映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・オブ・ライズ
久しぶりに映画の記事です。と言ってもDVDですけど・・・。(笑)
「ワールド・オブ・ライズ」を観ました。こういう役柄のディカプリオ
好きだなー。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
レオナルド・ディカプリオ, ラッセル・クロウ, マーク・ストロング, ゴルフシテ・ファラハニ, リドリー・スコット

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-04-29
売り上げランキング : 817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界を救おうとする2人の男。CIA工作員のロジャー・フェリス(ディカプリオ)と、彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(クロウ)。
フェリスは、世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。一方のホフマンは、平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令し、部下の意見は無視する冷酷な男だ。
そんな生き方も考え方も違う2人の目的はひとつ。地球規模の爆破事件のリーダーを捕まえること。
足跡すら残さない正体不明の犯人をおびき出せるのは、「世界一の嘘」しかない。フェリスとホフマン、そして他国の諜報部の、息もつけない頭脳戦が始まった!
果たして世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘か--?(アマゾンより)

久しぶりで映画に飢えていたせいもあって、面白かったです。特にディカプリオは
大好きな「ブラッド・ダイアモンド」と同じくらい魅力的でした。
ギルバート・グレイプの少年からグッと成長し(当然だけど)、現場をよく知る
タフな男を演じても違和感が無いどころか格好良いと思います。

世界を救う為テロリストを捕まえるという共通の目的を持ちながら、
常に死と隣り合わせの現場で身体を張って働き、現地に愛着も持っているフェリス
(ディカプリオ)と平和な家庭から電話一本で指示を出し、味方も含め、嘘や
策略によって作戦を成功させようとする上司ホフマン(ラッセル・クロウ)との
対比が面白く、更に、協力を仰ぐヨルダンの諜報トップ、ハニの、嘘だけは絶対
許せず、何よりも信用を重んじる男が加わりなかなか楽しめました。

ただ、ホフマンの作戦にそれ程キレを感じなかったのと、「嘘」をテーマに
もっとあっと驚く作戦とかどんでん返しみたいなものがあるともっと面白かった
のになーというのが正直なところです。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
これ観たい
CDさん、こんにちは!
これは私も観ようとリストに挙げている作品です!
ディカプリオが魅力的だとは、また期待しちゃうな~

ラッセル・クロウと誰かの二大スターの共演というと
デンゼルとの「アメリカン・ギャングスター」を思い出します。
最近はラッセル一人主演はきついんでしょうか・・?(^_^;
【2009/06/23 14:41】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
なかなか良かったですよ。ディカプリオ目当てなら特におすすめです。
最近はたくましさも感じさせて、本当に格好良くなりました。

私の場合、ラッセル・クロウはどうもあまり好きになれないんです。
この作品でもあえて太ったりして役作りをしているし、冷酷非情で
嫌みな上司をうまく演じてるとは思うんですが、魅力を感じません。
でも、YANさんは確かお好きでしたよね。人気もあると思うし。
【2009/06/23 15:05】 URL | CD #- [ 編集]


CDさん、こちらもトラックバックさせていただきました。
私はどちらかというと、政治もの、スパイものは苦手なのですが、これはさほど難しくなく、すんなり入りました。
・・つまり、実際の政治問題よりも、エンタメ系ということですかね。
マッチョなディカプリオも、悪くはないと、やっと思えた作品です。
【2009/06/26 22:12】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


CDさん、こんばんは。
デカプリオ、良くなりましたよねぇ。
私も「ブラッド・・・・」あたりから、やっと年相応のルックスになって男っぷりが上がったなぁと感じています。
「ギルバート・・・」以来、頑張ってきたけれど・・・残念ながら賞には恵まれませんね。
「レボリューショナリーロード」でも決してケイトに負けてなかったと感じましたが、彼女のみゴールデングローブ獲得・・・。
レオ!応援しているよ~。

因みに・・・私もラッセル・クロウは苦手です。
【2009/06/27 03:03】 URL | ryoko #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんにちは!
こちらにもありがとうございます!

