映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家の品格/藤原正彦
今日ご紹介するのは、かれこれ5年程前の大ベストセラー、
それを何で今頃?という声は聞かないことにして紹介しちゃいます。

国家の品格 (新潮新書)国家の品格 (新潮新書)

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 1340

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論。(アマゾンより)

さすがにベストセラーですね。アマゾンのレビューが628件もありました。(そこに感心。笑)
中には、笑っちゃうくらい痛烈に批判しているのもあって、レビューを読んでるだけでも面白い。
私はと言えば、過激で断定的な言い方も多いし、確かに100%納得できる内容ではないけど、
読んで良かったなーというのが一番の感想です。

例えば、最近すごく疑問に思っている、欧米型の論理的思考や経済至上主義的なことに対する
批判はもっともだと感じました。特に出発点が間違っていたら、その後の論理が正しければ
正しい程、より間違った方に行ってしまうというような部分とか。適当な例ではないかも
しれないけど、「会社は株主のもの」という考えとかって、やっぱりおかしいと思うんですよね。

後は、日本人が古来から持っている、情緒とか自然を敬う気持ちの素晴らしさにも納得でした。
そして、全体を通して日本人であることの誇りが持てるというのは、やっぱりいいと思います。

最近、仕事関係の人との話がきっかけで、世の中のことを知りたい気持ちが強くなっています。
例えば、何故宗教的、民族的対立は無くならないのかとか。その為に世界のことを知ろう、
歴史を知ろう、その前に日本のことを知ろう・・・というキャンペーンを展開中です。
勿論、ひとりで。ひっそりと。すぐマイブームも去ると思うけど。(笑)
で、遅ればせながら、読みやすそうなこの本を読んでみました。今は「武士道」を分かりやすく
現代語訳したものを読んでます。挫折しなければ、次のご紹介したいと思ってます。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント

こんばんは!
これ以前読んだ事がありますが、
ほとんど内容を忘れていました(^^A
CDさんの丁寧な記事の内容を読ませていただき
「あ!そうそう。。そんな事も書いてあったな」と
思い出しました^^
もう一度読み直してみたくなりました^^
武士道精神・・そうですよね。
日本人が日本人たる所以、根本に立ち返り
堂々と日本人として生きていきたいもんですね^^
【2010/03/19 20:35】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
私もなんとなくぴーちさんが記事にしていたの、覚えてます。
確かぴーちさんは女性の品格も記事にしてませんでしたっけ?
(すごくうろ覚えで、違ってたらすみません)
また読みたくなったなんて、ありがとうございます。

今更読むのもどうかと思ったんですが、ベストセラーだけあって
ほぼ新品同様のものが100円で売っていたので、買ってしまいました。
こういうとき、ありがたいですね~、ブックオフ。(笑)
堂々と日本人として生きる。本当にそうありたいものですね。
【2010/03/19 22:22】 URL | CD #- [ 編集]


覚えていてくださったんですか^^
嬉しいです♪
自分ではいつ読んで、何処のブログへ記事を書いたのか
自体も忘れてしまっています(><)
もう一つのブログにもCDさんは
いつもご訪問してくださっていたのに、閉鎖してしまいまして
申し訳ありませんでした(><)今更・・・^^;
女性の品格の方がまだ、記憶に新しいので覚えているのですが、
こちらの本、今、家の中を捜索中です(汗)
先日、本棚を配置換えした際に、何処かへ紛失してしまいました。。
見つけたら、また、読んでみたいとおもいます^^
ではでは!!
【2010/03/24 19:46】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
再コメントありがとうございます!

覚えておりますとも!
(勘違いじゃなくて良かった・・・笑)
あれだけたくさん記事を書いていたら忘れるのも
無理もないと思いますよ。
本って失くなる訳ないと思うのに、不思議と失くなりますよね。
私も最近2冊程、買ったはずなのに見あたらないという本があります。
見つからないと余計読みたくなったりするので困ります。
かといって、もう一冊買うのも悔しいし。
どこに行ったんだろ?
【2010/03/25 15:05】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/193-d4aa3c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。