなので、こちらも観たいですね。

うちの田舎でも、高速が伸びてくるというときは、その予定地の人は、みんな好意的だったんですよね。
買取価格を上げて欲しいために、親切にしたりしてました(笑)
環境破壊とか叫ぶ人は、全く、その土地に関係ない人が多いんですよ。
【2008/05/10 09:48】 URL | 亮 #- [ 編集]


亮さん、こんばんは!
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」観に行かれるんですか?
いいですねー。
私はこれと「ノー・カントリー」はすごく観たいんです。
でも、なかなか映画館には行けないんですよ。
映画と本となんて言いながら、情けない限りですが。

ローカル・ヒーローは多分、映画全体のトーンもストーリー展開も
まったく違う映画だと思います。
比較してみると面白いかもしれませんね。

亮さんの田舎の話、面白いですね。
人間の性(さが)という意味で勉強になりました。(笑)
【2008/05/10 21:15】 URL | CD #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/13 23:01】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/108-012f1d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。