映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の好きな謎・問題
先日、「女か虎か」という作品をご紹介しました。この作品を始めとして
私には好きな謎や問題が色々とあります。この機会に、それらの一部を
ご紹介しようと思います。

まずは「山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー」に収録されている「謎のカード」から。
サワリだけご紹介します。
主人公のリチャード・バーウェルは、旅先のパリで見知らぬ美女から一枚のカードを
渡される。カードには紫色のインクでなにやらフランス語らしい文句が書かれていたが、
フランス語の読めない彼は、ホテルの支配人にそれを読んでもらう。すると、それまでは
丁重に接してくれていた支配人は顔色を変えて、「いますぐ、このホテルから立ち退いて
いただきたい」という。その後もカードを見せるたびにそれを読んだ人の態度が急変し、
警察にも連れて行かれたりと散々な目に遭う。色々な展開もあるんですが、結局この
カードには何が書かれていたのかという謎です。これも「女か虎か」同様、リドル
ストーリーなので、結論は書いてありません。でも、気になりますよね。

次は、三谷幸喜の作品によく出てくる「赤い洗面器の男」です。「古畑任三郎」や
「王様のレストラン」等に微妙に表現を変えつつ、何度も出てきます。
以下、ウィキペディアから引用します。
ある晴れた日の午後、道を歩いていたら赤い洗面器を頭に乗せた男が歩いてきました。
洗面器の中にはたっぷりの水、男はその水を一滴もこぼさないように、ゆっくりゆっくり
歩いてきます。
私は勇気をふるって「ちょっとすいませんが、あなたどうして、そんな赤い洗面器なんか
頭に乗せて歩いてるんですか?」と聞いてみました。すると男は答えました。「それは君の…」
で終わってしまうんです。この答えとして、「赤い洗面器」略して「あかせん」なので、
「理由は明かせん」とする説。
洗面器や水が頭から落ちないことから「おちない」=「オチはない」とする説。がファンの
間では有力らしいです。

もう一つは「モンティ・ホール問題」と呼ばれるもの。
これもウィキペディアから引用します。
プレイヤーは、3つのドアを見せられる。ドアの1つの後ろにはプレイヤーが獲得できる景品があり、
一方、他の2つのドアにはヤギ(景品がなく、ハズレであることを意味している)が入っている。
ショーのホストは、それぞれのドアの後ろに何があるか知っているのに対し、プレイヤーは
ドアの後ろの様子はもちろん知らない。
プレイヤーが第1の選択をした後、ホストのモンティは他の2つのドアのうち1つを開け、
ヤギを見せる。そしてホストはプレイヤーに、初めの選択のままでよいか、もう1つの閉じている
ドアに変更するか、どちらかの選択権を提供する。プレイヤーは、選択を変更すべきだろうか?

ゲームのルール
(1)3つのドア (A, B, C) に(景品、ヤギ、ヤギ)がランダムに入っている。
(2)プレイヤーはドアを1つ選ぶ。
(3)プレイヤーがどのドアを選んだかにかかわらず、ホストは残りのドアのうち1つを
   必ず開ける。
(4)ホストは景品のあるドアを知っていて、必ずヤギの入っているドアを開ける。
   もし、両方ともヤギだった場合はコインを投げて決める。
このうち (3) と (4) の条件が重要である。特に (3) が決められていなければ、このゲームは
プレイヤーとホストの心理戦であり、確率の問題ではない。(4) は条件を書き換えることができる。
「モンティホール問題」として大騒ぎとなった原因は、ルール(3)と(4)について司会のモンティが
何も説明しなかったからである。 以下の説明には、ルール(1)と(2)はもちろん、(3)と(4)も
守られており、参加者はルール(1)~(4)を知っているという大前提がある。

さて、この場合、プレイヤーはどういう選択をすべきでしょうか?
この問題には答えがあるので、以下に反転して書いておきます。良かったら考えてみて
ください。

模範的な解答は「開けるドアを変更する」である。なぜなら、プレイヤーがもう一つのドアへ
変更した場合に景品を勝ち取る可能性は、プレイヤーが元々の選択のままである場合の2倍
であるからだ。
この理由は次のようになる。元々の選択では、プレイヤーは選んだドアに景品がある可能性を
1/3 しか持っていない(景品がない可能性は 2/3)。この確率はモンティがヤギのドアを
開けたとしても変わらない。その結果、もしプレイヤーがもともとの選択に忠実ならば景品を
勝ち取る可能性は 1/3 であり、したがって、プレイヤーが変更した場合は 2/3 である。


どうですか?当たってましたか?もっと詳しい解説がウィキに載ってますので、
興味のある方はご覧下さい。
他にも色々と好きな問題があるんですが、長くなるのでやめておきます。
皆さんは好きな謎や問題、ありますか?

