映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチ・コード
ダヴィンチ・コードやっと見ました。
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
トム・ハンクス ダン・ブラウン ロン・ハワード
B000HWY2JQ


原作を読んだときに凄く面白くて興奮して、贅沢な気分にさせられたんですが、
贅沢さをもう一つ付け加えてもらった感じです。
この映画については、原作に対してあまり評価がよくないのを見かけますが、
私は良かったと思います。といっても原作と映画とどっちが良かったかと言えば
圧倒的に原作の方が良かったんですが、読書好きで先に読んで感激した原作の
映画化で映画の方が超えることの方がありえないと思うので、それは仕方ないと
思います。原作をうまくまとめながら最初から最後まで面白く作ってるなーと
思いました。ルーブル美術館やクリプティックスを映像で見られたのが良かったし
最後の晩餐の説明も分かりやすかったです。
ただ、個人的にはトム・ハンクスはちょっとどうかなーという感じですが。
後、気になったのはデラックス版か何かのロン・ハワードが本編に仕掛けた
暗号ってやつです。あれが何かご存じの方みえますか?
スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
暗号?
CDさん、こんにちは!

同じ時に、ナゴヤドームでストーンズを観ていたとは、
驚きましたね~!

ところで私も、この映画は、楽しめましたよ。
小難しく考えず、娯楽大作として観れば、
スリリングな展開で良かったと思いました。
でも、世間の評判はあまり良くなかったようですね。

私は、この作品は珍しく映画館で観たので、
DVD特典がどうなっているのか知りませんが、
特別な暗号があるんですね?

CDさんは、そのデラックス版をご覧になったんじゃないんですか?
【2007/03/02 13:19】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、音楽も映画も本当に気が合いますね!
私は残念ながらレンタルで見たんですが、最初の商品紹介みたいなところで、
セルDVDのデラックス版の紹介をやっていて、
「ロン・ハワード(監督)が本編に仕掛けた最後の暗号」が
特典の中で証されるようなことを言ってました。
それ程大したことはないと思うんですが、「仕掛けられた暗号(とか謎とか罠)」とかいう
フレーズには否応なく反応してしまうんですよね。まさにパブロフの犬状態です。
という訳で、もし分かったら教えてくださいね。
【2007/03/02 14:27】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/12-d5d22b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダ・ヴィンチ・コードについて

ダ・ヴィンチ・コード『ダ・ヴィンチ・コード』(''The Da Vinci Code'')は、ダン・ブラウンの長編推理小説。アメリカで2003年に出版された。『天使と悪魔』に次ぐ「ロバート・ラングドン」シリーズの第2作目。レオナルド・ダ・ヴィンチ作品『ウィトルウィウス的人体図』、 知ってる?【2007/03/02 22:02】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。