映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・オブ・カリビアン2,3作目
1作目をDVDレンタル化後すぐに観て以来、どれぐらい経つのか分かりませんが、
ようやく観ました。シリーズ第2作目「デッドマンズ・チェスト」!
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
ジョニー・デップ, オーランド・ブルーム, キーラ・ナイトレイ, ステラン・スカルスゲールド, ゴア・ヴァービンスキー
B0017LF628

前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊=ジャック・スパロウ。自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前のこと― ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引きかえに、船乗りたちが最も恐れる[深海の悪霊]デイヴィ・ジョーンズと[血の契約]を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。“悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた。その頃、海賊の血をひく青年ウィルと、その恋人で総督の令嬢エリザベスにも危機が訪れていた。待ちに待った結婚式の当日、二人はかつてジャックの逃亡を助けた罪で逮捕されたのだ。釈放の条件は、ジャックが持つ[北を指さない羅針盤]を手に入れること・・・。抗うことのできない力に操られて、ジャック、ウィル、エリザベスの運命は再び交差する。その時、カリブの海に封印された、恐るべき秘密が蘇ろうとしていた―!!(アマゾンより)

いや~、面白かったです。インディ・シリーズのルーカス&スピルバーグも凄いですが、
このシリーズのディズニー&ブラッカイマーも凄いですね。大衆の心を捕まえることに
おいては、ひけをとりませんね。
といいつつ、実は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の1作目を観たときは、評判ほど
面白いとは思いませんでした。それで、2作目を観るまで時間がかかってしまったんです。
でも、インディ・ジョーンズを観て、「やっぱり単純なアクション・アドベンチャーは
いいよな~」なんて思い、2,3作目をまとめてレンタルしたんです。

この作品は楽しかったですね~。堪能しました。特に、ちょっと笑えるアクション・シーンが大好きです。
例えば、ジャックが火あぶりから逃げだし、背中に長い棒を差し込んだまま、フルーツを
突き刺しながら逃げまくるところとか、ジャックの仲間とウィルが捕らわれ、断崖から
吊された網(というか籠というか)ごと、崖を駆け上ったり、そのまま森の中を転げ落ちていったり、転がっていく巨大水車の上でウィルが戦うシーンとか・・・最高でした。
海賊船の作りとか映像的にもよく出来ていたし、この映画を制作する側に回ったら、
楽しいだろうなーと思うような作品でした。
それに何と言っても、ジャック、ウィル、エリザベスのキャラクターがいいですよね。
ジャック・スパロウってよく考えると、いい加減で単なる嫌な奴のような気もするけど
ジョニー・デップが茶目っ気タップリに演じると、不思議とすごく魅力的に思えるん
ですよね。そういうジャックの存在感でコメディ寄りになるところを、オーランド・
ヴルームとキーラ・ナイトレイという非の打ち所のない美男美女で、正統派で端正な
映画に戻しているような感じがして、バランスが良かったと思います。
キーラ・ナイトレイが戦うために皆を奮い立たせる演説をするシーンは、構図とか全然
違うのに、ちょっとドラクロワの「民衆を導く自由の女神」を想像しました。
あと、個人的にはちょっとアーネスト・ボーグナインに似ているギブスがお気に入りです。
それと、何と言ってもキース・リチャーズ!余計な演技をさせず、短い出番で、存在感だけ
で持って行ったのは大正解だと思いました。

アマゾンとかのレビューを見ていると、1作目は面白かったのに、2作目は全然面白くない
とか、1と3だけでいいんじゃない?とか結構散々な言われようですが、私は何故か
2作目が一番お気に入りです。
ストーリーが弱いのはその通りだと思うし、たこ船長とかもどうかなーとは思いますが。
どうでもいいことですが、ベケット卿が海賊やたこ船長に対してもあんなに強いのは不思議でしたね。
欲を言えば、ストーリーをもっと充実させて、謎解き的な楽しみも欲しいなとは思います。
でも、なんだかんだ言っても2作目も3作目も楽しく観られたので、私的には満足でした。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション
ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ, ゴア・ヴァービンスキー
B000VBH9AW

海賊たちの自由な時代は、世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿によって終わりを告げようとしていた。残された道はただひとつ、選ばれし9人の “伝説の海賊”を召集し、命運を賭けた決戦を挑むのみ。ジャック、エリザベス、ウィルの運命が再び交差するとき、前人未到の“ワールド・エンド”で、海賊たちの自由を賭けた最後の決戦の火蓋が切られる―。(アマゾンより)
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
おお、ジャックだわ
CDさん、こんにちは!
すごい娯楽大作が連続してますね~
このシリーズは楽しくて好きですよ★
何と言っても、ジャック・スパロウが面白いですよね。
あのいい加減ささえも魅力にしてしまう最高のキャラです。
半分はジョニー・デップがそれを作り出したんじゃないかな。
この新しいキャラを見た時は、ほんと感激しました。

