映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ
「グラン・トリノ」を観ました。相変わらず、イーストウッド監督作はいいですねー。
でも、出演はこれが最後という話もあるようで、寂しい限りです。この作品を観て
ますますそう思いました。

グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-09-16
売り上げランキング : 77

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

妻に先立たれ、一人暮らしの頑固な老人ウォルト。
人に心を許さず、無礼な若者たちを罵り、自宅の芝生に一歩でも侵入されれば、ライフルを突きつける。
そんな彼に、息子たちも寄り付こうとしない。学校にも行かず、仕事もなく、自分の進むべき道が分からない少年タオ。彼には手本となる父親がいない。
二人は隣同士だが、挨拶を交わすことすらなかった。

ある日、ウォルトが何より大切にしているヴィンテージ・カー<グラン・トリノ>を、タオが盗もうとするまでは ――。
ウォルトがタオの謝罪を受け入れたときから、二人の不思議な関係が始まる。
ウォルトから与えられる労働で、男としての自信を得るタオ。
タオを一人前にする目標に喜びを見出すウォルト。
しかし、タオは愚かな争いから、家族と共に命の危険にさらされる。

彼の未来を守るため、最後にウォルトがつけた決着とは――?(アマゾンより)

この作品、ストーリー的には割とよくあるタイプの話で、ラストも衝撃的というよりは
やっぱりそうかという感じの方が強かったんですが、それでもやっぱり面白い、というか
味わい深いですね。主演としてのイーストウッドの魅力が大きいと思います。
特に床屋の主人とのやりとりは最高でした。(あの主人ってプリズン・ブレイクの
憎ったらしい看守ですよね?)タオのおばあさん?とのやりとりも笑えました。
スーに招かれて初めて行ったパーティーでのうち解けてゆく感じも良かったし。
冒頭でも書きましたが、もっと出演作を観ていたいですね。
「チェンジリング」では一つのテーマとして母性のことを描いてましたが、この作品では
父性を一つのテーマとして描いてます。うまくいかなかった息子との関係をやり直す
ようにも見えました。
それと忘れちゃいけないグラン・トリノ。ウォルトの分身というか一つの象徴として
描かれていて、車種は違うとしても、(特に男なら)思い入れのある車はあるものだし、
タオとの関係性という意味でもうまく描かれてるなーと思いました。

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
銃の放棄
グラン・トリノ、よかったですねー。
自分の記事を見て思い出しましたが、今、せっせとイーストウッド作品を見直しているのは、この作品がきっかけでした。
クリント・イーストウッドにはものすごく銃が似合うんです。それはもう、西部劇でも、ダーティハリーでも。
でもこの作品、ライフルを構えるシーンはあるかもしれないけれど、結局イーストウッドは、指で銃の形を作るだけですよね。
ここに至ってついに銃を放棄した、というところにすごく意義があるように思うのです。
年月を感じます。
【2009/09/27 21:40】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


こんにちは。
グラン・トリノ!
もう最高に良い作品でした。
DVDになってるんですね。
これは、買いたいです・・・ でも、そうせなら、ブルーレイがいいかな・・・
それほど、好きな映画です。
【2009/09/27 22:26】 URL | 亮 #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんにちは!
この作品がきっかけだったんですかー。かなりの本数、見直されてますよね。
それだけ、この作品が良かったと言うこともあるんでしょうね。

>ここに至ってついに銃を放棄した、というところにすごく意義があるように思うのです。
私はあまり深く考えてませんでしたが、確かにそうですね。
基本的に、銃のある社会には反対なんですが、一方でハリウッド映画の銃撃シーンは
大好きで、アクション映画に銃器はかかせないと言っても過言ではないくらいなので、
自分の中でも矛盾を抱えてます。
そう考えると、ますます深くて意義があることのように思えますね。
【2009/09/28 11:02】 URL | CD #- [ 編集]


亮さん、こんにちは!
仰るとおり、いい映画でしたね。
買いたくなる気持ち、分かります。

ブルーレイですかー。私はまだ観たことがありません。
やっぱり、すごくいいそうですね。
【2009/09/28 11:05】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!
この作品、仰る通り、ストーリーはさほど、目新しいものではありませんでしたが、そこはイーストウッド監督作品。人の動作や、心の動きなどが丁寧に丁寧に描かれていましたね。
そして、主人公ウォルトの人間嫌い、東洋人嫌いの偏見を隣に住むタオ家族との交流で
次第に打ち解け、偏見も誤解も解けていく姿は、心打つものでした。
そして、ラストは究極の選択をした彼の心情に、涙を誘われました。
グラントリノという車は、よく知りませんでしたが、とくに男性は車の細部にまで愛情を注いだり、道具を磨いたりして、大切にしている方がよくいますよね。
命の次きに大切にしていた、グラン・トリノを一番信頼した人物に託したという思いも
散り方も、イーストウッド流で、素敵でした^^

