映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイミング・プール
暑い夏だからプールが恋しい!ってわけでもありませんが、「スイミング・プール」を
観ました。
スイミング・プール 無修正版
フランソワ・オゾン
B0001X9D5O

人気ミステリー作家サラが、出版社社長に誘われて、南仏の別荘に出向く。そこには社長は来ず、娘のジュリーがやってきた。奔放な性格の彼女は、毎夜ちがう男を家に連れ込み、サラに見せつけるかのように刺激的な夜を過ごしていた。サラはそんな彼女に嫌悪を抱きながらも、目が離せず、次第に影響を受けていく。
サラを演じるのはシャーロット・ランプリング、奔放なジュリーを演じるのはリュディヴィーヌ・サニエ。心を閉ざした中年の堅物女を演じたランプリングは、ときにはユーモラスにときにはあやしく、ヒロインの性が開放していく姿を見せていく。サニエはヌードも持さない大胆演技。女と女の交錯する心をミステリータッチで描いたのは『8人の女たち』のフランソワーズ・オゾン監督。女の美しさと怖さを同時に描ける希有な監督は、本作でもその実力を十分発揮している。(斎藤 香) (アマゾンより)

いやー、面白かったです。フランソワ・オゾン監督の作品は、今作の他に「8人の女たち」
しか観ていませんが、いずれもちょっと変わったタッチで描かれたミステリーという
感じがしました。現実感が薄いというのか、ちょっとおとぎ話的な感じさえするんですが
ミステリーとしても十分面白い。鑑賞中も色々考えながら観るんですが、見終わった後に
より深く考えてしまうような・・・。抽象的な表現ですみません。

今作も出版社社長の別荘に滞在することになった作家サラと、社長の娘で奔放なジュリーの
二人が最初は反目し合いながら徐々に絡み合っていく様を中心にストーリーが進んでいきます。
ミステリーにしては、淡々と話が進んでいく感じですが、全然飽きずに観られました。
サラを演じるシャーロット・ランプリングの魅力が大きいと思います。かなり若い頃に観た
「愛の嵐」でも衝撃を受けましたが、この作品もそれ以上に魅力的でした。
私は、サラが別荘に着いて家の中を見回し、自分の部屋を決め、パソコンのコンセントを
繋いで執筆を始めるところや散歩がてら、食事や買い物をしにいく何気ないシーンが
好きなんですが(作家生活っていいなーという感じも含めて)、そう思わせるのも
シャーロット・ランプリングの演技力かもしれません。
ジュリーを演じるリュディヴィーヌ・サニエの大胆演技も堪能しました。特に男なら釘付けになる
でしょう。(笑)

で、最後に「?」と思うようなどんでん返し的なことがあって、結局そこの部分を
消化しきれないまま終わってしまいました。で、あわてて、この作品を薦めてくれた
YANさんのところに行って、解釈を読み、「そういうことかー!」とやっと分かりました。
YANさんの解釈に助けられた上で、この作品を思い返すとまた色々な解釈が浮かんできて
見終わった後も楽しめました。
オゾン監督、なかなかやりますね。



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
暑い夏にはプール
CDさん、こんにちは!
これ楽しめたようで良かったです!
だけど「そういうことかー!」って、やめて~~( ̄∇ ̄*)ゞ
私の解釈なんて未熟だし、いい加減なもんですよ。小っ恥ずかしい。

あの別荘に着いてからの出来事が、
自分と向き合い、再生するというか新しく生まれ変わるというか、
そんな作業だったんだろうなあとおぼろげに思ったけど、
細かい点については、一つ一つ検証してないですからね。

CDさんの色々な解釈も聞きたかったけど、
とにかく、男性は映像的にバッチリ楽しめますよね(≧∇≦)ノ彡☆
女性の私でもあの二人の大胆さには、惹き付けられました。
【2008/08/04 14:21】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

プールサイドにはビキニの美女
ほんと、淡々と進んでいくのに全然飽きなかったですね~
対照的な二人の女優による、体当たり演技のなせる技でしょう。

「愛の嵐」!私も昔、あの歌うシーンを何度も見て覚えたりしました!

私もオゾン監督は、今作と「8人~」と、「まぼろし」と「ぼくを葬る」しか見てないのですが
CDさんのいうように現実感が薄く、おとぎ話チックな感じを受けました。
で、なんとなく、いつのまにか、その世界に引きこまれちゃうんですよね~

他のも色々観てみたいものです^^
【2008/08/04 18:28】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


YANさん、こんにちは!
おすすめありがとうございました。
面白かったです。

YANさんの解釈はすごいと思いますよ。
すごく参考になりました。
それを踏まえた上で、もう一度観たくなるような魅力がありました。
細かいところまで、一つ一つ検証したくなりますね。

このブログでは猫をかぶってるので、あまり触れませんが、
映像的にも楽しめましたよ。(笑)
また、こういう映画があったら教えて下さいね、解説付きで!
【2008/08/04 18:55】 URL | CD #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
そうなんですよ、淡々としてるのに飽きないですよねー。
ミステリーでこの展開だと、「さっさと誰か殺せよ~」とか
不謹慎なこと思いそうですが、この作品はじれずに楽しめました。

