映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンジリング
皆様、大変ご無沙汰しております。
久しぶりに映画(DVD)を観ました。見応えのある素晴らしい作品でした。
ちなみに、タイトルの意味は「取り替え子」の意味で、ヨーロッパに昔から伝わる民話で、妖精が人間の子供をさらい、その後に置いていく妖精の子のことを意味するそうです。

チェンジリング [DVD]チェンジリング [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2009-07-17
売り上げランキング : 69

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、クリスティンの勤務中に、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5か月後。警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た、見知らぬ少年だった――。(アマゾンより)

クリント・イーストウッドってすごい監督ですね。彼の映画は抑えめな演出で格調の高い
作品が多いイメージがあり、この映画もそう感じたんですが、完全にその世界に
引き込まれ、感情移入しまくりながらの鑑賞となりました。
淡々とした感じもありながら、主人公のアンジェリーナを通してメッセージもビシッと
伝わってくる、(派手なアクション好きな私にも)「これぞ映画だ」と思わせてくれる
ような素晴らしい作品だと思います。
驚いたことに音楽も自身が手がけ、これもピッタリはまってたと思うし、最大の驚きは
これがほとんど実話だと言うことです。
実際にこんな事件があったんだということにも驚くし、当時の警察の腐敗ぶりや
女性差別的なところにも驚かされます。
また、確かに実話を元にしているということは、その事件そのものの衝撃も大きいん
ですが、その見せ方(演出というのか構成というのか)も非常にうまく、理解も
しやすい上に衝撃も味わえ、当時の警察やその傘下にある権力に対して激しい憤りや
恐怖も感じさせ、感情にも訴えてくるところはさすがだなと思いました。
子を思う母の気持ち(アンジェリーナも激演です)といったシンプルなものから
権力や差別の恐ろしさ、それに立ち向かう人々の気高さと色んなことを感じさせて
くれます。
話自体は相当悲惨でひどい話なんですが、人間の誇りや気高さ、希望も感じさせて
くれる作りで意外な程後味も(私には)良かったです。
観た方も多いと思いますが、未見の方はあまり予備知識を入れずに是非観てみてください。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
権力
CDさん、こんばんは。
この作品は半年ほど前に見たんですが、今思うと「権力」というものの恐ろしさをとても強く感じます。
個人レベルではおかしいと思うようなことも、権力の前ではどうにもならないことって、やっぱりあるんですね。
正常な人間まで、狂人として病院へ閉じ込めてしまうような・・・。
そういえば、ターミネーターのサラ・コナーも、そんな目にあっていましたっけ。
絵空事でなく、現実にあるから怖いですよね。
私のクリント・イーストウッド監督研究もまだ始まったばかりなんですが、
観るべき作品はたっぷりあるようなので、ゆっくり行きます・・・。
【2009/07/27 20:26】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


こんばんは!

>人間の誇りや気高さ、希望も感じさせて
くれる作りで意外な程後味も(私には)良かったです。

そうですよね!後味は良かったですよね!
クリスティーナが最後に「希望」です・・と言って
立ち去る姿に、これからも息子の帰宅を信じて生き続けるという
確固たる信念を感じました。
実際的には、生涯息子を待ち続けた・・ということで、息子さんは
帰って来なかったのでしょうけれど、それでも
母親は毎日、毎日、待ち続けたのでしょうね・・・
まるで「岸壁の母」ですね(TT)
そして、もっと言うと、北朝鮮に拉致された方々の親の心情ですよね。。
生きている。。絶対、生きている。。。そう信じて、毎日、毎日、くじけそうな
ココロを奮い立たせて待っているわけですものね。。
自分の子供だったら・・と置き換えると、本当に辛い、悲しい日々でしょう。。
それでも、信じる事が出来るのは、やはり親や兄弟じゃなければ出来ない事で
スクリーンの彼女にも、声援を送りたくなりました。。
クリントイースト・ウッド監督、今年度は作品賞、獲得出来ると良いですね!
こちらも応援したいです。

それでは、また、お邪魔します^^
いつもありがとうございます♪
【2009/07/27 21:35】 URL | ぴーち #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんにちは!
仰るとおり、「権力」というものの恐ろしさを私も強く感じました。
病院に入れられて、無理矢理水攻めに会ったり、薬を飲まされたり・・・
明らかにおかしいのに誰にも救いを求められない。
自分の身に起こったらと考えるとゾッとしました。
この作品は、イーストウッド監督作品の中でも1,2を争う位
素晴らしかったと思います。
【2009/07/28 10:15】 URL | CD #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
そうですよね。悲惨な事件、腐敗した権力社会を描いているのに
不思議と後味は良かったです。
多分、クリスティンの強さや信念が伝わったからなんでしょうね。