それでは、また、お邪魔しますね^^
【2009/09/29 19:21】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
>人の動作や、心の動きなどが丁寧に丁寧に描かれていましたね。
そうですね。そういうところがうまいから、心打たれるんでしょうね。
タオ家族との交流で次第に打ち解けていくところ、私も好きです。
悪態をつきながらも徐々に理解していくところが微笑ましくて良かったです。
仰るとおり、グラン・トリノを一番信頼した人物に託し、
命を懸けてその家族を守った。あの人種差別的で頑固だったウォルトが、
力に頼らずに。
良かったですよね~。
【2009/09/30 13:45】 URL | CD #- [ 編集]

あのハリーが
↑で、たんぽぽさんも仰ってますが、私もそこがすごく深いなぁと思いました。
だって、イーストウッドと言ったら、ダーティー・ハリー=44マグナムじゃないですか!
ゴツイ銃の代表格みたいなのをぶっ放していたハリーが→アメリカン代表が→アメリカが、
ここにきて、銃を使う事の不毛さ・虚しさを口にし始めた・・・みたいに思えて。

私もラストは途中で予想がついたものの、だからシラケルってんじゃなく、そこからずっと泣き通しでした。
採寸してる場面でも、しゃくりあげるのを押さえるのに必死・・・(劇場鑑賞だったので)

ちなみに。床屋のオヤジは、ベリック刑務官とは違う俳優さんですよ~。 でもたしかに似てるね^^;
【2009/09/30 17:46】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
わさぴょんさんもたんぽぽさんと同じですか。
見方が深いですねー。
私は、「銃による解決になったら意味無いよなー」ぐらいにしか
思ってませんでした。予想通りで良かったです。
でも、44マグナムをぶっ放すハリーや荒野の用心棒が大好きな自分と
上のように思う自分との矛盾に悩みましたよ。

わさぴょんさんの言うように、アメリカが銃を使うことの不毛さを口にし始めた
って言えるように思います。オバマ大統領が核廃絶に向けて宣言したこともあるし、
実現できるかどうかは別として、時代は変わったなと思いますね。

やっぱり、ベリックじゃないですか。
役柄によって表情まで一変させられるのかと感心してましたが。
実は、わさぴょんさんのご指摘を期待してました。(笑)

【2009/10/01 11:05】 URL | CD #- [ 編集]


こんにちは。
こちらの記事をみて、DVDでもう一度見ました。
二度目でストーリーもわかっているのに、感激の涙が!!!
良い作品ですよね。
こちらの記事を見て、もう一度見ることになってよかったです。
感謝。
【2009/10/10 07:33】 URL | 亮 #- [ 編集]


亮さん、こんにちは!
この記事がきっかけでもう一度観てくれたとは。
こちらこそありがとうございます。
この作品はストーリーだけで感動させるというタイプではないので、
再鑑賞してもより深く味わえますよね。
良い作品でした。
【2009/10/13 10:37】 URL | CD #- [ 編集]


CDさんこんばんは

息子たちに恵まれなかったウォルトは
本当にタオ一家によって新しい何かを見つけたんですよね
そしてそれはどうしても守りたかった
そして、一番大切なものをタオに残したと思うんですよ
暴力に暴力は無意味だということ
こんな街に移民してきて、暴力に耐えて、暴力の中でみてきたアメリカ
それをくつがえすウォルトの行動

最期幸せそうにみえたんです・・・わたし
【2009/10/13 21:32】 URL | 雨里 #yl2HcnkM [ 編集]


雨里さん、こんにちは!
そうですね。
息子達との関係をうまく築くことが出来なかったウォルトも
タオと出会うことによって、やり直そうとしたんじゃないかなー
とも思います。
だからこその最後の決断だと思うし、雨里さんの言うように
私も幸せそうに見えました。

暴力に暴力、憎悪の連鎖、こういったものを断ち切る世の中にしたいものです。
【2009/10/14 14:15】 URL | CD #- [ 編集]

こんにちは!
指で銃の格好をするのは、上手く物語の伏線になってましたね。
あれがあったので、チンピラたちは
ウォルトは絶対に銃を撃つ男だと思い、
あの状況で発砲したんだものね。

皆さんも、ダーティハリーの話をされてますが、
イーストウッドの経歴と主人公を上手く重ね合わせたところに
すごく深さが出てましたね~

それと、感動をぶち壊すようですいませんが、
ウォルトは息子たちとやり直したいと思ってたのかな?

