映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラビシアにかける橋
前回に引き続き、ファンタジー映画「テラビシアにかける橋」をご紹介します。
と言っても、私の中ではパンズもテラビシアもファンタジーというのとはちょっと違う
印象です。なので、この作品もファンタジーが苦手な人にもおすすめしたいです。
それにしても、最近観る映画の傾向が変わってきたかな?(笑)

テラビシアにかける橋 [DVD]
テラビシアにかける橋 [DVD]ジョシュ・ハッチャーソン, アナソフィア・ロブ, ズーイー・デシャネル, ロバート・パトリック, ガボア・クスポ

おすすめ平均
starsこれはファンタジー?
stars望みうる最上のファンタジー
starsラスト手前までは、ぐっと楽しめる作品です。
stars大人のファンタジー
starsいままでにないファンタジー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファンタジーと聞くと、子ども向けの印象を持つ人は多いだろうが、傑作ファンタジーは、人生を積んだ大人をこそ感動させる。これは、その好例を示す一本である。11歳の少年ジェスは、家では孤独を感じ、学校ではイジメを受ける日々。しかし隣りに引っ越してきた少女、レスリーによって彼の毎日は少しずつ明るさを取り戻す。ふたりは森で見つけた小屋で、空想の王国「テラビシア」を作り上げるのだが…。
テラビシアに住む巨人や不思議な動物が、CGを駆使して映像化される点はファンタジーなのだが、本作の骨子はジェスが立ち向かう日常のドラマだ。レスリーとの出会いがもたらす、クラスメートとの関係の変化や、家族、教師との触れ合いがリアリティたっぷりに描かれる。ジェスとレスリー、そしてジェスの妹を演じる3人の演技は、子役とは思えない自然さで、この点も、かつて子どもだった大人に強くアピール。クライマックスの展開自体は、はっきり言って、ありきたりであるが、ジェスの心の動きを含めて描き方が巧みなので、誰もがうっかり号泣させられるだろう。本当の感動は、このようにもたらされるのだ。涙でにじむラストシーンは、この上ない美しさで光り輝いて見える。(斉藤博昭)(アマゾンより)

上のあらすじにもありますが、ジェスとレスリー、ジェスの妹メイベル を演じる子供達の
演技が素晴らしいと思います。
ジェスは、貧しくて子だくさんな家庭に育ち、周りに比べたら相当一生懸命手伝いもし、
欲しい物も我慢しているのに、それでも親にはもっと働け等と言われ、学校では
からかわれたり、いじめられたりしている。親は決して悪い人ではなく、ただ経済的な理由
でそうなっているだけなんですけどね。多分、そういうことも分かっていて、やり場のない
怒りを抱えつつ、無気力感にも包まれている少年をうまく演じてました。そこに転校して
きたレスリーは、一風変わった両親の元で育てられ、自由奔放な性格で、やっぱり学校では
いじめの対象になっている。
この二人に感情移入できたから、続くファンタジー的な展開もすんなり入り込めたし、
子供の想像力の豊かさっていいよな~なんて思ったりもしました。
子供の成長物語としてもよく描けていると思うし、子供の頃持っていたはずなのに、
いつの間にか忘れてしまった大切な何かを思い出させてもくれる、瑞々しい映画でした。
それと、どちらかと言えば前半悪役として登場してきたジェスの父親と担任が
終盤になってジェスに見せる優しさの部分もちょっと良い感じでした。
特に、父親役のロバート・パトリックは、ターミネーター2のT-1000のイメージが
強烈だったんですが(これもすごく好き)、それとは正反対のすごく味のある父親役で
良かったです。

スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
涙・涙・・・
このストーリーにはちょっと、予想外の展開があるでしょう。
私はそこで、泣けて泣けて・・・。
この厳しい現実と、ファンタジーの対比がうまいなあと思います。
決して、ファンタジーに逃げ込むのではなく、現実を生きるための希望であり、糧であるというような部分が。
子どもたちだけでなく、周りの人たちの変容もある、ということで、やはりいいですね。
【2009/01/14 21:49】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんばんは!
あの展開はある程度予想してたんですが、あまりに唐突だったので呆然としました。
なので、その後の父親との絡みや担任との絡みで泣けてきました。
そうなんですよね。あくまでも現実があってCGに頼りすぎない控えめな
ファンタジー表現が良かったです。
良い作品の紹介をありがとうございました。