でも、ぴーちさんの言うように、実際に待ち続けたクリスティンのことを
考えると辛いものがありますよね。
確かに、拉致被害者の方達にも共通するものがありますね。
何も悪いことをしてないのに、ある日突然連れ去られ、
生死も不明なまま、でも必ず生きてると信じて待ち続ける・・・。
本当に人ごとではなく、それぞれが自分の問題だと考えて
何とか無事生還できるよう祈りたい気持ちです。

自分の子供がある日突然いなくなったら・・・。
もしかしたら、事故や病気で亡くなってしまうより辛いことかもしれませんね。
事実を元に色々なことを考えさせてくれるイーストウッド監督、
素晴らしかったです。
【2009/07/28 10:37】 URL | CD #- [ 編集]

これは
ぜひ観たいと思っている作品です。

CDさん、こんにちは!
やっと映画鑑賞できましたね。

クリント・イーストウッド作品にハズレなしですよね。
これは期待しています。
って言うか、力を入れずに鑑賞したほうがいいかな。
観たら、またお邪魔しま~す。
【2009/07/28 18:28】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


CDさん、お久しぶりです。

>彼の映画は抑えめな演出で格調の高い

ホントそうですね。
それでいてお上品でななく、
感情の深いトコロにグサッと突っ込んでくるところが、
本当に凄いです。

この映画はほぼ今年のベストかなと思っているくらい、
バツグンによかったです。



【2009/07/28 21:17】 URL | wai #V2sZb5bY [ 編集]


YANさん、こんにちは!
はい、やっと鑑賞&記事更新できました。

イーストウッド作品は本当に良質なものが多いですよね。
今作は、その中でも特に良かったと思います。
色々書いておいてなんですが、できるだけニュートラルな状態で
鑑賞されるといいと思いますよ。
【2009/07/29 14:03】 URL | CD #- [ 編集]


waiさん、こんんちは!
お久しぶりです。

そうなんですよね。これ見よがしの演出は一切無いのに
深く心に染みいります。
役者としての彼も好きなんですが、ダーティー・ハリーのような
アクション俳優のイメージからは程遠く、その両面を持っている
ところがまたいいですね。
waiさん同様バツグンに良かったと思います。
【2009/07/29 14:17】 URL | CD #- [ 編集]


CDさんこんにちは

毎日暑いですね

この作品は劇場まで行って、急な用事ができて観れなかった作品なんで絶対に観たい!!

今夏休みで子供がいるのでゆっくりみれないから
9月になってからですね

夏休みは、一回観た作品とか、子供と一緒に観れるものをターゲットに観ていきます
結構、2,3回目ってのも楽しめる事に最近気づきました
【2009/08/02 17:20】 URL | 雨里 #yl2HcnkM [ 編集]

こんにちは
こんにちは。
私が、ちょうど留守にしている間に、更新されてたのですね。
コメントが遅くなり、申し訳ありません。

この映画、非常に面白かったですね。
物語の展開も、演者たちの演技も、素晴らしかったと思います。
あっという間にラストを迎えてましたから。

「グラン・トリノ」も良かったし、最近のイースト・ウッド作品は、格別ですね。
【2009/08/03 07:15】 URL | 亮 #- [ 編集]


雨里さん、こんにちは!

こちらは雨続きだったんですが、ようやく梅雨明けです。
と思ったら、強烈に暑くなりました。

劇場まで行ったのに観られなかったんですか?
それは悔しいですね。
この作品は素晴らしいので、9月になってからでも是非ゆっくりと
ご覧下さい。雨里さんも気に入ると思いますよ。

2,3回目の鑑賞もいいですよね。
伏線とか演技・演出の妙とかが分かることもよくありますよね。
【2009/08/03 12:31】 URL | CD #- [ 編集]


亮さん、こんにちは!
遅くなって申し訳ないなんてとんでもないです。
まったく気にしないで下さい。
私の方こそ、なかなかコメントできなくてすみません。

この作品は本当に素晴らしかったですね。
私も惹きつけられたまま、あっという間にラストを迎えてました。
「グラン・トリノ」も良さそうですよね。
絶対観たいと思います。
【2009/08/03 12:34】 URL | CD #- [ 編集]