懺悔はしたけど、あれは神父さんへの義理みたいな・・・
肝心な事は何も言ってなかったと思います。

結局、遺言でも息子たちには何も遺さなかったでしょ。

【2009/10/16 18:24】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
チャットのようなタイミングですね。(笑)

そうですね。うまい伏線になってましたね。
関係ないと思うけど、指で銃の格好をするシーンは
ミスティック・リバーを思い出しました。

>イーストウッドの経歴と主人公を上手く重ね合わせたところに
すごく深さが出てましたね~
そうですよねー。
と言いつつ、全然深く考えてなかった自分が恥ずかしい。
でも、コメントのやり取りをしている内に、そう思いながら
観てたような気になっちゃいました。(笑)

確かに遺言で、息子達に何も残さなかったですね。
かなり苦々しく思ってたのは随所に現れてたし。
それでも、息子達との関係をうまく築けなかったことに対する
懺悔の気持ちは本当だと思います。
この作品は、ある意味父親と息子の物語だと思うんです。
その息子が実の息子よりもタオに傾いてはいたけど。
うまく言えないなー。
まー、自分が父親だから、思いっきり偏った見方かも知れないですね。(笑)
そういう見方になってしまったせいか、涙が出るような感動と言うよりは、
私にとっては共感という感じの作品でした。
【2009/10/16 18:49】 URL | CD #- [ 編集]

つづき
CDさん、こんにちは!
言いたい事は分かります。
私も6時過ぎて時間がなく大雑把に書き過ぎたけど、(すいません)
本当は息子たちと上手く関係を築けなかった事は
残念に思っていたし反省もしてたんだと思います。

それが出来なくて、タオに対して父親のように
いろんな知識を教えたんでしょうね。
自分の生き様や信念を次の世代に伝えておきたかった。
そこがCDさんの言う、父親と息子の物語ではないかな?

そう言う意味では懺悔の気持ちは本当でしょう。
ただ、最後に神父さんのところに行ったのは、
妻の念願であった事と、神父さんにシンパシーを感じ
最後に会っておきたいと思ったのが大きかったかなあと思い、
「義理」と雑な言葉を使ってしまいました。

親子の関係を上手く築けなかったのは悔いが残るものの、
現在の息子たちに対しては、もう気持ちが離れてましたね。
お前たちはお前たちで、新しい生き方をしていってくれ・・・みたいな。
自分の思いが伝わる相手ではないと思っていた気がしました。
【2009/10/17 17:30】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!遅くなってすみません。
再コメントありがとうございます!

もしかして、珍しく私が自説を曲げなかったので(笑)、
書き方が悪かったかな?とか、気を遣ってくれたんですか?
YANさんの性格上(と私は思っている。そして私も似てる。笑)、
何となくそんな気がしたのですが、解釈が違うのは全然気にしないでくださいね。
でも、こうやって再コメントくれるのはすごくうれしいです。
再コメントってブログやってて一番うれしいです。
そういう自分はあまり再コメントしなくて申し訳ないんですが。

この映画の解釈についてもよく分かりましたよ。
最後まで読んでも自分ともかなり近いし、多分監督の意図するところも
そうなんだと思います。
ただ、ウォルトになっていた私としては(笑)、息子への思いも
残っていたということです。
私は、YANさんとは趣味も考え方もすごく似ているので、
微妙に違うことがあると逆に面白いなと思ってますよ。
【2009/10/19 10:31】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/176-234290c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラン・トリノ

典型的頑固親父の下した決断             * * * * * * * * ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は 朝鮮戦争の帰還兵であり、元フォード車の自動車工。 今は年金暮らしですが、長年連れ添った妻を亡くしたところ。 しかし、?... 映画と本の『たんぽぽ館』【2009/09/27 21:29】

「グラン・トリノ」・・・94.5点

フォード・トリノ/グラン・トリノ/エリート 1972-76←適当な画像が探せなか 旧作をねらえ!in TSUTAYA  【わさぴょんの映画鑑賞日記】【2009/09/30 17:33】

グラン・トリノ

2008 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド     ビー・ヴァン     クリストファー・カーリー      GW何観る?... 雨里部【2009/10/13 21:33】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。