【2009/01/14 23:03】 URL | CD #- [ 編集]


これはイイ映画でしたね~
うん、これは確かに「ファンタジー」の部類なんだろうけど、子供よりも
「大人が’あの頃の気持ち’を思い出す、大人のための映画」という気がします。

アノ頃の気持ちとは・・・
まだ空想にのめりこめるほど純粋で、
親には絶対服従など、境遇に対する’子供にはどうにも出来ない’限界感もあって、
まだまだ他人の事まで思いやれなくて・・・(←これは今もか?^^;)

どの場面も感情移入率高し☆ そして泣きました~
特にあの担任にはヤラレタ!んもう、泣かせたいのねアンタ~(;;)
【2009/01/15 18:52】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
そうなんですよ。あの頃の気持ちを思い出す映画ですよね。
アノ頃の気持ちとは・・・これもその通り!よく分かってらっしゃる。
そして、どの場面も感情移入率高し。そうそう。
で、やっぱり泣きました。
あれ?一緒に観てたんでしたっけ?(笑)

あの担任にはやられましたね。あの意地悪そうな感じがズルイなと思いましたよ。
【2009/01/15 19:21】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!
この作品、劇場で鑑賞したんですが、
観終えたときに感動したのを覚えています。
ジェスの兄弟は女の子ばかり。。
どうしても男一人だと、父親もしっかりしてほしいという気持ちに
駆られて、厳しく接するんでしょうね。
我が家の父が私の息子に接する態度にすごくよく似ていて、
驚きましたけど、どこでも男同士というのは似ているのかも知れませんね。

テラビシアという名前の二人だけの場所で
友情+愛情を育んでいく二人ですが、
最後の結末にはがく然としました・・・・。
ジェスの悲しみがひしひしと伝わります。
自分があの時一緒だったら、助けられたのにと。。
あの部分の時間がたっぷりと取られているのも良かったです。

私もロバートの演技、良かったと思いますし、もちろんT2の冷酷な演技も
好きですw
それでは、また^^
【2009/01/22 00:11】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
これは感動しました。
父親が厳しく接する気持ちは分かりますが、ジェス目線で観るとやりきれないですよね。
最初の方の靴のエピソードなんかで、父親も本当は優しくしてやりたいんだけど
経済的理由でそうもいかず。父親目線でもやりきれなさを感じました。

ロープで川を渡って、自分たちだけの森に入り、秘密基地を作るところは
懐かしく子供の頃を思い出しました。
かなり凝った秘密基地を作ったもんです。

>自分があの時一緒だったら、助けられたのにと。。
本当にこの気持ちが伝わるから切なかったですね。

ロバート、良かったです。T2もまた観たいです。
【2009/01/22 15:02】 URL | CD #- [ 編集]


CDさんご無沙汰しています~i-179
今作は予告編をチラっと見たときに良さそうな映画だなって思った作品です。
まだ観ていないのですが、オトナも感動できるファンタジーってことで観たいです^^♪
【2009/01/25 16:04】 URL | アイノワ #- [ 編集]


アイノワさん、こんばんは!
お久しぶりです。
この作品、なかなか良かったですよ。
ファンタジーであり、ノスタルジーも感じさせるという意味で
大人向けな感じがしました。
本当におとぎ話でCG満載だったりすると辟易してしまう私ですが
この作品のピュアな感じは良かったです。
アイノワさんも何となく気に入るような気がしますよ。
【2009/01/25 21:13】 URL | CD #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/05 17:08】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/138-1d30aed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る これほど悲しいお話とは思っていませんでした・・・。                  * * * * * * * * ファンタジーといえばやはり、ロード・オブ・ザ・リングに、ハリー・ポッター... 映画と本の『たんぽぽ館』【2009/01/14 21:56】

「テラビシアにかける橋」・・・85点

『テラビシアにかける橋』(2007・米)を観に行った。監督ガボア・クスポ。出演ジ 旧作をねらえ!in TSUTAYA         わさぴょんの映画鑑賞日記【2009/01/15 18:42】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。