映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシュ
クラッシュを見ました。いい映画でした!

クラッシュ
サンドラ・ブロック ポール・ハギス ドン・チードル
B000EUMM98


「クラッシュ」というのは衝突とかぶつかり合うとかいう意味なんですが、
差別や偏見から来るぶつかり合い、愛するが故の心の衝突、車同士の物理的な衝突等
様々なクラッシュが描かれ、様々な人種・階層の人々が不思議なつながりを持っていて
色々なことを考えさせられました。
アメリカっていう国は今でも人種差別が激しい国なんだなということを改めて
感じたし、マイノリティーの立場・境遇は本当に身につまされるものがあります。
でも、日本にも偏見・差別はあると思うし、自分の中にも多分それに似た感情は
あるんだろうなと思いました(無いと信じたいですが)。結局、差別や偏見というのは
自分かわいさとその逆に自分と価値観の合わない人への敵意とか、相手(理解して
いないもの)への恐怖心、うまくいかない自分へのいらだちが他者に向かうという
ようなことから起こる感情なのかなと思うし、そういう感情は多かれ少なかれ
誰にでもあるのかなと思うからです。
でも、この映画の中でもひどい人種差別主義者や悪党がすごく優しくておもいやりの
ある部分も見せてくれたりしてホッとさせられます。が、まともに見える人、
社会的弱者等がふとしたきっかけでひどいことをしたりするシーンもあり、
ゾッとさせられもします。
とにかく脚本がよく練られているし、役者陣の演技もいいので、各シーンに
感情移入しながら見終わった後、色々考えさせられました。
やっぱり一番大切なのは、お互いを理解しようと努めることなのかなーと思います。
そして、自分とは違う価値観も認め、尊重すること。
自分もまったく出来てないことですが、少しはそういう風になれたらなと思います。
考えさせられる映画が好きな人は是非見てください。

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
深いですね
CDさん、こんにちは!
去年のアカデミー賞作品賞を受賞した映画ですね。
WOWOWで放送されたので録画しておきましたが、未見です。

なかなか深い内容が盛り込まれているようで、
それをCDさんはきちんと感じ取っているんですね~
中身の濃い感想になってると思います。

私はそこまで敏感にメッセージをキャッチできるかどうか
分かりませんが、そのうち観てみますね。
【2007/03/10 10:52】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


アカデミー賞!
そのようですね。実は見終わった後、ネットで調べていて気づいたんですが。
作品賞には少し地味かもしれませんが、脚本賞は大納得です。
全然理解力は無いですが、最近は少し前に書いたマグノリアやこの作品のように
誰にでも起こりうるようなエピソードを積み重ねて考えさせられるようなものに
惹かれるようです。(一番好きなのは単純明快なアクションやハラハラドキドキの
サスペンスです)
YANさんの感想がアップされるのも楽しみです。気長に待ってますね。(笑)

【2007/03/11 23:01】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!CDさん^^
私、CDさんがこの映画を観賞されてUPされていたのを
今日ここで初めて気が付きました。
ごめんなさいね^^
最初、この映画にサンドラ・ブロックが出演しているという情報で
観賞したんですが、彼女は主役というわけではなく、ほんの一部の
主人公たちの一人に過ぎなかったのには、驚いていたのですが、
この映画の大きな趣旨は人と人との感情や憎しみのぶつかり合い、人種差別
心の中に潜む、誰氏もが持つ、善と悪の心の揺らぎなどが
それぞれの主人公たちをうまく絡めて話が進んで行くところですが、
今でこそ、アメリカ社会は人種の坩堝、多種多様の混血で埋め尽くされているので
以前ほどの厳しい、徹底した差別では無くなったにしろ、マイノリティーの立場は
今なお、根深い問題が息づいているのでしょうね・・。
アカデミー賞受賞の作品は、やはり脚本が優劣を左右させるのかもしれませんね^^

では、では^^
また御邪魔いたします!
おやすみなさ~い。
【2007/06/17 23:52】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
ごめんなさいなんてとんでもない。それよりもよく
過去の記事にまでたどりついてくれましたという感じです。
ありがとうございます。
本当は映画タイトルのインデックスくらい付けたいんですが
やり方がわからず(というかよく調べてません)
ついそのままになってしまってます。

この映画、本当にいいですよね!
でも、読み返してみると、あんなに感動した「透明マント」のことに
全然触れてないことに気が付きました。
我ながら不思議です。
【2007/06/18 12:54】 URL | CD #- [ 編集]

初TB
CDさんのところに、TBしてみたくて、
この「クラッシュ」をブログにUPしました!
この映画は、CDさんに触発されて観たんでした~
以前にも語り尽くした気がしますが、
その掲示板の3月分はもう消えちゃって、残っていません。。。

人種差別問題ばかりではなく、
心の有り様が問題なんだと思った作品でした。
これは、観て良かったです。

さて、TBが上手くできるかな?
どうも出来ない時があるんですよ。
【2007/10/19 17:08】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
TBありがとうございます。
これは、本当にいい映画ですねー。
こういう、ちょっと考えさせられる系の映画の中では
かなり上位に来ます。
YANさんのおっしゃるとおり、心の有り様が問題なんだと
私も思います。
では、私もTBやってみますね。
【2007/10/19 23:16】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは、私のブログへのコメントどうもありがとうございました。
この作品はまずは、「クラッシュ」というこの映画をまさに的確に表現したタイトルですよね。
車の接触事故以外、他人と接触がもてない稀薄な現代を、様々な種類の物理的・
肉体的・精神的な「クラッシュ」を通じて、心の触れ合いを絶妙に描いた奥の深い
作品ですよね。さすがは、オスカー作品賞受賞作ですよね。
そして、ストーリーもキャストも見事でした。
それから、CDさんのコメントにある「自分とは違う価値観も認め、尊重すること。」
まさに仰るとおりだと思います。人間としてとても大切な視点だと思います。
さすが、CDさん!勉強になりました。
ということで、また、遊びにきますね。
【2008/05/13 21:35】 URL | ホーギー #- [ 編集]


ホーギーさん、こんにちは!
本当にこのタイトルは、内容をうまく表現してますよね。
そして、他人と接触が持てない稀薄な現代というのは、寂しいけどその通りですね。
他人とのクラッシュを恐れている部分と求めている部分、自分にもあると思います。
色々と深く考えさせる素晴らしい作品でした。

ホーギーさんは、ホメ上手ですね~。
いつも恐縮してしまいます。
気を遣わず、思ったまま書いてくれていいですよ。(笑)
【2008/05/14 13:06】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/17-249a8f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラッシュ

監督:ポール・ハギス製作:2004年 アメリカ出演:*ドン・チードル *マット・ディロン *サンドラ・ブロック人はぶつかりあう。  人は人を傷つける。 怒り、... Rocking Chair Blog【2007/10/19 17:09】

クラッシュ

本作品のキーワード : 『クラッシュ』  から生まれる 『心の触れ合い』 【公   開】 2006年 【時   間】 112分 【製 ... <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅【2008/05/13 21:18】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。