映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONCE ダブリンの街角で
「ONCE ダブリンの街角で」を観ました。
心の琴線に触れまくる、最高に素晴らしい作品でした。
未見の方は、こんなレビューすっ飛ばして、是非観てください!

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2008-05-23
売り上げランキング : 8649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある日、ダブリンの街角で、男と女が出会う。男は、穴の空いたギターを抱えたストリートミュージシャン。女は、楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしているチェコからの移民。そんな2人を音楽が結びつけた。彼が書いた曲で初めてのセッションに臨み、意気投合する2人。次第に惹かれあうものの、彼らは互いに断ち切れぬ過去のしがらみを抱えていた。もどかしさを胸に秘めたまま、2人の気持ちが揺れ動いていく…。(アマゾンより)


いや~、言いたいことがありすぎて逆にどう書いていいのか分からない。
元々は、他の方のレビューで興味を惹かれ、アイルランドの音楽や国そのものも
昔から何となく好きだったので、観てみました。

この作品は、ストーリー自体はすごく地味で、そもそも主演の二人もGUYとGIRLでしか
ないんです。でも、その二人が出会い、楽器屋で男が歌いギターを演奏するのに合わせ
女がピアノを伴奏し、コーラスするシーンで完全に心を鷲づかみにされました。
メロディーもいいし、男の歌もギターもすごく感情をほとばしらせていて、心に
響くし、それに合わせる女のピアノも歌も本当に美しい。
後で調べたら、そもそもこの二人はプロで、セッションしたアルバムを出していたそうで
それも納得です。
全編にわたって圧倒的な音楽の力を感じるし、その曲とドラマの展開の仕方も
すごくマッチしていて、自然に感情移入させられました。
ダブリンという街もすごく魅力的で、忘れてしまった大切な物を思い出させてくれる
ような温かさを感じさせ、住みたくなっちゃいましたよ。
出てくる人々も冒頭の、主人公と盗人とのやり取りや銀行の融資担当者始め、ほのぼのと
させるものばかりです。
また、主人公二人がそれぞれ現実を受け入れながらも前向きに努力していく展開にも
心惹かれました。
あっさりし過ぎな恋愛テイストも逆にいいし、これだけ盛り上がる要素がありながらも
そんな展開?というのもこの映画に関しては納得でした。
出来すぎな展開かも知れませんが、観ている最中はまったくそんなことを考えず、
素直に入り込めた自分がちょっとうれしい。感性の合う人とこの映画について色々と
細かく語り合いたくなるような、そんな映画でした。
全然いい足りないんですが、とにかく愛おしささえ覚えるようないい映画でした。
まだの方は是非観てください。



スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

CDさん、こんばんわ。
この映画は凄く良かったです。
美しい映像と、いい音楽と、キレイな物語の、
三拍子揃った素晴らしい小品といった感じで。


メロウなんだけど甘すぎず、
ヒロインの可憐さもあり、
実に後味の良い、
素晴らしい余韻が残りました。

彼らのライブも見ましたが、
なかなか良かったですよ。
【2009/08/31 21:16】 URL | wai #V2sZb5bY [ 編集]

派手ではなくて・・・
CDさん、こんばんは~。
この作品の恋愛や音楽が、すごく自然体で、
私も気に入っていました。
ことさらに派手な演出がなくても
いい作品はできるものですよね。
アイルランドの風景も素敵でした。
ぜひ一度訪れてみたい。
アイリッシュの音楽にちょっと心惹かれてもいるので・・・。
【2009/08/31 22:39】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


waiさん、こんにちは!
良かったですよね。
本当に小品という感じなんだけど、素晴らしかったです。

メロウなんだけど甘すぎない。そういうラインが好きなんです。
ヒロインも最初はあまり思わなかったんだけど、ストーリーが
進行するに従ってどんどん可憐さを増してきました。

ライブも行ったんですか。さすがwaiさん!
二人一緒にやったんですか?
行きたかったなー。
【2009/09/01 11:31】 URL | CD #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんにちは!
そうそう、派手さはなく、自然な感じがまた良かったですよね。
ダブリンだからこそ成立しているのかもしれませんね。
行ったことないけど、そんな想像をしてしまいました。
アクション大作好きだと思ってたんですが、結構心に残るのは
こんなさりげない作品だったりします。
アイルランドの音楽もいいですよね。
【2009/09/01 11:36】 URL | CD #- [ 編集]


CDさん、こんにちは♪
この映画はいいですよね~e-257
あの2人でのセッションシーンでグイっと引き込まれて
音楽が作品の中でとても重要な役割をしてるなぁと思いました。

ラストも今後2人はどうなっていくのかっていうのを、心地よく想像させて
心がポカポカ温かくなりますe-349
この監督は今作でデビューした新人だと聞いたのですが、
そうは思えないくらいの出来栄えでスゴイ!と思います。
私もアイルランドに行ってみたくなりました~☆
【2009/09/01 19:56】 URL | アイノワ #- [ 編集]

観たその時がピークではなく、その後もずっと高得点をキープする作品。
CDさん、すっごく気に入ったようですね!! 
気に入ると思ってましたよ~~ズバリお見通しですv-63
ついでに言うと~YANさんも気に入るはずなので、観て欲しいですよね!

