映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン・コーリング/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー
皆さん、ゴールデンウィークはいかがでしたか?
私は、4/30に風邪を引き、今に至るという散々なGWでした。(泣)

今日は少し前に観た「ロンドン・コーリング」をご紹介します。
クラッシュの中心人物で、ヴォーカル&ギターのジョー・ストラマーの伝記映画です。

ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー スペシャル・エディション [DVD]ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー スペシャル・エディション [DVD]
ジム・ジャームッシュ, アンソニー・キーディス, ジョン・キューザック, ジョニー・デップ, ジュリアン・テンプル

ジェネオン エンタテインメント 2008-03-21
売り上げランキング : 29527

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今もあらゆるシーンで影響を与え続ける唯一無二のバンド“THE CLASH”。そのフロントマン、ジョー・ストラマーの不器用なほど真っ直ぐな生き様は、後にカリスマと呼ばれた。目に焼き付けろ、これが世界の為に闘ったパンクロッカーの生き様だ!
「白い暴動」「ロンドン・コーリング」といった曲で世界のパンクシーンを席巻しながら、結果的にパンクさえ飛び越えてしまった伝説のバンド、クラッシュのフロントマンとして時代を駆け抜けたジョー・ストラマー。彼の才能は世界中のハートとアドレナリンを揺さぶった。だがバンドの崩壊後、頂点からどん底まで味わうことになる彼の人生は安楽なものではなかった。パンクのゴッドファーザーとも言われる男の、未だ知られざる“光と陰”を伝える究極のドキュメンタリー! (アマゾンより)

クラッシュはデビュー当時から好きで、パンク魂前回のファーストもいいし、3枚目の
ロンドン・コーリングでは、パンクテイストを残しつつもジャズっぽい曲やレゲエっぽい
曲など高い音楽性を感じ、そこがまたカッコイイと思ったりしたものでした。
でも、基本的には曲や見た目のかっこよさだけで好きになってたんですが、この作品を
観てジョー・ストラマーという男の生き様を知り、また惚れ直しました。
一言で言うと、ジョー・ストラマーという人は、愚直に、ひたすらに、パンクロックを
追求した人だという感想を持ちました。でも、特に感心したのは、(黒人ではなく)
白人であること、(貧しい労働者階級ではなく)豊かな家庭に育ったこと(父は外交官)
から、大きな意味でひどい境遇にあったわけではないのに、誰にも負けないくらいの
情熱で、世の中を変えようと主張し続けてきたことです。(う~ん、うまく言えてない)
勿論、決して「いい人」という感じではないんですが、何か信じたくなるものを持った
人ですね。熱い気持ちにさせてくれるし、カリスマ的人気を誇ったのもよく分かります。

この作品を観ていて、クラッシュの前身になる101ersの前座でセックス・ピストルズが
出演していたことを知り、驚きました。ジョー・ストラマーもピストルズに刺激を受けて
よりパワーアップしたんだなと思います。

それと、この映画ではU2のボノを始め、スティーブ・ブシェミやジョニー・デップまで
クラッシュファンのアーティストがインタビュー出演していて、その点も楽しめますよ。

ロック好きの人には是非観てもらいたいなと思いました。

ここまで書いてきて、思い出しました。
熱狂的なファンからクラッシュのローディーになった、レイ・ギャングの視点から
クラッシュを捉えたドキュメンタリー映画「ルードボーイ」です。
ルード・ボーイ [DVD]ルード・ボーイ [DVD]
ザ・クラッシュ

Sony Music Direct 2006-09-20
売り上げランキング : 54798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


