映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる
「キサラギ」「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」で好きになった香川照之が出ている「ゆれる」を観ました。この2作とは打って変わって、シリアスな演技でしたが、名演でした。
作品的にも良かった~。
ゆれる
西川美和
B000KIX658

オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。
都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、観る者のイマジネーションをかき立てまくる。背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。あのとき吊り橋で、何が起こったのか? その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは目に焼き付いて離れない。兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に共感してしまうはず。家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。(斉藤博昭) (アマゾンより)

色々な意味で秀逸な映画だなと感じました。主演のオダギリ・ジョーがいい、香川照之も
勿論いい、セリフや心理描写もいいし、景色や音楽もいい、そしてそれらをまとめる「ゆれる」というタイトルも秀逸だと思います。この監督は、すごくセンスがいいな~と思いました。
サスペンスとして観ても十分面白かったです。実際に何があったのか、登場人物たちはどう思い、何故あんなことを言ったのか、何故あんな行動をとったのかということを考えつつ
最後まで面白く観られました。
オダギリ・ジョーはカッコ良かったですねー。考えてみたら、かなりわがままで人の気持ちを考えない嫌な奴なんですが、結構魅力的に見えてしまいました。
そして、香川照之!腹にためる演技が絶品でした。人のいい凡人の部分も狂気をはらんだ
部分もうまく、引き込まれました。
でも、木村祐一がな~、いい味を持ってるとは思うけど、この作品にはちょっとどうかと
思いました。
それと、邦画全般に言えるんですが、セリフが聞きづらいのが困りました。何度も巻き戻しましたよ。皆さんはそういうこと、無いですか?

とにかく、サスペンスとしても人間の揺れ動く心情を描くドラマとしても見応えがあり、おすすめしたい作品でした。

最後にちょっとネタバレを・・・(要ドラッグ)
結局、吊り橋の上で何があったんでしょう?
私は素直に、智恵子は事故死で稔は支えきれなかった。猛は曖昧な記憶の中、稔の手首に着いた傷と稔との拘置所での会話によって突き落とすところを見たと思いこんでしまったんだと思ったんですが。
最後のシーンで、稔はバスに乗ってしまったかなーと思ったけど、やっぱり乗らずに猛の
元へ行ったと思います。
単純すぎ?


スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
こんにちは!
CDさん、久々の記事、待ってました!
もう夏休みにドップリ浸っているかと思いましたよ(≧∇≦)ノ彡☆

私はオダギリ・ジョーが見たくて、この作品は気に掛けてました。
香川照之は地味ながら個性的な演技派の地位を築いてますね~
未見なので、ネタバレは読まずに取っておきますね。

それから、邦画のセリフが聞きづらい時は、
DVDなので字幕があるでしょう?それを出せばいいと、
私も最近ブログ友達に教えてもらいました。
【2008/07/30 17:32】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
「待ってました」なんてありがとうございます!
アマゾンの後、カリブ海へ行っていて、夏休みを満喫しておりました。(笑)

オダギリ・ジョーって、どうしてそんなに人気があるのか分からなかった
んですが、やっぱりかっこいいですねー。多分ファンなら堪能できると思いますよ。
香川照之は最近はまってます。すごい役者だなーと思いますよ。

字幕は、黒澤明の映画を観るときとか使うんですが、耳と目とどっちも神経が
行って集中できないんですよ。それに、この作品はレンタルだからか、
英語字幕しかありませんでした。
DVD化するときに、制作会社の方で音声を聞きやすく編集してくれると
いいんですけどねー。
【2008/07/30 17:56】 URL | CD #- [ 編集]

カリブ海からお帰りなさい~
このオダギリジョーはもうタマランモノがありました~(>▽<)
でもラスト、というか真実は私も良くわからず・・・

だいたいCDさんの想像と同じかな~
最後は、いっちゃったのとそうでないのと五分五分。

邦画で音声が聞き取りづらいのって、ホント多くて嫌になりますよね~
字幕がある作品はいいんですが、全部が全部有るわけじゃないし★

木村祐一・・・どの役で出てましたっけ。(すでに内容忘れかけ。私も最近記憶力が・・・)
【2008/07/30 18:44】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


こんばんは!
この作品は未見なんですが
結構いい作品だということは噂で聞いてましたよ^^
レビューは読まないんですが、あとで鑑賞した際に
また、コメントさせてくださ~い^^
ということで、またお邪魔しますね☆
【2008/07/30 21:42】 URL | ぴーち #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
確かにオダギリジョーはかっこよかったですねー。
女性ならタマランでしょう。(笑)

これも羅生門系ですよねー。こういうの、いいですね。
それなりに解答は与えられ、でも解釈はその人次第、みたいな。

邦画の音声は困ります。
聞き取りにくくてかなりボリュームを大きくしてたら、伊武雅刀が
いきなりお膳をひっくり返したので、茶碗が割れる音にのけぞりそうになりました。(笑)

木村祐一は検事役です。
記憶力、お仲間がいてホッとします。(笑)
【2008/07/31 10:22】 URL | CD #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
なかなか良かったですよ。
真相は藪の中的な作品ではあるんですが、複雑な構成ではないし
楽しめると思いますよ。
主役二人の演技もいいし、田舎に残った兄と都会に出た弟の
羨望・嫉妬・愛憎みたいなものが描かれていて考えさせられます。
ぴーちさんの鋭いレビューも楽しみにしてますね。
【2008/07/31 10:27】 URL | CD #- [ 編集]

CDさん、こんにちは!
「ゆれる」観たんですね~i-179
オダギリジョーの役はたしかに性格悪いやっちゃなぁという感じですが、ノックアウトされました~!