初めてピアノのトコで声が重なる場面、
男の人が「おっコイツやるな」みたいな嬉しいオドロキな表情しますよね。あれがいいですね~♪

スタジオ場面での曲の盛り上がっていく所も、こちらの心臓まで一緒に高鳴っていくような。
まさにハート・ビート♪(←言っててちょっとハズカシイ・・・^^;)

パパぴょんは、途中の歌(「私を満たして」ってヤツ)で「このバカ女が(-_-メ)」と憤慨してましたが
最後まで観たら「これは良かったわ~♪」といたく気に入ったようでした。
【2009/09/01 20:19】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


アイノワさん、こんにちは!
いいですよね~。
そうそう、あのセッションシーンでグッと引き込まれました。
音楽って凄いですよね。で、ああいう風に出来る人がうらやましい。

ラストもいいですね。
基本的には呆気なくて、解決の付かないラストは好きじゃないんですが
この映画の場合はしっくりきました。
観ている間中、二人に感情移入して、「うまくいけばいいのに」と思っているのに
それとは違う形で終わっても何故か温かく前向きな気持ちになれる。不思議ですね。

アイルランド、行ってみたいですよね。
【2009/09/02 16:16】 URL | CD #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
>観たその時がピークではなく、その後もずっと高得点をキープする作品。
本当に同感です。キープどころか更に上昇するかも。

ハハハ、お見通しでしたか。
無差別連続猟奇殺人だけを好きな訳じゃないと理解してもらえてうれしいです。(笑)
過激な物、ハラハラするものを求めることが多いのに、時々こういう作品に
深く引き込まれてしまうんですよ。

「コイツやるな」の表情、良かったですね。
私も「コイツやるな」と思い、そこから彼女に惹かれてしまいました。
いいように観る側の気持ちを操れる監督ですね。

パパぴょんさんが憤慨する気持ちが分かりませんが、
最終的に気に入ってくれて良かったです。私が監督したわけではないですが。(笑)
私は、彼女が初めて作詞に取り組み、充実した表情で夜の街を歩くシーンもお気に入りです。

YANさんも観てくれるといいですね。
【2009/09/02 16:25】 URL | CD #- [ 編集]

コメントありがとうございました
ご覧になったんですねー。いいですよねー、この映画。
しかし実際問題として、あんなにうまいストリートミュージシャンがいたら、
絶対黒山の人だかりですよね!
それとも、ダブリンの街角にはすごいレベルの人がいっぱいいるのでしょうか!?
ぜひ確認しに行きたいものです。

音楽映画であると共に、純愛物語なのもいいなーと思いました。
【2009/09/02 22:18】 URL | ぴむ #- [ 編集]


ぴむさん、こんにちは!
いやー、本当にいい映画でした。
音楽も良かったし、心洗われました。

確かに、あの声とギターを聴いて、通り過ぎる方が難しいですよね。
でも、何となくダブリンの街角には凄い人がいっぱいいる気はします。
行ってみたいですねー。

ラブストーリーにはほとんど興味ないのに、これはいいなーと思ったし、
かなり憧れもしました。
【2009/09/03 10:48】 URL | CD #- [ 編集]

気に入りました
CDさん、こんにちは!
すごい、この作品にベタ惚れじゃないですか。
「イングロリアス・・・」の皆殺しを面白いと感じるCDさんも
こういう、ほんのひとときの心の交流みたいな小作品に
惹かれる面があるんですね~(^▽^;)

わさぴょんさんのコメントに私の名前が出ていて驚きましたが、
そう私も、これは気に入りました。
あのセッションのシーンが何と言ってもいいよね~★
音楽を通じて、2人の心がグッと近づくのが分かるんだけど、
程良い距離間をその後もずっと保っていくのが、
もどかしくもあり、ちょっといい話という感じもあり。
淡いムードが、深い余韻を残しましたね。
曲もとても良かったです。
【2010/06/22 16:54】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
そうなんです。ベタ惚れです。
本来の私は、こういった作品をこよなく愛する穏やかな男です。
決して、暴力大好きで、殺伐として荒んだ心の持ち主ではありません。(笑)
まー、実際に観るのはほとんどがド派手な作品か殺伐とした作品なんですが、
時々こういう温かい作品に心をグッと惹きつけられます。
それにしてもいい作品でした。また思い出しちゃった。

あのセッション・シーンはたまりませんね。
二人の間に、現実の世界でも恋が生まれなかったのが不思議なくらいです。
もっとも音楽的な結びつきはこの後も続いたようですが。
あの曲、あの声、本当にいいですね。
映画としても、YANさんの言うとおり、物足りなすぎるくらいの淡いムードが
逆に深い余韻となって良かったです。

二人ともわさぴょんさんには見通されてましたね。(笑)
【2010/06/23 12:49】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/169-100795ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ONCE ダブリンの街角で

(DVD)アイルランド、ダブリンが舞台です。ギターを弾き、歌をうたうストリートミュージシャンの男。そして、通りで花や雑誌を売っている女性。この2人が出会い、つむぎだされる物語。この映画の凡庸でないところは、つむぎだされるのがストーリーだけでなく、音楽で... 映画と本の『たんぽぽ館』【2009/08/31 22:40】

ONCE ダブリンの街角で

切ないけど爽やか! こういう淡い結び付きって胸キュンだわ~ 音楽の力や魅力も溢れていました。サントラ欲しい~ 監督:ジョン・カーニ... RockingChairで映画鑑賞【2010/06/22 16:56】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。