多分学生の頃だったと思うんですが、仲間達と1泊で東京に遊びに行こうということに
なり、たしか昼間は野郎ばっかりでディズニーランドへ行き(ハズかしっ)、「夜は
やっぱり歌舞伎町でしょう(キッパリ)」ということで田舎もん丸出しで遊んだ後、
泊まる宿もなければ金もない為、「オールナイトの映画館で寝るか」となりました。
その時にかかってたのが「ルードボーイ」だったんです。
で、見始めたら「おっ、クラッシュじゃん」と結構興奮してしまい、最後まで観てしまって
終わった頃には夜も明け始めてしまってました。
今となっては内容もすっかり忘れてしまいましたが、良い思い出になっています。

最後にクラッシュをまったく知らないと言う人のために1曲だけご紹介します。
この映画のタイトルにもなった「ロンドン・コーリング」という曲です。





スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

こんにちは!CDさん^^
風邪をひかれていたんですか。。
それは大変なGWになってしまいましたね。
もう、大丈夫なんですか?
CDさんも、やはりうちの息子みたいな
青春時代を過ごされたんですね(笑
息子も本当は一泊するわけだったんですが、
友達のお姉ちゃんの家で、「友達一緒じゃやだ!ふざけるな!」
と言われたそうです。当たり前ですよね(汗
で、歌舞伎町はいかがでしたか?^^

それでは、また、お邪魔しますね^^

【2009/05/08 17:11】 URL | ぴーち #- [ 編集]

こんにちは!
CDさん、時々風邪をひきますよね。(映画と本と、時々風邪)
お大事にして下さい★

また面白そうな映画を観たんですね~
パンクはあまり得意なジャンルじゃなくて真剣に聴かなかったけど、
アルバムの「ロンドン・コーリング」は
それ程パンクパンクしてなかったような記憶があります。

ジョー・ストラマーは熱くて魅力溢れるようですが、
インタビューで出てくる人達のほうに目が行きました~★
あとやっぱり歌舞伎町のどんな所へ行ったのかは気になります(≧ε≦)
【2009/05/08 17:49】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

風邪は大丈夫ですか~
うわ~こんなのあるんだ~。コレ観てみたいです~!
割と最近のDVDですか? お店で見かけたこと無いけど・・・。 探してみよっと^^

『ルードボーイ』観た事あるような無いような・・・ 
あるような気もするんだけど、ドキュメンタリーじゃなかったような・・・別物か?(スミマセンひとり言です)

ユーチューブの映像、観ました♪
これ、ミック・ジョーンズのコーラスがハッキリ聞こえますね~
そしてジョー・ストラマーは相変わらず苦しそうな歌い方だな・・・^^; でもソコも好き♪ 

私もこないだジョー・ストラマーの伝記モノをみて、やはり
「貧乏に生まれたわけでもないのに、どうしてこんなに(反逆精神というか開拓精神というか)
熱い魂を持ってるんだろうなぁ」と思いました。
そして、「多分、実際に会ったら誰もが味方したくなっちゃう人柄なんだろうなぁ」とも感じました。

CDさんの青春の思い出、いいですね! 男の子って感じ^^
【2009/05/08 17:58】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
そうなんです。ひどいゴールデンウィークでした。
今は、ほとんど治ってるんですが、咳だけがまだ続いてます。

ぴーちさんの息子さんも同じ感じですか~。
それはいいですね。正しい育ち方をしてると思います!(笑)
友達のお姉さんの家ですか。
当時の私だったら緊張しちゃってこっちがダメでしょうね。

歌舞伎町・・・。
正直な話、実は全然覚えてません。多分良い思い出ではないんでしょう。(笑)
怪しい雰囲気に惹かれて行ってみて、実際怪しかったと思います。

【2009/05/08 23:11】 URL | CD #- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
「映画と本と、時々風邪」いいですねー。(笑)
しかし、よく知ってますね。まー、私が書いた記事を覚えてて
くれるんでしょうが(書いた私はすっかり忘れてます)、
へたな友達よりよっぽど私のことをよく知っている気がします。
これがブログの不思議なところですね。

