映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊たちの沈黙/トマス・ハリス
奇跡の3日連続更新です。(笑)
今日ご紹介するのは、「羊たちの沈黙」。言わずと知れたアカデミー賞受賞作の原作です。

羊たちの沈黙
羊たちの沈黙菊池 光

おすすめ平均
stars教養小説+推理小説
stars傑作だけに、「ライジング」は読むんじゃない
stars最高の内容と最低の翻訳
starsトーマスハリス最高傑作!
starsレクター博士全開

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

FBIアカデミイの訓練生スターリングは、9人の患者を殺害して収監されている精神科医レクター博士から〈バッファロゥ・ビル事件〉に関する示唆を与えられた。バッファロゥ・ビルとは、これまでに5人の若い女性を殺して皮膚を剥ぎ取った犯人のあだ名である。「こんどは頭皮を剥ぐだろう」レクター博士はそう予言した…。不気味な連続殺人事件を追う出色のハード・サスペンス。(アマゾンより)

多分、ここに来てくれるほとんどの方が映画はご覧になってると思いますが、原作を
読んだ方はいますか?映画を観たのはかなり前で、この本はつい最近読んだんですが
すごく面白かったです。映画はかなり原作に忠実だったんだなと分かりましたが、
それでもより深く理解できて良かったです。私の場合、すぐに内容を忘れちゃうと
いうことも大きいと思いますが、かなり引き込まれましたよ。「羊たちの沈黙」という
意味もよく分かりました。(映画でも出てたかもしれませんが、忘れてました)
展開的にはほとんど分かってるのに、かなりハラハラしながら読むことが出来ました。
一つだけ難点は、単語の訳し方で、例えばクロフォードがクローフォドとかフード
がフッドとかブティックがブーティークとか訳の分からん訳し方がありました。
でも、あの映画が好きで、読書好きならおすすめです。

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント
連続更新記録に挑戦中、ですか?!(@@)
映画のほうはモチロン観てますが(映画館で観た~♪)、原作は読んでません。
展開が分かってるのにハラハラできるってすごいかも!

タイトルの意味は、クラリスとレクター博士のガラス越しの会話シーンで
クラリスが夢の羊の話をしていたけど
そういえば、細かいその意味までは詳しく語られていなかった・・・・・かな??(うろ覚え)

それと~、本の画像の右に書いてるオススメ一言コメントみたいなのは
CDさんが書いてるんですか?

>傑作だけに、「ライジング」は読むんじゃない

ってあるけど、「ライジング」はツマンナイって事なんでしょうか・・・(--;
【2009/03/06 18:27】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


CDさん、こんばんわ。
大傑作といわれる「羊たちの沈黙」ですが、まだ読んでません。
読もう読もうと思いつつ、タイミングを逸したというか、
タイミングなんてないんですが、なんとなく読み損ねております。
やはり、面白いんですねぇ。

>私の場合、すぐに内容を忘れちゃうと
いうことも大きいと思いますが

ワタシもですw
おかげで、映画や小説が二度美味しいことも多いです。
この映画の内容もすっかり忘れてしまってますww


【2009/03/06 21:58】 URL | wai #V2sZb5bY [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
そうです。連続更新記録に挑戦中です!
といいたいところですが、ひとまず今日までで中断すると思います。(笑)

私は、本当にハラハラしながら読めましたが、物忘れの激しさが
多分に影響してるかも。でも、本当に面白い小説だと思いました。

そうです、夢の羊の話です。してましたっけ?(笑)
こんな感じなので偉そうなことは言えませんが、クラリスとレクターの
やりとりが詳しく描写されていて、羊の話もよく分かりました。

