映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフ
「レッドクリフ」1,2を観ました。

【初回生産限定】レッドクリフ Part I & II DVDツインパック【初回生産限定】レッドクリフ Part I & II DVDツインパック

エイベックス・マーケティング 2009-08-05
売り上げランキング : 415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本でも高い人気を誇る『三国志』を、ジョン・ウー監督が完全映画化!西暦208年。天下統一を掲げる曹操は、対抗勢力である劉備軍に大軍をもって襲いかかる。敗走を余儀なくされた劉備軍の軍師・孔明は、呉の孫権軍との同盟を劉備に進言し、自ら使者として孫権の許へと向かう…。(アマゾンより)

この作品、興行成績は勿論、評判もかなりいいようだし、ジョン・ウーも好きだから
ということで、かなり期待して観たんですが、それがよくなかったのか私には
今ひとつな感じがしました。
孔明と周瑜との関係とか、戦闘シーンとかそれなりに面白かったんですが、
見終わった感想としては正直まあまあという感じでした。(笑)
「グラン・トリノ」「鬼が来た」と相当見応えのある映画を続けて観た後だったのと
ハードルを上げすぎたのがよくなかったのかな?
リン・チーリンはきれいだったなー。でも、演技なのか演出なのかちょっとイマイチな
気も。やっぱりジョン・ウーは男を描いてこその監督だと思いました。
ちなみに、ジョン・ウー作品では何と言っても「男たちの挽歌」シリーズが断トツに
好きで、ハリウッドに来てからだと「ブロークン・アロー」が一番好きですね。
あのトラボルタは最高です。こんな締めですみません。

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

『グラン・トリノ』『鬼がきた』ハードル高すぎです^^;
観どころのジャンルが違うんですよ~
こちらは心の機微ではなく、壮大な戦いを楽しむ作品ですから★

そういえば私『男たちの挽歌』観てないんですよね~
スミマセン。(←観る気なし)
え、なんでって、チョウ・ユンファが好みじゃなくって・・・(こんな理由でドメンナサイ)
【2009/10/14 20:44】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


そうそう、ハードルあげすぎですよぉ、
と言いつつ私も映画館で観なかったら面白くないかも!?
という気はしていたので、きっちり映画館でみたもんです。

どっちかというと、パート1のほうが面白かったですね。
2はちょっと内容薄かったような。
獅童くんの「火薬入れすぎ」のシーンは、挽歌を思い出して
面白かったけど。
【2009/10/14 22:00】 URL | ぴむ #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
そうですよね。見所のジャンルが違いますよね。
でも、わさぴょんさんも1回目は寝たって書いてありましたね。(笑)

えーっ、わさぴょんさんともあろうお方が「男たちの挽歌」を観てないんですか?
最高なのにー。チョウ・ユンファがまた渋かった。
わさぴょんさんが男だったら、無理にでも見せたいところです。(笑)
【2009/10/15 16:39】 URL | CD #- [ 編集]


ぴむさん、こんにちは!
やっぱりハードル上げすぎですよね。(笑)
映画館で観たら、また違ったんでしょうね。

パート1の方が一般的にも評価は高いようですね。
ストーリーから言ったら、2の方が当然面白いはずだと思うんですが、
これも不思議なところです。
「火薬入れすぎ」はちょっと面白かったです。
でも、1,2を続けて観たせいか、獅童君の眉毛が1では極細だったのに
2ではちょっと太くなっていて、そっちに気をひかれちゃいました。(笑)
【2009/10/15 16:51】 URL | CD #- [ 編集]


CDさんこんばんは

ハードルあげすぎってみんなに言われてますね(笑)
あげすぎかどうかはわかんないけど・・・やっぱあげ過ぎか??

私は、中国映画嫌いだし、三国志全然わかんねーってシブシブ行ったので
思ったより解かりやすくというか、あんだけ解説してくれたら
バカでも解かるし・・・・
それに、戦闘シーンでイケメンでないのにカッコよかったので
新しい発見でした

しかし、これから先中国映画(香港映画)を観ようかといったら
全然その気はありませーーーん

男の人は結構、三国史知ってるのかな??
一緒に行った男性も自分の描いてた三国史のキャラと違ってたようで
不満そうでした
【2009/10/15 21:02】 URL | 雨里 #yl2HcnkM [ 編集]


雨里さん、こんにちは!
言われちゃってますね。(笑)
勿論、「グラン・トリノ」や「鬼が来た」を観るようなつもりでは
なかったんですが、面白いと思うはずなのにそうでもなかったことの
原因はそれなのかな?なんて思ったんです。

中国映画は嫌いなんですか?
でも、「鬼が来た」は凄いですよ。
中国映画に対する印象も変わると思うし、未見だったら
是非観てみてください。
>全然その気はありませーーーん
やっぱ無理かな?(笑)

三国志はマンガとかで若干の知識がある程度です。
国の名前とか、主要人物の名前ぐらいですね。


【2009/10/16 10:15】 URL | CD #- [ 編集]

1.2と連続は良かったですね
CDさん、こんにちは!

三国志に思い入れがあるかどうかでも
かなり感想が違ってくる作品ですよね~
↑の話だと、CDさんはそれ程興味があるわけでも
なさそうなので、食いつきも弱かったのでは?

そう言う私も特に三国志好きじゃないんだけど、(^_^;
旦那と息子が大好きでよく話しているから、
それはどんなもんか?みたいな興味があったんですよね。

「・・・の晩歌」ってタイトルの観た気がするけど、
チョウ・ユンファは出てた記憶がないから違う晩歌かも・・・( ̄∇ ̄*)ゞ
【2009/10/16 18:05】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!

そうですねー。三国志への思い入れはそんなにないですね。
確かにそれも影響してるかも知れません。
興味がないことはないんですが、現状ほとんど知らないという感じです。
でも、この映画は三国志の内容とはだいぶ違うらしいですね。
その違いとか、共通してるところが分かるとまた面白いのかもしれません。

YANさんも「男たちの挽歌」は観てないんですか。
あまりメジャーじゃないんですね。
完全に男の世界の映画だからかな?
若い頃に観てしびれまくったんですけどね。
【2009/10/16 18:23】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/178-2d3ab82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。