映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・レノン・ミュージアム
先日、悲しいニュースがありました。
ジョン・レノン・ミュージアムが閉館するというんです。
http://www.taisei.co.jp/museum/index.html

皆さんは、行ったことありますか?
私は2回行きました。
2回行って2回とも泣きました。。
いい歳したおっさんなので、表面張力を最大限に使って
こぼれ落ちないようこらえてましたが。(笑)
でも、ミュージアムに行って涙が出るなんて、めったにないことですよね?
それぐらい私にとっては、素晴らしい場所です。

このミュージアムの泣き所。
まず、ここでは入ったらすぐにビデオを観るんですが、そこで既にポロリ。
そして、館内を回った最後に、ジョン・レノンからの様々なメッセージ(歌詞の一部を
和訳したもの)が壁中に書かれている部屋(ファイナル・ルーム)があるんですが、
ここでしばし、ボーッとしながらメッセージを読んでいると徐々にこみ上げて
くるんです。なんか心がリセットされるような癒やされるような気にもなります。

勿論、館内の展示もファンにはたまらないものが色々あります。
特に私が好きなのは、ジョンとヨーコの出会いのきっかけとなったものです。
それは、部屋の片隅にある、天井に向かって伸びている階段(脚立?)です。
その階段を上っていくと、天井に小さく「yes」と書いてあるんです。
ビートルズがあまりにも成功しすぎてしまった為に、逆に孤独感を抱え
社会やマスコミ、メンバーに対してまで対立・反抗する気持ちが膨れあがっていた
ジョンにとって、その言葉は一瞬で恋に落ちてしまう程のインパクトが
あったんだろうなとか考えてしまいますね。
「yes」という言葉も、「よく素直に上ってきてくれたね」とか
「今のままのあなたでいいのよ」とか「あるがままを受け入れてね」とか
色んな意味に取れそうだなーと思ったり。
ソロになってからのジョンの歌詞に、肯定することや受け入れることの大切さを
歌ったものが多いように感じるのも、この影響かなと思ったり。

これに限らず、色んな展示物からその時々のジョンのことを想像するのは
ファンにとってはすごく楽しいです。
閉館が決まってしまったので、難しいとは思いますが、できれば存続して欲しいし、
一人でも多くの人に行ってもらいたいなと思います。

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
残念ですね
CDさん、こんにちは!
このニュースはテレビで見ました。
ミュージアムの存在は知ってましたが、
どこにあるのかも知らなかった・・・(^_^;
ニュースで都心から離れてたんだ~と思ったんだけど、
CDさんは2回も行ったんですね!
そして、ジョンの魂に触れて様々な思いが
自然に胸に込み上げてきたんですね~

ヨーコのアートの「yes」は、
たった一言に多くを含む事ができて奥が深いなあ。
否定より肯定のほうが難しくて、
しなやかさや大きさがないと肯定できません。
2人の出会いのエピソード、まさに芸術的でステキ♪

【2010/02/15 18:21】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
ジョン・レノン・ミュージアムは、さいたまスーパーアリーナ内に
あるんですよ。ここがまた、新幹線で東京まで行ったとしても
その先が結構あって大変なんです。
なので気軽に行ってとは言えませんが、もしも近くに行くことがあったら、
YANさんには行って感想を聞かせて欲しいな~とちょっと思います。

実際、ヨーコがどういう意図で書き、ジョンがそれを見てどう思ったかは
分かりませんが、色々と想像できますよね。
実は、多くのビートルズファン、ジョン・レノンファンの例に漏れず、
私もはじめはヨーコが嫌いでした。
でも、色々と知っていくと、なかなかの人物だなーと思いますし、
ジョンとは切っても切れない存在なのかなーとも思うようになりました。
そのきっかけになったエピソードです。
でも、ヨーコと出会わなかった場合の、ジョンのビートルズ以降も
聴いてみたかったりして。(笑)
【2010/02/16 09:56】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/189-947db759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。