おすすめコメントはアマゾンのユーザーレビューで、私が書いたものではありません。
分かりづらくてすみません。
ライジングは映画だけ観ましたが、個人的にはあまり面白くなかった、
というかレクターの魅力という意味では、無い方がかえって良かったという感想です。
【2009/03/06 23:03】 URL | CD #- [ 編集]


waiさん、こんばんは!
そうなんです。巷の評価もすこぶる高いですよね。
このミス大賞かなんかでも1位とか2位だったような気が・・・。
で、読んでみたらやっぱり面白かったですよ。
よくできた話です。
設定のアイデアは素晴らしいし、物語に引き込む力も相当なものがあると思います。

>おかげで、映画や小説が二度美味しいことも多いです。
そうそう、そうなんですよね。(笑)
映画の内容をすっかり忘れてるなら、より楽しめると思いますから
ご一読をおすすめします。
【2009/03/06 23:07】 URL | CD #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/07 12:27】 | # [ 編集]


羊の話って夢の話だったのか~
クラリスが寝ている間に、牧場の羊が
殺されていなくなるという話だったと思ってました。
いい加減な記憶( ̄∇ ̄*)ゞ

レクター・シリーズでは「ハンニバル」を読んだだけです。
あれは一番趣味が悪い内容だったんじゃないかな。
映画もこの一作目が好きだし、
読むならこちらの方が良いでしょうね。

3日連続更新、すごいですね。
そんな事はいまだかつて私はないし、これからもムリだわ。
【2009/03/09 13:12】 URL | YAN #- [ 編集]


YANさん、こんにちは!
すみません、実はすぐ上のYANさんのコメント削除されてしまいました。
YANさんの後から投稿された迷惑コメントを削除したのに、何故か連動して
YANさんの分まで・・・。前にも一度ありましたよね。あの時もそうですが
何故削除されてしまうのか分かりませんが、本当にすみません。
今回は、転送先のメールに残ってたので、そのままコピーして再度掲載しました。

羊の話ですが、私の方こそいい加減ですみません。
YANさんの記憶の方が正しいです。
レクター博士に子供の頃のことを話している中で、クラリスが語った話で、
夢ではなく、引き取られた先で実際にあった話でした。

ハンニバルは映画だけなので、何とも言えないですが、少なくとも映画は
羊たちの方が数段良かったですよね。
この本は本当に面白いと思いますよ。
【2009/03/09 13:24】 URL | CD #- [ 編集]


あうあう、私こそいい加減でスミマセン・・・(´д`)
「夜寝てたら羊がどうのこうの」で、夢だっけかな~と。ウロ覚えでした☆
【2009/03/09 18:44】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
わさぴょんさんは、うろ覚えと断ったコメントをくれただけなので
全然問題ないですよ。
逆にわさぴょんさんにまで気を遣わせてしまってすみません。
自分は軽い記憶障害だけだと思ってましたが、
それに読解力不足でいい加減だということがよく分かりました。(笑)
【2009/03/10 10:10】 URL | CD #- [ 編集]


CDさん、こんばんは♪お久しぶりですe-257
「羊たちの沈黙」は映画はモチロン観たのですが、原作は読んだことないです^^;
映画も随分昔に観たので、細かいところ(羊の夢の話とかも・・)はかなり忘れてしまってます(笑)
機会があったら読んでみたいです♪
【2009/03/25 23:43】 URL | アイノワ #- [ 編集]


アイノワさん、こんにちは!
お久しぶりです。
「羊たちの沈黙」はあの映画が好きで、読書好きならホントにオススメです。
よく作り込まれた話だと思いました。
羊の話は、ちょっと曖昧な書き方になりましたが、クラリスの
子供の頃の実体験です。
機会があったら読んでみて下さいね。

【2009/03/26 10:37】 URL | CD #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/26 19:09】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/146-70b07bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙 (新潮文庫)作者: トマス ハリス出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1989/09メディア: 文庫 映画化されて大ヒット。 懐かしの有名ホラーを再読。 再読した理由は、「ストーリーメーカー 創作のための物語論」で引用されていたからのだが、ストーリーという視?... 本読みの記録【2011/05/21 23:11】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。