スポンサーサイト

テーマ:気になる謎やネタについて - ジャンル:


この記事に対するコメント
「モンティ・ホール問題」←なるほど~!
えー(3)とか(4)とかが良く分からないんですが・・・

でもネタバレ部分を読んじゃいました^^;
なんか、こんなような事を『ラスベガスをぶっつぶせ』でも説明してましたが
(そのときは全然分からなかった)
確率が上がるってのは、こういうことなんですね!
あ~やっと分かった~^^
でもやっぱり同じなんじゃないかって気もするんですけど★

『謎のカード』は気になりますね~
「この人(=カード持ってる人)は異常者(連続殺人犯とか)」みたいな事が書いてあるのかな?
【2009/03/04 17:53】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
すみません、番号が抜けちゃってたので、付けておきました。
なるほど~ですよね。
>でもやっぱり同じなんじゃないかって気もするんですけど★
これもよく分かります。今はよく理解できましたが、やっぱり不思議な話ではあります。

謎のカードも気になりますよね。
話の中では、国家的な陰謀を思わせるような部分もあり、頭を悩ませます。
最後にもう一つ謎な展開もあったりして、面白かったです。
これも読んでおいて損はない作品だと思いますよ。
【2009/03/04 18:08】 URL | CD #- [ 編集]


脳みそがこんがらがってよくわからないので(確率とか苦手・・)先にネタバレを読んでしまいました~i-229
で、ちょっとわかったようなわからないような(笑)プレイヤーが景品のあるドアを最初に選んでいた場合は変更したらヤギになっちゃうしなぁと。。

謎のカードも面白いですね!私はテロリストですとか書いてあったりするんでしょうか。

【2009/03/04 21:47】 URL | アイノワ #- [ 編集]


アイノワさん、こんばんは!
確率とかって難しいですよね。私も読み直してやっと理解できました。
最初はどう考えても1/3と1/3の確率なのに何で?と思いましたが、
そうじゃないんだということが分かってビックリでした。

謎のカードも面白いですよ。
私もアイノワさんと同じようなことを考えました。
でも、全部読むとそれだけでは辻褄が合わないんですよ。
だから、すごい考えちゃいました。
だけど、どうやらこの作者も明確な答えを持っていたわけではなさそうです。
それでも、魅力的な話を考えたなーと感心しました。
【2009/03/04 23:56】 URL | CD #- [ 編集]

こんにちは!
確率のほうの問題は、わさぴょんさんと同じく
「ラスベガスをぶっつぶせ」を思い出しました。
全くの数学で変数変換だと言っていました。
私も映画の時は???と思ったんですが、
この景品とヤギに関しては納得できたような。。。(^_^;

この前の「女か虎か」も、読んですぐに単純な感想を書いたけど、
ちまたではもっと深く論議されてるんですね。
私は浅かったですね~

答を読む者に委ねるとは、ずるい手口だわ~(≧ε≦)
もちろん、ああだこうだと議論するのが楽しいんでしょうけど、
一応、作者の結論をどこかで披露してほしいです。
【2009/03/05 14:44】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
「ラスベガスをぶっつぶせ」は間違いなく好きなタイプの映画で
観たいんですが、まだ観てないんですよ。
多分映画ではもっと複雑になってるんでしょうね。
この問題は納得できましたか?
表面的にはまったく変わらないように思える確率が、これまた表面的には
何の影響も与えなさそうな一つの行動によって、結果的に確率が2倍になってしまう
ということに感心しました。

「女か虎か」は私のかなり削ったあらすじだけを読んでの感想だから
そんなに深く考えないのが当たり前だと思いますよ。
私は、全文を読んでも浅い考えでしたから。(笑)

確かにずるいやり方ですよね~。
でも、この作品は問題の与え方、条件の狭め方、逆に自由な発想の余地の
バランスが絶妙で、つい考えたくなってしまうところが凄いと思いました。
ちなみに、当時も作者の結論を聞きたいという声が殺到したようで
それに応えて「三日月刀の促進士」という続編を書いていて、それも
同じ本に掲載されてます。
でも、これがまた新たなリドルストーリーになっていて、内容は面白いんですが
これは本当にズルイと思いました。(笑)
【2009/03/06 10:29】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/144-17a6d9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。