映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガタカ
「ガタカ」を観ました。SFミステリーっぽい話かと思ったら、何とも切なく
でもすごくいい映画でした。

ネタバレに気をつけて書いたつもりでしたが、今読み返したら、結構ニュアンスは
伝わってしまうかもしれません。
いい作品なので、まっさらな気持ちで観たい未見の方は読まないでください。

ガタカ
アンドリュー・ニコル
B000062VQP

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った“適正者”によって、自然な出産で生まれた人間が“不適正者”として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。しかし、彼は自分の運命を変えるためDNAブローカ一の紹介でジェロームという青年の適正者IDを買い取る。ジェロームになりすまして宇宙局ガタカの局員となったビンセントはついにタイタン探査船の航海士に選ばれる。だが出発間近に上司が何者かに殺された事件でビンセントの髪の毛が発見された事から、正体発覚の窮地に立たされる。ビンセントの素性に疑いを抱く女性局員アイリーン。更にエリート捜査官となった弟のアントンの介入で、彼はますます窮地に追い込まれる。(アマゾンより)

いい映画でした~!SF的な設定をうまく活かし、サスペンスの要素を盛り込んで
グッと惹きつけつつ、人間の持てる可能性を謳いあげたヒューマンドラマで感動しました。
全体的には悲しいトーンなんですが、希望を持てる内容であり、切なく泣ける部分もありで、
すごく良かったです。
冒頭の「神が曲げたものを誰が直し得よう」「自然は人間の挑戦を望んでいる」という
言葉が効いていますね。人間が持つ可能性の素晴らしさを極端な設定の中で教えて
くれているという感じがしました。
泳ぎ比べのシーンは、可能性への挑戦と自然への挑戦という意味で、象徴的で良い
シーンですね。
演ずるイーサン・ホーク、ジュード・ロウ、ユマ・サーマンは皆端正な顔立ちで
いかにも「適正者」らしいし、それぞれに秘めた悲しみも伝わってきて、良かったです。
音楽も格調高く叙情的でもあり、染みてきました。ラストのイーサン・ホークと
ジュード・ロウを交互に映し出すシーンはしびれました。音楽も最高にマッチしてました。
悲しくて美しい叙情SFの傑作だと思いました。ネタバレしそうなので、感想はこのへんで。

ところで、オープニングとエンディングで降ってくるものは何ですか?爪と髪の毛?
分かる人がいたら教えてください。



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

コレは良い作品ですよね~~
なんていうか「丁寧」「真剣」「美しい」という感じがします。

>冒頭の「神が曲げたものを誰が直し得よう」
そんなのあったんだ(←忘れてる)・・・深いですね・・・・

落ちてくるのは髪の毛だったんじゃないかな~。
【2008/08/30 17:33】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


こんばんは、ホーギーです。
お久しぶりです。いつもコメントを頂き、どうもありがとうございます。
この映画は、人の能力や人生は、遺伝子で決まるものではなく、
夢の実現を願う思いが、いかに大切であるがということを教えてくれる
実に素晴らしいSFドラマですよね。
遺伝子という新しい視点からのテーマを扱ったとても興味深い作品です。
それから、CDさんの「泳ぎ比べのシーンは、可能性への挑戦と自然への挑戦」との
コメントは、まさに仰るとおりですね。
これだけの素晴らしい作品を、もっと多くの人に観てもらい、この映画の評価が
上がることを期待したいですね。それだけの価値のある素晴らしい作品だと思います。
【2008/08/30 21:20】 URL | ホーギー #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
良い作品でしたねー。
「丁寧」「真剣」「美しい」どれもよく分かります。

冒頭の言葉、いいですよね。でも、私もここに書かなかったら
すぐに忘れてると思います。

やっぱり髪の毛ですよね。そうすると、もう一つは爪でいいのかなー?
ちなみにエンディングは爪(らしきもの)だけが二つ降ってくるんです。
【2008/08/30 22:10】 URL | CD #- [ 編集]


ホーギーさん、こんばんは!
こちらこそ、ありがとうございます。
>夢の実現を願う思いが、いかに大切であるがということを教えてくれる
本当にそうですね。ついつい何かのせいにしてあきらめてしまいがちですが、
強い思いで夢を実現しなきゃなーという気にさせられます。
SFというジャンルでこんなに感動したり、切なくなったりするとは驚きでした。
この作品は、私も素晴らしいと思うのですが、その割に知られてない気がします。
私もこの作品の存在は知っていましたが、こんなにいいとは思いませんでしたから。
多くの人に観てもらいたい作品ですね。
【2008/08/30 22:17】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!
え~~っと?
何か降ってましたっけ?w
すみません、全然覚えてませんで(^^;

兄弟での泳ぎ比べは確かに可能性へのチャレンジですよね。
最後のジュード・ロウの笑みを湛えた顔からは想像出来ないほどの
凄惨な最後は、切なかったです。
でも、いくら完璧に作られたものでも、人間の可能性には
勝てないものということを実証してくれた良い作品でした^^
【2008/08/30 23:09】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
ええ、降ってたんですよ。
どうも私は、肝心なことが理解できないくせに、細かいところが
気になっちゃうんです。多分、大筋に関係ないので気にしないでくださいね。

>最後のジュード・ロウの笑みを湛えた顔からは想像出来ないほどの
凄惨な最後は、切なかったです。
正にその通りですね。夢が叶ったビンセント、バックに流れる美しい音楽との
対比で、より胸が締め付けられました。

