映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道/新渡戸稲造
前回予告から時間が経ってしまいましたが、今日は「武士道」のご紹介をします。

武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える   知的生きかた文庫武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える 知的生きかた文庫
奈良本 辰也

三笠書房 1993-01
売り上げランキング : 15019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

武士道の光り輝く最高の支柱である「義」、人の上に立つための「仁」、試練に耐えるための「名誉」―本書は、強靭な精神力を生んだ武士道の本質を見事に解き明かしている。武士は何を学び、どう己を磨いたか、これを知ることはすべての現代人にとって重要である。英文で書かれ、欧米人に大反響を巻き起こした最高の名著を、奈良本辰也が、平易な文体で新訳。(アマゾンより)

「武士道」というのは、新渡戸稲造が1898年に書いた本で、海外に向けて日本を知ってもらうために
書いたため、英語で書かれています。それを日本語訳したものがいくつかあるんですが、その中で最も
読みやすそうな現代語訳版ということで本書を読んでみました。

武士道というと皆さんはどういうことを思いますか?私は、「武士道とは死ぬことと見つけたり」とか
格好良くかつ日本人の心も現しているようないいイメージと、所詮日本の最上位階級で一部にしか
過ぎない武士による、自画自賛的な内容なんじゃないの?的なネガティブなイメージとどちらも
ありました。
読んでみると、ネガティブイメージが完全に解消されたわけではないですが、日本人全体にも
言えることだなーと思ったり、再確認して誇りが持てたり、だけど確実に失われつつあるなーと
危機感を抱いたり、日本人の財産として残して行かなきゃなとも思いました。

そして、自身武士であり、キリスト教徒でもある新渡戸が、日本人についての深い分析をした上で
西洋文化との比較の中で、分かりやすく日本人の特徴を解説し、広めてくれたことに感謝をしたい
気持ちにさえなりました。

比較の中での解説というのは、例えば、贈り物をするときに、日本人の場合は、「つまらないもの
ですが・・・」といって渡し、アメリカ人の場合は、「これは素晴らしい物です」といって
渡しますよね。アメリカ人の場合は、立派なあなたにふさわしい素敵な品物だという意味で、
日本人の場合は、素晴らしいあなたに匹敵する程立派な品物なんてありませんが、気持ちとして
受け取ってくださいという意味で、どちらも相手に対する敬意を持っているという意味では
同じなのに、表現としては逆になってしまうというようなことです。

そもそもこの本を書くきっかけとなったのは、ベルギーの法学者から「あなたがたの学校では
宗教教育が無いんですか?」と聞かれ、「宗教がないのに、どうやって子孫に道徳教育を授ける
のですか?」と驚かれたことからだそうです。
確かに西洋人の立場に立つとすごく不思議だと思いますが、日本人にとっては当たり前ですよね。
これに対する答えを武士道に求め、それについて実例を挙げながら解説しているという本です。
かなり泣けるというか、身につまされるようなエピソードも色々と書かれていて、読み物としても
面白いと思います。

なかなか書きたいことがうまくまとまりませんが、読んで良かったなと思いました。
これを読んだ上で、日本人としてどう生きるべきかということを考えるのも悪くないと
思うので、興味のある方は是非読んでみてください。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント
こんにちは!
映画「ラストサムライ」で武士道が取り上げられた時、
この本の話題も出ていた記憶があります。
トム・クルーズも読んだとか?

上のアマゾンからの解説には「義」「仁」「名誉」の言葉が並んでますが、
私がパッと浮かんだ武士道のイメージは「義」「忠」「律」かなあ。
映画のイメージから来てるかも、難しいですね(^^;

なるほど~、日本には宗教がないからそれに代わる道徳教育が武士道。
確かに道徳的だもんね。
【2010/03/19 18:02】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
そう言えば、ラストサムライの時に話題になってた気がしますねー。
トム・クルーズも読んでいたかもしれませんね。
読んでいたとすれば、いいイメージで入れたと思います。

「忠」は私も浮かんだ言葉で、自分の中ではしっくりこない方の
言葉でした。この本を読むとある程度納得がいきましたよ。
ここで説明するのは難しいですが。

そうなんですよ。宗教に変わる道徳教育。(とだけ言ってる訳ではないです)
なるほどですよね。
【2010/03/19 22:07】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/195-ef138c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。