映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド
これも今頃感はありますが、「ディパーテッド」をご紹介します。と言っても観たのは2ヶ月近く前なので
忘れかけてますが。(笑)

ディパーテッド 特別版 (初回限定版) [DVD]ディパーテッド 特別版 (初回限定版) [DVD]
ウィリアム・モナハン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-06-08
売り上げランキング : 21673

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

幼い頃から貧困と犯罪が渦巻く中で育ったビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)。優秀な警察官となったビリーは、その生い立ちを買われ、マフィアへの極秘潜入捜査を命じられる。彼の任務は、捜査官たち(マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン)と連絡を取りながら、マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)の信用を得て、組織を内部から壊滅させること。一方、同じく優秀な若手警察官であるコリン・サリバン(マット・デイモン)はマフィア撲滅の特別捜査課(SIU)に配属される。署内でも人望の厚いコリンだが、その正体はコステロが警察内部に送り込んだスパイだった…。(アマゾンより)

これは、オリジナルの「インファナル・アフェア」がすごく面白かったので、リメイクはあまり
観たくないなーと思い、ここまで来てしまいました。
感想は微妙ですね。オリジナルを知らなかったら、すごく気に入ってたと思います。まず、のっけから
「ギミー・シェルター」。この反則級の超メジャー曲を持ってきて違和感なく引き込むのは
やっぱりスコセッシのセンスなのかなーと思いました。ニコルソンもうっとうしさの一歩手前で
なかなかの存在感を見せていたし。全体的にスタイリッシュなアメリカの映画になっていて、
これはこれでいいなと思いました。

でも、やっぱりオリジナルと比べたら物足りないんですよね。無間地獄という、生きながら
地獄のような苦しみが永遠に続くようなヒリヒリした感じや苦悩はそれ程強く無いし、
トニー・レオンの、いつバレて殺されるかも分からないし、マフィアの一員として誰かを殺さなきゃ
いけないかもしれないし、自分のことを証明してくれる人もほんの一握りしかいないという
苦しさを観られないところなんか。

役者陣の評価は高いようですが、私にはマット・デイモンはちょっと合わない気がしたし、
マーク・ウォールバーグも意味不明な感じでした。あとあの女医の存在も、ただの軽い女にしか
見えなくて(女優の問題ではないけど)ちょっと興ざめでした。ラストもちょっとどうかなと思うし。
見終わった直後は、なかなか面白かったなーと思ったんですが、こうして書いてみたら不満の
方が多いですね。(笑)でも、これがダメというより、オリジナルが素晴らしかったという
方が当たってる気がします。
これが面白くて、オリジナルは未見という人がもしいたら、是非観てください。
スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

>これが面白くて、オリジナルは未見という人がもしいたら

私もすでに細かいトコは覚えてないんですが(^^;
けっこう面白かった記憶があります。
で、オリジナルのほうは未見です。
オリジナルがめちゃオモシロイと評判なので、ソッチをみてみなくちゃ、と思いつつ
どうもついつい後回しに・・・
「皆が面白いって言ってるなら、もう私は観なくてもいいか」みたいなアマノジャク精神で☆
(あと、俳優さんの見た目がソソラレナイというのも大きい)

【2010/03/06 19:23】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
これが面白くてオリジナルが未見ですか。
是非観てください!
ハリウッド版の方が女性受けはしそうな気もしますが、
わさぴょんさんの感性なら楽しんでいただけると思います!(笑)
でも、そのアマノジャク精神、私も持ってたりします。(笑)
俳優の見た目で言うと、特に潜入捜査官の上司はまったくそそられないと
思いますが、観ていくうちに段々格好良く見えてきて痺れました。
【2010/03/08 10:25】 URL | CD #- [ 編集]

こんにちは!
私はCDさんとわさぴょんさんのちょうど中間に位置すると言うか、
オリジナルを観たけど、かなり忘れていたので、
こちらのリメイクも楽しめました。(^^;

でも、CDさんの言うように、
全体的に苦悩や切羽詰まったものの描写は弱くて、
スタイリッシュなムードに仕上がっていましたね。
いきなり「ギミー・シェルター」なんだもんね~\(^▽^)/

で、オリジナルのほう、テレビで続編2と3をやっていて
観たんだけど、それはあまり面白いと思いませんでした。
(内容はやっぱり覚えてないけど、面白かった印象がない)
【2010/03/08 17:27】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
YANさんは両方ともご覧になったんですね。

私は珍しく結構覚えてたんですが、こちらも楽しめたのは
間違いなんです。
でも、やっぱりスタイリッシュさが先行して物足りなさはあったんですよね~。
焦燥感みたいなものはあまり伝わらなかったし、何となく説得力に欠ける
気がしちゃったんですよ。
2,3作目も面白かったんですが、1作目と比べたらやっぱり落ちますね。

ギミー・シェルターにはやられましたね~。
ドームのジャンピング・ジャック・フラッシュの時も
一気に高揚しましたが、こんな凄い曲をいくつも持ってる
ストーンズってやっぱり凄い!
【2010/03/08 18:38】 URL | CD #- [ 編集]

あっ!!更新してる
CDさんこんばんは~

そーなんす←ふっ古い
これオリジナルが良すぎですよね
マットが悪いわけではないわー
といいたいけどレオはそれなりにはまってた気がするんですよねぇ
私も、公開時に劇場で見ただけだからかなり忘れたけど

マークはよくやった!!とその時は思ったですが
なんとかオリジナルと違う所をってことでつけた落ちだったんでしょけど・・・


あっ!!CDさん朗報です
電王また映画です
でも、もう子供も大きいし・・・
だれか男の子を貸してください
【2010/03/10 21:00】 URL | 雨里 #yl2HcnkM [ 編集]


雨里さん、こんにちは!

>あっ!!更新してる
何を言ってるんですか。ブログは更新してナンボですよ。(笑)

オリジナル良すぎますよねー。
だから、リメイクも面白し、比べてしまえば物足りない。
マットは、元々ワルだっていう部分があまりにも無さ過ぎる感じがしました。
レオもトニー・レオンに比べると、苦悩というか切迫感が
薄かったように思ってしまいました。
二人とも好きな役者だし、悪くは無かったんですけどね。

マークは、レオに対する突っかかりぶりとか、存在自体に
違和感を感じました。演技の問題ではないと思うんですけど。
ラストもやり過ぎ感が・・・。
う~ん、どうしても厳しい目になってしまう。

朗報ですねー。
やっぱり「我が電王は永久に不滅です」ね!
私と一緒に、気長にDVD化を待ちましょう。(笑)
【2010/03/11 11:22】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/194-b462611a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ディパーテッド

監督:マーティン・スコセッシ 製作:2006年 アメリカ 出演:*レオナルド・ディカプリオ *マット・デイモン *ジャック・ニコルソン... RockingChairで映画鑑賞【2010/03/08 17:29】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。