映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と悪魔
「天使と悪魔」を観ました。やっぱり、このシリーズ好きだな~。

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-10-28
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カトリック教会の新しい教皇を選出するコンクラーベの開催が迫るヴァチカンで、候補者の枢機卿たちが誘拐される。
犯人はスイスの研究所から恐るべき破壊力を持つ“反物質”を盗み出し、ヴァチカンの爆破をも企てていた。宗教象徴学者のラングドン教授は、ヴァチカンの依頼を受けてこの事件の調査を開始。
教会に迫害された科学者たちが創設した秘密結社イルミナティとの関連性に気づいた彼は、美人科学者ヴィットリアの協力を得て、謎に満ちた事件の真相を追うが―!? (アマゾンより)

この作品は、アマゾンのレビューとかを読むと、賛否両極端のようですね。
今作もダ・ヴィンチ・コード同様、原作を読んでから観たんですが、相変わらずツボを
押さえた好演出だなーというのが私の感想です。
勿論、内容的にどっちが充実しているかと言えば圧倒的に原作なんですが、それは
情報量が全然違うので、比べても仕方がないかなーと個人的には思います。
2時間強という制約の中で、いかに映画として面白く見せるかという点では十分成功
していると思いました。
もっとも人物像の掘り下げが浅い(というかほぼない)、セルン・反物質に関する描写
も弱い、謎解きも単純すぎる等言い出せばきりがないんですけど。(笑)
でも、ヴァチカン、イルミナティ、反物質といった要素を絡めつつ、タイムリミット
サスペンスとしてすごく面白かったです。実際の教会や彫刻作品等を目で見ることが
できるという楽しみもあるし。それに、前作では自分の中で違和感があったトム・
ハンクスが、今作では慣れたせいもあってか、かなりしっくり来ました。
あと、コンクラーベの進行役の枢機卿?役の人が個人的にはすごく良かった。他の作品
でも観た記憶があるんだけど、誰だっけ?

この映画を面白いと思った人で読書好きの人なら、原作天使と悪魔は絶対面白いと思います。
是非おすすめします。

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

コレに便乗したタイトルの映画がめっちゃくちゃ出まくってますよね~
「悪魔と天使」とか「天使VS悪魔」とか^^;

今作、面白いんでしょうけど、あんまり観る気しないです・・・
ダ・ヴィンチコード観て「そんな世間が騒ぐほど面白いかなぁ?」って思っちゃったから☆
そう、あのトム・ハンクスの髪型もしっくりこないし(´д`)
ラストもはぁ~?だったし・・・
【2009/11/06 20:32】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
似たタイトル、出まくってますね。(笑)
これに限らず、ヒット作が出るとすぐに似たタイトルの作品が
やたらと出るのはどうかと思います。

わさぴょんさんはこのシリーズ、ダメみたいですね。
前作がダメだったらこれは観ない方が無難かも。
私にとってのレッドクリフみたいな感じかもしれませんね。(笑)
【2009/11/06 22:16】 URL | CD #- [ 編集]

今、本を読んでるところです
CDさん、こんにちは!
私もこのシリーズは知的センスがあって好きです。
(自分が無知だから勉強になる気がするんです)

本は上中下の中のところなんですが、最初に死体が出たきり、
2人目の死体が全く出てきてないんですよ。
蘊蓄というか情報量が多いので話の進み具合が割とゆっくりですよね。

「ダ・ヴィンチ・コード」の時もそうだったけど、
本ではイマイチ掴み切れない建物の構図とか場所の位置関係など
(一応、本にも見取り図があるけど)
映像で確認できると、すごく納得できますよね。
だから、本作もDVDで観るのをすごく楽しみにしています!
【2009/11/07 10:29】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

根性
CDさん、こんばんはー。
私も、「ダ・ヴィンチ・コード」より、むしろこちらの方が、面白く感じました。
限られた時間の中で、動き回らなければならないという今回のテーマが、映画的にしっくりきたように思いました。
今時の大学教授も、体力勝負ですね・・・。
同じ時間で、あれだけの殺人現場を仕上げなければならない犯人側も、すごい根性だ・・・と、改めて思ったりして。
【2009/11/07 22:02】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
今原作を読んでるところなんですね。
このシリーズは、本からか映画からかという順番も
映画の見方も好きなポイントもよく似てますよねー。
だから、今作も多分本も映画も楽しめると思いますよ。
でも、話の進み具合、ゆっくりだと思いました?
私は、まったくそんな感じは受けませんでした。
最初から最後までずっと面白かった記憶があります。
【2009/11/08 00:51】 URL | CD #- [ 編集]


たんぽぽさん、こんばんは!
ダ・ヴィンチ・コードはあまりにも原作の情報量が多すぎたし、
推理部分がメインだったけど、今作はサスペンスとかアクションの
要素が多い分、映画向きかもしれませんね。
犯人側の根性はすごいですよね。
というか、多分物理的に不可能だと思うけど。(笑)
【2009/11/08 00:54】 URL | CD #- [ 編集]