1作目の登場人物がほとんど再登場してたでしょ?
1作目から間があいていて、CDさんはみんな分かりました?
一緒に観に行った娘が1作目を復習してなくて、
「あの人は誰?」ってずっと聞いてきたもので。(^_^;
【2008/07/11 17:36】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
本当にジャック・スパロウはいいキャラですね。
この映画は、ジョニー・デップ無しでは考えられないですよね。
本当にはまってました。
YANさんのレビュー3作とも読ませてもらいましたが、確かにジャックの存在感は
回を追う毎に薄れていったし、そこが残念ですね。

私のことですから、1作目の内容は勿論ほとんど忘れてました。(笑)
なので、事前に、チャプター毎にほぼ完璧にあらすじが
書いてあるブログがあって、それを読んでから鑑賞したので
問題なかったですよ。
【2008/07/12 21:38】 URL | CD #- [ 編集]

マメな・・・
CDさん、こんにちは!
私の記事を3作とも読んでいただいたとは、どうもどうもです★
このシリーズ、内容的には1作目だけでも良かったかもしれないけど、
3作も出来て、その間にだんだん盛り上がっていったから、
長く楽しめました。新作発表のたびにルンルンできてよかったです。

あらすじを完璧に載せているブログが存在するんですか!?
マメな方がいらっしゃるもんですね~
ちゃんと前作を復習していったCDさんもマメですね~(^^)
【2008/07/13 10:09】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

娯楽!
娯楽!も映画の魅力の一つですよね!
自分も大好きです。
インディージョーンズ、なかなか時間が合わないんですが、来週こそは!
と思っています。
【2008/07/13 10:13】 URL | 亮 #- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
YANさんの記事は分かりやすいし、面白いので、ついつい3作とも
読んでしまいました。
世間的には1作だけで良かったという声も多いようですが、
私もシリーズになって良かったです。
まー、もう少しストーリーを充実させてくれれば、もっと良かったとは思いますけど。

そうなんです。マメな人がいて助かります。
映画を観るときはできるだけ深く理解したいので、その方のサイトは
よく利用させてもらってます。
【2008/07/13 21:08】 URL | CD #- [ 編集]


亮さん、こんばんは!
娯楽作もいいですよね。私も大好きなんです。
でも、最近考えさせられる映画、ほとんど観てないなー。
暑いとどうも単純なモノに流れてしまうんですよね。
インディ・ジョーンズ、早く観られるといいですね。
【2008/07/13 21:10】 URL | CD #- [ 編集]


おはようございます!
これ私も全作鑑賞しました!
が、私も2作目の中だるみ現象的な感じは否めませんでした(^^;
しかし、CDさんが仰る様に、森の中を水車(かな?)が大回転しながら
進むシーンなどは圧巻でしたよね^^

それと私はキーラのファンなんですが、この作品のキーラは本来の彼女の
キャラクターを存分に生かされた作品になったのではないかな~なんて思いました。
まさに彼女は皆を率いるジャンヌダルクのように、カリスマ性を備えた女性です^^
でも、こじんまりとした作品に出演している彼女も大好きですけどね!!
あ、でも2作目終了後、次は降板したいとハードな撮影にお疲れ気味な弱音を
吐いていましたが、やはり気丈な彼女は3作目もやってくれました!
といっても2,3作は同時進行で撮影されたようですものね^^

それでは、それでは、
ジョニデの名前を更に大きくしたこの作品、ブラッカイマー氏の演出も堪能出来たし、
本当に楽しいエンターテイメント性に長けた作品でしたね!

また、お邪魔します☆
【2008/07/17 07:46】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
ぴーちさんも2作目はイマイチだったんですね。
やっぱり皆さんそうなんですね~、残念。(笑)
でも、水車のシーンは面白かったですよね。

キーラ・ナイトレイも良かったですね。
確かにジャンヌ・ダルクのようなカリスマ性も感じました。
降板したいと言ってたんですかー。知りませんでした。
すごく頑張ってましたよね。
考えてみたら、すごく大勢の荒くれ者の中で唯一といってもいい
女性ですから、大変だったでしょうね。

ジョニー・デップが珍しく娯楽大作に出ましたが、やっぱり
さすがの存在感ですね。
ブラッカイマーもツボを心得ているし、ぴーちさんの言うように
エンターテイメント性に長けた作品でした。

いつもコメントありがとうございます。
それでは、また。

【2008/07/17 16:00】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/117-e9d46bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

監督:ゴア・バービンスキー 製作:ジェリー・ブラッカイマー 製作:2006年アメリカ 出演:*ジョニー・デップ *オーランド・ブルー... Rocking Chair Blog【2008/07/11 17:50】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。