香川照之が洗濯物をたたみながら、ふすまを開けて立っているオダギリジョーと兄弟の腹の探り合いをするシーンが大好きです♪

木村祐一は私もちょっと・・・お笑い番組そのまんまで演技してるのがアレ?って感じでした☆

音声が聞き取りにくいってすごくわかります!特に昔のモノクロ映画とか、浅野忠信の出てる映画とかボソボソッって喋ってて何言ってるんだ?となることが多いですね。
【2008/07/31 14:13】 URL | アイノワ #- [ 編集]


アイノワさん、こんにちは!
おすすめの「ゆれる」観ましたよ!
アイノワさんもわさぴょんさんもオダギリジョーにはメロメロですね。(笑)

洗濯物をたたみながら・・・のシーン、良かったですねー。
正に腹の探り合いという感じでしたね。
あの時、稔は何を考えてたんでしょうか?
背中の演技というか、良かったですね。

木村祐一、笑いをとろうとしてるのか?っていう感じで気になりました。

本当に邦画の音声、何とかなりませんかねー。
監督(制作陣)は映画として作っているから、文句はないんですが、
DVD化するときに、DVD鑑賞に最適になるよう、販売会社が配慮してくれると
うれしいです。って、ここで言ってもしょうがないけど。
【2008/07/31 16:40】 URL | CD #- [ 編集]

ゆれる
自分は田舎出身、兄ありなんです。
兄も自分も家を継いではないんですが、周りにそういう人はいるんで、結構心境が分かるんです。
田舎独特なものがあるんですよね。
脚本も抜群で、良い作品ですね。
ちょっとブルーになってしまうんですが、また、見たいと思います。
【2008/08/01 09:18】 URL | 亮 #- [ 編集]


亮さん、こんにちは!
亮さんは、この兄弟のこと、実感を持って理解できるんですね。
そういう亮さんがブルーになるほど、よく出来た脚本だということも
言えるんでしょうね。
私の場合、想像でしかありませんが(と言っても田舎育ちです)、
それぞれの思いや揺れる心情は伝わってきました。
いい作品でしたね。
【2008/08/01 12:45】 URL | CD #- [ 編集]

お元気ですか?
CDさん、こんにちは!
どうやら生きているようですね(^▽^;)
コメントがあったので、ホットしました。
映画は観たりしてますか?

この作品、CDさんの言うように、とっても良かったです!
私の場合、ちょっと偏りすぎな感想になってしまいましたが、
香川照之の背中の演技も良かったし、
オダギリジョーはセクシーさがありました。

吊橋の真実はハッキリと描かれていませんでしたね。
ただ、弟の記憶は歪められているなと思いました。
気持ちがゆれたんでしょうね。

音声が小さい事ですが、
今作の場合、苦肉の策で英語の字幕を見ました。
英語が堪能でも何でもないけど、ニュアンスは分かりましたよ。

CDさん、ブログ再開を待ってますね~★
【2008/10/21 18:48】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!お久しぶりです。
そうですよねー。死んでるかもと思われても不思議じゃないくらい
更新してなくてすみません。
映画もあまり観てないんですが、そろそろ再開したいなーとは
思っています。

これ、良いですよねー。すごく好きです。
香川照之は最高です。オダギリもかっこよかったですね。

吊り橋の真実。実際はどうなんでしょうね。気になります。
あれこれ考えられる作りなのがうまいですよね。
「ゆれる」って、観る前は中途半端なタイトルだと思ったけど、
よく現してますよね。

YANさんは英語字幕で観たんですか!すごいですね。
でも、それも面白いかも。

ブログの再開を待っててくれる人がいるってうれしいです。
YANさん、ありがとうございます!

【2008/10/21 23:34】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/118-22c5827f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゆれる」・・・81点

ツタヤの半額クーポン来たー!今回はなんと準新作もオッケー!!と言う事で早速借りて 旧作をねらえ!in TSUTAYA  わさぴょんの映画鑑賞日記【2008/07/30 18:37】

ゆれる

兄弟の心の奥底に閉ざされていた心理がえぐり出され、 暴露されていきます。 ゆれる心情・・・そのすごさに、私もゆれた・・・ 監督:... Rocking Chair Blog【2008/10/21 18:50】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。