おはようございます。
コメント頂き、ありがとうございました!
映画「ダ・ビンチコード」はいま一つのれなかったのですが、本作の原作をわくわくしながら次はどうなるのか待ちきれない思いで、3巻をあっという間に読み終わって映画の公開を楽しみにしてました。
多少の不満はありますが、原作を読んでいたので、足りない部分を補いつつ、文字で想像しながら読んでいたのを映像で見せてもらい、「実際の教会や彫刻作品等を目で見ることができるという楽しみ」を満喫しました。
映画かきっかけでベルニーニの作品を扱ったTV番組がありましたが、彼の彫刻って素晴らしい!し、サン・ピエトロ寺院の仕掛けも凄いです。
この映画を見てからイタリアに行きたかった~と強く思いました。
【2009/11/25 09:29】 URL | ryoko #- [ 編集]


ryokoさん、こんにちは!遅くなってすみません。
原作は、本当にあっという間に読める面白い作品でしたよね。
そこからすれば当然不満も出てきますが、ryokoさんも賛同してくれたように
映像で観る楽しみを満喫できるというのは大きいですよね。
恥ずかしながらベルニーニはこの作品で初めて知ったんですが、
素晴らしいですよね。彫刻にしろ教会にしろ、美しい上に魅力的な
謎も詰まっていて色々と興味を惹かれます。
ryokoさんは、(映画を観る前に)イタリアに行ったことがあるんですよね?
私は一度もないので、是非行ってみたいと思いました。
【2009/11/26 15:43】 URL | CD #- [ 編集]

今年初コメント
CDさん、こんにちは!
今年もまたよろしくお願いしますね★

私、↑以前にもこちらで、「死体死体」と書いてるんですね。
自分の感想でも同じ事書いてます(^▽^;)
それから小説で話の進み具合がゆっくりに感じた理由も。
一時間が半日くらいに感じられました。
(それくらい内容が詳しいという事です)

映画は謎解きをメインにした娯楽作品として
面白くまとめてましたね!
スピード感のある展開では映画、
人物描写では小説が良くて、
両方合わせて、とても楽しめました。
【2010/01/09 16:10】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

二人目の死体が出るまでの時間が相当気になったようですね。(笑)
ミステリだとバンバンと殺されてナンボ的な部分もありますが、
私の場合、この作品に関してはそれ程じれったい感じは無かったです。

>スピード感のある展開では映画、
人物描写では小説が良くて、
両方合わせて、とても楽しめました。

本当にそうですね。基本的に、YANさんとは感想がよく似てると
思いますが、このシリーズでは特にそう思います。
二人とも原作から読みたくなるし、映画はある意味別物として
楽しめるし。

次作も楽しみです。
【2010/01/11 00:56】 URL | CD #- [ 編集]

あれあれ??
CDさんこんにちは
昨日TBしたときにコメントしたと思ったのに、
私・・・どこに書きこんだんだろ??ないわ
もう一回書こうっと

トム・ハンクスに違和感・・・は慣れたというより
今回あまりどの人も飛びぬけて目立った作りじゃなかった様な・・気がするからかな?
追うがわより、ずーっと犯人に踊らされてる感が強くて
トム・ハンクスが小さく見えました

一緒に図書室に閉じ込められた彼が印象的でした
あとコンクラの進行役のおじさんは
よく私の職場にみえるお客さんに似てます(笑)

原作もおもしろかったし、映画は映画的に良い部分を生かした作品になってて
思いのほか面白かったです
【2010/01/13 17:35】 URL | 雨里 #yl2HcnkM [ 編集]


雨里さん、こんばんは!
私もコメントしたのに反映されてなかったっていうこと
ありました。再コメントありがとうございます。

言われてみれば、トム・ハンクス中心という作りでは
なかったかもしれませんね。前作はすごく「違う、ラングドンじゃない」
という気持ちが強かったんですが、今回はあまりそう感じず
素直に観ることができました。

おー、あのおじさん、お知り合いでしたか?(笑)
いい味出してましたよね。

そうそう、原作は勿論ですが、映画もうまい作りで面白かったです。
【2010/01/14 00:50】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/184-32fe2a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天使と悪魔

謎を解き、火の中、水の中・・・            * * * * * * * * ダヴィンチ・コードに継ぐ、ラングドン教授のシリーズ第2弾。 本は、こちらの方が先に出版されているのですが、 この映画では、ダヴィンチ・コードのあとの話ということになって... 映画と本の『たんぽぽ館』【2009/11/07 22:03】

天使と悪魔

「ダ・ヴィンチ・コード」でお馴染のロバート・ラングドン・シリーズ。 歴史ロマンとミステリーを絡めた面白い作品になっていました。 監... RockingChairで映画鑑賞【2010/01/09 16:13】

天使と悪魔

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD](2009/10/28)トム・ハンクスユアン・マクレガー商品詳細を見る 2009 アメリカ 監督:ロン・... 雨里部【2010/01/12 21:57】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。