観ました
CDさん、こんにちは!
これ、本当に素晴らしい作品で
グイグイと引き込まれ、一気に観ました。
驚くべき実話を見つけてきて、
それを抑え気味に映画化しながらも
分かりやすく表現したものだなあと思いました。

断然、主人公に感情移入してしまう内容でしたね。
警察の茶番なんて、冷静に見れば誰が嘘つきがすぐ分かるのに、
まかり通ってしまう世の中だったのが怖いですよね。

アンジェリーナの熱演で、母の信念がストレートに伝わってきました。
CDさんの書いている通り、色んなことを感じさせてくれる作品で、良かったです。
【2009/08/17 17:32】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
ご覧になりましたか?素晴らしかったでしょう。
やっぱりYANさんも同じように感じられたんですね。
気が合いますねー。

しかし、あんなとんでもない話がまかり通ってしまうなんて
本当に恐ろしいですよね。
しかも世間から隔離され、もしかしたら薬漬けにされた上
病死又は狂い死にさせられてたかもしれないことも想像させ、
本当に背筋が寒くなります。

そんな中で強い信念を持った母親、それを助ける人々がいたことは
希望を感じます。
アンジェリーナは、フェロモンたっぷりの役柄やアクション満載の
ものより、この作品や以前にご紹介したGIAのようなシリアスなものの
方が、より魅力的に感じます。

【2009/08/17 18:02】 URL | CD #- [ 編集]


CDさん、こんばんは♪
「チェンジリング」観ました~!!とっても素晴らしい映画ですね(^.^)
悲惨なエピソードが全て実話っていうのが衝撃でしたが、やっぱり母親は強いですね!
あんなに強く立ち向かえる女性は、今はわりといるかもしれないけれど、
当時は逆らったら射殺もありえるような時代・・・それを考えると本当に凄いなぁと尊敬します。腐敗しきった警察の中にも、一握りのちゃんと仕事をする刑事がいて少し救われました~!
裁判の判決シーンでは、まるでW杯サッカー(W杯の時だけしかサッカー見ないです^^;)観てるかのごとく、「そこだ~!ハイ、キマッタ~!」みたいにかなり感情移入して観てました(笑)

【2009/10/05 21:13】 URL | アイノワ #- [ 編集]


アイノワさん、こんにちは!
ご覧になりましたか!素晴らしい映画ですよね。
そう、こんなことが実際にあったなんて信じられないですよね。
でも、仰るとおり、母親は強い。
そして、信じ続ける心もまたすごいですね。
どんな腐った世の中でも必ずそれに立ち向かう人がいるというのは
救われるし、希望が持てますよね。
裁判シーンも良かったですね。
そこに限らず、かなり感情移入して観てしまいました。
【2009/10/06 10:51】 URL | CD #- [ 編集]

やっと観たので、やっと読める~
CDさんのレビューにいちいち納得。
そうそうソレ!全部その通りです!!

もう補足する事ない・・・

途中から一緒に観ていたパパぴょんが
(「何観てんの?面白い?」と聞いてきたので「オモロ無いで」と牽制しておいた)
最後、「DIRECTED BY C・EASTWOOD」と出たのを見て
「イーストウッドなんや・・・。死なんといてくれ~。こんなん作れんの他におらん」と言ってました。
それを聞いて、心の中でほくそえんだ私です☆

ちなみに後で「観てよかった?」と聞いたら「う~ん、観んでも良かったかな」と言ってました。
どんだけハードル高いねん!!
【2009/11/17 18:46】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
そこまで激しく納得してくれるとうれしいやらこそばゆいやら・・・。(笑)
でも、本当にうれしいです。ありがとうございます!

パパぴょんさんはなかなかの強者ですねー。(笑)
でも、こんなん作れるの他におらんとまで思った作品で、
観んでも良かったとは・・・絶句。
久しぶりに言いますが、わさぴょん夫婦の会話、さすが本場のやりとりですね。(笑)
【2009/11/17 22:18】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/160-9a150ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チェンジリング

息子はどこにいるのか。答えを出すための困難な道。             * * * * * * * * 1928年。ロサンゼルス。 ある日、9歳の少年が忽然と姿を消す。 5ヶ月の後、息子が見つかったと警察に言われ、 母親が行ってみると、なんと全くの別人?... 映画と本の『たんぽぽ館』【2009/07/27 20:14】

チェンジリング

1920年代、アメリカで実際に起きた事件を 丹念に描いた社会派サスペンス・ドラマ。 強い信念・反骨精神に満ちたクリント・イーストウッ... RockingChairで映画鑑賞【2009/08/17 17:34】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。