>でも、いくら完璧に作られたものでも、人間の可能性には
勝てないものということを実証してくれた良い作品でした^^
これもまったく同感です。
コンプレックスの多い自分も頑張らなきゃと思いました。
【2008/09/01 10:03】 URL | CD #- [ 編集]


CDさん、こんにちは!
これは地味だけどいい作品ですよね~~!
私、オリンピックの時に思い出したりしてました。
どの選手も素晴らしいDNAを持ってるんでしょうけど、
それに加え、人並み以上の努力と鍛錬をして
挑戦しに来てましたよね。
そして知ってる範囲を超えた力を見せ付けられて、
人間の可能性のすごさを目の当たりにしました。

この作品も、ただ神が授けた才能だけで括れない、
強い思いというものに、感動しました。

最初と最後に降ってくるシーンはあまり記憶にないけど、
いつも髪や爪を切って、体中の皮膚組織をゴシゴシしてたから、
DNAの分かるそういうものでしょうか??
【2008/09/01 13:36】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
SFというと派手な感じがしますが、YANさんの言うように
地味だけどいい作品ですよね~。
「端整な映画を丹精込めて作りました」という感じがしました。

オリンピックの超人達もすごいですよね。
でも、持って生まれたDNA以上のたゆまぬ努力の賜という面が
より大きいんだろうなと私も思います。
ボルトの遊びながら走ってるようにしかみえない世界新も
凄かったけど、明らかに体格的に劣って見える北島の
金メダル&世界新の方がより感動したのも、
決して同じ日本人だからだけじゃないよなーと思いました。

最後のシーン、気になってるのは私だけですよね。
(というか古い作品なので忘れてるというのもあると思いますが)
一応、爪という結論にしました。(笑)


【2008/09/01 15:46】 URL | CD #- [ 編集]

ガタカ、素晴らしい映画です~♪
CDさん、こんにちは♪
ガタカは私が今までに観たSFの中で1番好きな映画です~~!!!
SFなのにヒューマンドラマって珍しいですよね♪
CDさんのレビュー読みながらずっとうなずいていました☆

1番好きなシーンはイーサンホークがユマ・サーマンと髪の毛を調べるか調べないかのシーン。「風にさらわれた」って髪の毛を飛ばすところがグッときました~!!
あきらめずに努力していればきっと報われるというメッセージは心にズシリと響きました。

降ってくるもの・・・あまり印象になかったのですが、最初の方のは多分髪の毛だったような気が・・・(笑)
【2008/09/02 15:12】 URL | アイノワ #- [ 編集]


こんばんは~。
ジュード・ロウの名前にぴくっと来ました。
近いうちに観たいと思います。
オープニングとエンディングに降ってくるものですか。
気をつけてみてみることにします。
【2008/09/02 20:21】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


アイノワさん、こんばんは!
アイノワさんにとってのSF映画NO.1ですかー!
それも納得の素晴らしい映画ですね。
本当に、SFなのにヒューマンドラマって珍しいですよね。
そこがまた良かったですね。

「風にさらわれた」・・・グッと来ますね。
ガタカの内部は無機質な感じなのに、このやりとりとか
尿検査の検査官とか温かみのあるシーンが印象的でした。

降ってくるもの。大したことではないのに、皆さん気にしてくれてありがとうございます。
髪の毛は確実だと思います。
【2008/09/02 23:15】 URL | CD #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんばんは!
ジュード・ロウがお好きならオススメですよ。
男前なだけじゃなく、すごく良い演技だと思うし、
主役のイーサン・ホークより印象深いかもしれません。
感想、楽しみにしてますね。
【2008/09/02 23:17】 URL | CD #- [ 編集]

みました
CDさん、やっと見ました。
降ってくるものの正体。
それは爪であり、体毛であり、老化した皮膚、つまり垢ですね。
彼は職場に彼自身のDNAの痕跡を少しでも残すわけにいかない。
そのため毎朝、これらを落とせるだけ落として、焼却するのが日課となっていました。
DNAに迫るばかりの超ズーム・アップ(見えませんって!)映像、というわけでした。
そこから、日課の焼却シーンで映画が始まるので、流れはスムーズでした。
以上ご報告でした。
・・・CDさんの指摘がなければこんなに真剣に見なかったと思います。
【2008/09/25 20:07】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんにちは!
降ってくるものの正体、こんなに真剣に観てもらって恐縮です。
やっぱり爪ですよね。
彼の日課の意味は分かりましたし、髪の毛は間違いないと思ったんですが、
爪が妙に意味ありげな形に見えて・・・。
「2001年宇宙の旅」で猿が放り投げた骨が宇宙船に変わる(以上、すごいうろ覚えですが)
ように何かを象徴してるのかなーと妙に気になってしまったんです。
でも、すっきりしました。
後でたんぽぽさんのところにおじゃましますね。
それでは、また。
【2008/09/26 15:01】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/125-67d4357e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガタカ

本作品のキーワード : 『人間の可能性』 それは限りないもの 【公   開】 1998年 【時   間】 106分 【製 作 国】 アメ... <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅【2008/08/30 21:13】

ガタカ

監督:アンドリュー・ニコル 製作:1997年 アメリカ 出演:*イーサン・ホーク *ユマ・サーマン *ジュード・ロウ 残酷なまでに... Rocking Chair Blog【2008/09/01 13:37】

ガタカ

ガタカソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 遺伝子が社会生活のすべてを決定するという、サスペンスタッチの近未来SF。遺伝子を解読することにより、その人の性格や疾病傾向、およその寿命まで推測できてしまう、というようなニュースが伝... 映画と本の『たんぽぽ館』【2008/09/25 20:10】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。