アルバム「ロンドン・コーリング」は、パンクを超えた名盤だと思いますよ。
このDVDもロック好きならグッとくると思います。
インタビューの顔ぶれ豪華でしょう。
俳優のジョン・キューザックとかレッチリのメンバーとか
他にも出てきますよ。

歌舞伎町は本当に覚えてないんですよ。
なので、ボッタクリにあったとか楽しいエピソードもないんです。(笑)
【2009/05/08 23:23】 URL | CD #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
わさぴょんさんでも知らない映画があるんですねー。
この作品は、DVD化されたのは多分去年位だと思います。
近所のビデオ屋では、音楽コーナー(コンサートDVDとかあるところ)に
ありました。

ルードボーイは、私も内容はほとんど覚えてないんです。
この記事を書いていて突然思い出したので。
でも、いかにもわさぴょんさんが観てそうな映画ではありますよね。

ユーチューブご覧になりましたか。そうそう、ちょっとコーラスとか
雰囲気違いますよね。でも、なかなかいいです。
私もジョーは苦しそうなところが好きなんですよ。良い声ですよね。
この曲をスプリングスティーンやコステロなんかが歌ってるの
聴いたことありますか?確か2003年のグラミー賞だったと思います。
ロンドン・コーリング~のメロディーが微妙に違うのが気になりますが
これも結構良かったです。

わさぴょんさんの観たのは何だったんですか?
ホントあの熱い魂はすごいですよね。
でも、あの感覚ちょっと分かるんです。というか共感します。
わさぴょんさんも結構クラッシュはお好きなようですね。
【2009/05/08 23:39】 URL | CD #- [ 編集]

私が観たのは
「ビバ・ジョー・ストラマー」というドキュメンタリーです☆
普段お店に行っても「音楽」の棚ってほとんど見ないんです。
だってほとんど新しいのって入ってこないし。
「ビバ~」を借りた時は久しぶりにそっちのコーナーを見ると「あっパンク特集がある! えっジョー・ストラマーのもある!」と
嬉しくなって2本借りた、珍しいパターンなのでした。
でも今度また覗いてみよう~^^

CDさんの記事とは違うDVDだけど、TBしていっちゃいます~

そのグラミー賞、みてみたいなぁ!
グラミー賞の放映って、むかーし一回くらいしか観た事無いです・・・いつやってるのか?
私が観た年はマドンナが「ジャスティファイ・マイ・ラブ」を歌ってた。(すんごい昔だ・・・)
それも華やかで凄かったけど、
プリンスの「GET OFF」のステージを見て「うわ~PVとおんなじだ~! 酒池肉林だ~!」と
ドギモを抜かれました^^;
【2009/05/09 08:51】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


おお、ジョーストラマーですね。
ジョーストラマーって、
生き様自体がパンクというか、
ロックンローラーの理想形って気がします。

まだ見ていないので、
これは必見ですな。
【2009/05/09 19:46】 URL | wai #V2sZb5bY [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
返信ありがとうございます。
「ビバ・ジョー・ストラマー」という作品なんですね。
私は、そちらの方は知りませんでした。
本当にクラッシュは好きそうですね。
この作品も是非観てくださいね。

映像は、youtubeで観ることが出来ますよ。
確か「2003 grammy london calling」で検索したと思います。(違ったかも?)
私もグラミー賞全体をテレビ等で観たことはないです。
わさぴょんさんが観たマドンナとプリンスも良さそうですね。
【2009/05/09 22:04】 URL | CD #- [ 編集]


waiさん、こんばんは!
実は、この作品を観た理由の一つはwaiさんとジョー・ストラマーに
対してやりとりしたからです。
本当に生き様自体がロックですよね。
かっこいいです。
waiさんなら必見です。
是非観てください。
【2009/05/09 22:13】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/152-b0998d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョー・ストラマー伝説

VIVA JOE STRUMMER スタンダード・エディション販売元:デジタルサ 旧作をねらえ!in TSUTAYA  わさぴょんの映画鑑賞日記【2009/05/09 08:40】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。