私は、政治もの、スパイものが大好きなんですが、でも
エンターテイメントとしてうまく作ってないとダメなんです。
だから同じかも知れませんね。
「ブラッド・ダイヤモンド」はご覧になりましたか?
こちらは政治的な面と娯楽的な面のバランスが非常に良く、大好きな作品です。
ディカプリオも格好良かった。
【2009/06/29 12:28】 URL | CD #- [ 編集]


ryokoさん、こんにちは!
返信が遅くなりすみません。

ディカプリオ、本当に良くなりましたねー。
若い頃のナイーブで爽やかな感じもいいですが、
今の方がより魅力があります。
でも、何故か賞には縁がありませんねー。
いい作品にも出ているし、演技力もあると思うんですが。
何か見えない力が働いてるんでしょうか?

ryokoさんもラッセル・クロウは苦手でしたか?
演技は悪くないと思うんですが、一度も魅力的に見えたことがありません。
【2009/06/29 12:38】 URL | CD #- [ 編集]

観ました!
CDさん、こんにちは!
CDさんの言う通り、
こういう男らしいタフなディカプリオ、良かったです!
でもこの路線ばかりに偏るとまずいので、
「レボリューショナリー・・」でまた違う面を見せてと、
上手く切り替えているんじゃないでしょうか。

嘘がテーマみたいだったけど、
結局、戦略という事でしたよね。
私も、もっとストーリーで驚かせてほしかったです。
中東とアメリカの闘いのリアルさが怖かったですね~
【2009/07/16 18:06】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
ディカプリオは本当にかっこよくなりましたよね。
でも、意識的に選んでると思うんですが、確かに最近はこの路線が
多いですよね。レボリューショナリー・ロードも評判いいですね。
(多分私は観ないけど。笑)
演技力があるから、どんな役柄でも魅力的にこなすんでしょうね。

そうなんですよ。久しぶりだったのとディカプリオが良かったので
見ているときは満足だったんですが、もう少しストーリーに工夫が
あると良かったですよね。
【2009/07/17 10:42】 URL | CD #- [ 編集]

観ました~
ラッセル・クロウはあんなに青い目でしたっけ?
アメリカンな感じを出す為に、ワザと目をあお~くしているのかと思うほど青い目だったような。
他の作品ではそんなこと感じた事無いのに。
でもCDさんには「そうでしたっけ? もう記憶にないな~」とか言われそう・・・
(またしても失礼発言)

とにかく今作のラッセル・クロウはヤナ感じでしたよね~
なんとなく彼がミッキーマウスに見えました。(←私にとってのアメリカの象徴)
ずっと「オマエが潜入してみろやー! このボケがー! 」と思いながら観ていたので
途中で尋ねてきた時はちょっと驚きました。
平和な場所から一歩も出ないのかと思ってたら、海外にも出るのか、と(@@)
【2009/08/27 19:38】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
>でもCDさんには「そうでしたっけ? もう記憶にないな~」とか言われそう・・・
その通り!他の作品に比べてそんなに青かったっけ?
しかし、本当に失礼な人ですね。(笑)これからももっとツッコんでください。

やな感じでしたねー。私も同じように思いながら観てました。
でも、言葉にしたらもっとお上品ですが。←お返し(笑)

でも、普通あれだけ嫌な感じだと作戦自体とか結果的に見れば
そのやり方が正しかったみたいなパターンじゃないですか?
今作ではそうでもなかったので、ますますただの嫌な奴に見えました。(笑)
【2009/08/28 11:25】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/157-a467e822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワールド・オブ・ライズ

世界を救うのは二人の嘘ではなく・・・                  * * * * * * * * 中東が舞台のスパイ映画は少なくありませんが、この作品で目を見張るのは、地上12000メートルにあるという、無人偵察機。CIA中東局主任であるエド・ホフマ?... 映画と本の『たんぽぽ館』【2009/06/26 22:02】

ワールド・オブ・ライズ

骨太の社会派サスペンス・アクション映画で、 誰も信じられない緊迫感が最初から最後まで続いて、 引き込まれるんだけど、案外、地味な印象... RockingChairで映画鑑賞【2009/07/16 18:07】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。