「愛の嵐」は何か衝撃的でしたよね。
シャーロット・ランプリングのあの姿は一つのアイコンと言ってもいい感じです。
エロいというのとはちょっと違った妖しい胸騒ぎを覚えました。
ばれてると思いますが、ストーリーは全く覚えてません。

オゾン監督気になりますねー。
特に「まぼろし」は観てみたいです。

【2008/08/04 19:03】 URL | CD #- [ 編集]


私もこの映画、ラストでうなってしまいました。
私もブログでこの映画の勝手な解釈をしていますので、
トラックバックを送ってみました。
もしお時間とご興味がありましたら、見てくださいね。
【2008/08/04 22:26】 URL | ぴむ #- [ 編集]

見終わった後も
見終わったとも楽しめる・・・
大好きです。
そんな作品、しかも、暑い夏に最適なプール!
これは見るしかないでしょう!

またまた、良い情報、ありがとうございます。
【2008/08/05 07:06】 URL | 亮 #- [ 編集]


ぴむさん、こんにちは!
このラスト、うなっちゃいますよね。
ぴむさんの解釈もすごく興味あるので、後程伺います。
それでは、また。
【2008/08/05 12:07】 URL | CD #- [ 編集]


亮さん、こんにちは!
見終わった後もあれこれ考えられるのっていいですよね。
この作品はミステリー的な意味でですが。
(伏線や繋がりを思い返したり、別の解釈を考えたりといった)
普通にプールから連想するようなさわやかな感じではないですが、
個人的にはこの季節に見るのが合ってると思いましたよ。
【2008/08/05 12:11】 URL | CD #- [ 編集]

この作品好きです♪
CDさんこんばんは!
これは夏に観たい作品ですね~♪

フランソワ・オゾンの作品は大好きです☆
「8人の女たち」でおてんば娘を演じていた女優さんが「スイミングプール」では大人の女になっててインパクト強かったですね♪

「まぼろし」と「ホームドラマ」のDVD持ってます♪
「ホームドラマ」はあまり有名な作品ではないみたいですが、独特のブラックユーモアが強烈ですi-233
【2008/08/06 23:20】 URL | アイノワ #- [ 編集]


アイノワさん、こんばんは!
私もこの作品、夏が合うなーと思いました。

でも、さすがフランス通のアイノワさんですね。
この作品だけでなく他にも色々オゾン監督作品をご存じなんですね。
しかもDVDまで持ってるんですか。
私もスイミングプールと8人の女たちでかなり気に入ったので
他の作品も観てみたいです。

【2008/08/07 01:05】 URL | CD #- [ 編集]


夏休みは、いかがお過ごしでしたか?
自分は、早めの休みをとったので、このお盆は、普通の土日を過ごしました。
街の雰囲気も変わるものですね。
夏休みは、みんなと一緒の時期にとれるほうが、久しぶりの再会とか、楽しみがあるんだなぁとつくづく感じました。
ラッシュとかでしんどいけど・・・

ではでは。
【2008/08/18 07:01】 URL | 亮 #- [ 編集]


亮さん、こんにちは!
夏休みは世間並みの8/13~17でした。
例年通り実家に帰って、1日は自宅近くの花火大会で
近所の人たちと一緒にバーベキュー&花火鑑賞。
子供達は大喜びですが、親はちょっとお疲れモード。
でも、楽しかったです。

私はお盆や正月を外して休みを取り、遊びに行くのが好きでしたよ。
同窓会的なことよりも安くて空いてるときに旅行とか行っちゃおうと
考えるタイプでした。


【2008/08/18 12:12】 URL | CD #- [ 編集]


こんにちは!CDさん^^
ご無沙汰していて、すみませんでした(^^A
やっとこの作品、鑑賞することが出来ました!
CDさんの仰るように、最後のシーンは、「え?」と
疑問符が浮かんでくるような展開で、
また、最初から見直してみたくなるような作品でした。
色々な解釈の仕方があるかと思いますが、
2人の女優さんの体を張った?演技にはきっと
男性ならば、喜んでしまう内容だったと思いますね^^

それでは、簡単ながら、失礼します。
また、お邪魔させてくださいね^^
【2008/10/28 17:10】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
訪問してくれてありがとうございます。
こちらの方こそ、ご無沙汰してしまってすみません。
ぴーちさんはきちんと更新され続けているのに。

そうそう、最後に「えっ」と思わされてすぐに最初から見直したくなるような
すごく巧みな作りでしたねー。
本当に色々な解釈が出来る作品で、そういうところが大きな魅力です。
女優二人の演技も色々な意味で見物でしたよね。(笑)
でも、やっぱりシャーロット・ランプリングはすごかった。

また、私もぴーちさんのところに遊びに行きますね。
【2008/10/29 00:09】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/119-8a70572a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スイミング・プール

監督:フランソワ・オゾン       製作:2003年フランス・イギリス 出演:*シャーロット・ランプリング *リュディヴィーヌ・... Rocking Chair Blog【2008/08/04 14:22】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。