映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲタカ、シャドウ
今日は、最近はまってたドラマのご紹介から、させてもらおうと思います。

1.ハゲタカ(ドラマ)
ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX

ポニーキャニオン 2007-07-18
売り上げランキング : 1836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バブル崩壊後、「失われた10年」と呼ばれる長いトンネルの闇に包まれていた日本に、風穴を開
けにやって来た男がいた。日本経済界で、外資系のファンドマネージャーとして暴れ回る男の名は、
鷲津政彦(大森南朋)。ビジネスとして外資的な合理主義を盾に、次々と日本企業に切り込み、買収
していく様は、まさに死肉を漁る"ハゲタカ"であった。
一方、襲い来る"ハゲタカ"に敢然と立ち向かう男がいた。旧態依然とした日本の体制にもがきつ
つ、懸命に日本企業を支え続けようとするエリート・バンカー、芝野健夫(柴田恭兵)。日本初のタ
ーンアラウンド・マネージャー(企業再生家)として、企業再生の道を模索して行く。
同じ銀行の後輩・先輩でありながら、対照的な道を歩んだ二人の男。会社を医者に例えるなら、徹
底的な外科手術で患部を切り捨てていく鷲津と、あくまで内科治療による再生を目指す芝野。
「日本買収」ビジネスを巡る二人の男の野望と挫折を軸に、合理化、弱肉強食が叫ばれる今、日本
の会社にとって本当に必要な治療法とは何なのか?を問いかける。(アマゾンより)

いや~、こんなドラマが観たかった。最高です!ドップリと浸らせてもらいました。
様々な事情を抱えつつ、また幾多の批判に晒されながらも自分の信じる道を貫き、
(時に揺らぎながらも)熱く生きる男達のドラマ。経済ドラマ、社会派ドラマ的な側面も
楽しめるし、鷲津、芝野、西野を中心とした男の生き様、もっと言えば人間の業みたいなもの
も堪能できる素晴らしいドラマです。終盤は、熱い物がこみ上げてきて大変でした。

素晴らしい役者たちの演技にも拍手です。特に鷲津役の大森南朋は初めて観たんですが、
すごく引き込まれる演技で素晴らしかった。松田龍平もほとんど初めてに近いんですが、
さすが優作の息子。すごく良かったです。二人の絡むシーンは鳥肌物でした。
欲を言えば、アラン役の外人役者。この人だけは変えて欲しかったなー。なんか出てくると
興ざめしちゃうんですよ。(ファンの人、ごめんなさい)

音楽もまたいいんですよね。何という曲か知りませんが、DVDメニューのバックでも
かかってるテーマ曲みたいなのとか、ピアノの単音で、シンプルなのに重々しさを
感じさせる曲とか・・・。
でも、何と言ってもtomo the tomoの「Road to Rebirth」!この曲だけ聴くと、
歌ってる人の割にアクが強すぎる歌い方だと思いますが、ドラマにはバツグンに合っていて、
余韻に浸れます。歌詞付きの動画をアップしたかったのですが、ダメでしたので
興味のある方は、ユーチューブで観てみてください。




とにかく素晴らしいドラマなので、まだ観てない人は是非ご覧になって下さい!


2.続いて、本のご紹介です。道尾秀介の「シャドウ」を読みました。

シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
道尾 秀介

東京創元社 2009-08-20
売り上げランキング : 2528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人は、死んだらどうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、凰介の母は病死した。父と二人だけの生活が始まって数日後、幼馴染みの母親が自殺したのを皮切りに、次々と不幸が…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?いま最も注目される俊英が放つ、巧緻に描かれた傑作。(アマゾンより)

評判の道尾秀介ですが、初めて読みました。さすがに面白かった。とにかく読みやすいし、
どんどんと展開していくので、飽きさせません。どんでん返しもあるし、小説としても
なかなか面白い。文句はないんですが、ちょっと物足りない気もしました。
東野圭吾なんかは、私の中では近いテイストの作家なんですが、同じように読みやすく
ぐいぐいと引っ張られるんですが、読後感は割と重いものがあって、それが充足感にも
繋がるんですが、道尾秀介の場合は、読後感が軽い感じがしました。
まー、でも1冊だけなので、何とも言えませんし、もっと読んでみたい気はします。
スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

ハゲタカ、放映時に夢中になって観てました♪
すごく中身が濃くて、久しぶりに本格的に骨の有るドラマをみたなぁと感じました。
観てない人は勿体無いので、死ぬまでに1回観てみて欲しいです☆

>ピアノの単音で、シンプルなのに重々しさを感じさせる曲とか・・・。

私もあれがスゴク印象的でした! すごく耳に残りますよね~

この下の記事の本、早速図書館で予約してきました(^^)v
「シャドウ」も面白そうですね!
小学5年生が主役? 子供も読めそうですか?(やっぱムリ?)
【2011/01/28 20:00】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
ハゲタカ最高ですよね!私も夢中で観ました。
こういう骨のあるドラマはいいですね~。
色々と賞を取ったのも頷けます。
それでも、例えば「月9」なんかと比べると
地味な扱いで、観ている人も少ないんじゃないかなーと思うと
勿体ない気がします。
ホント、死ぬまでに1回観て欲しいですね。(笑)

かなり昔のNHKドラマですが、「ザ・商社」って知ってますか?
商社のアメリカ支店を舞台にした松本清張原作のドラマなんですが、
山崎努主演でそこに佐藤慶らが絡むという、私にとっては
たまらない組み合わせの作品で、すごく面白かったのを思い出しました。

音楽も、あの文章で分かってくれてうれしいです。
すごく印象的ですよね。
こんなにシンプルなのに、ドラマをより強く印象づけて
素晴らしいなと思いました。

シャドウを予約されたんですか?
小学5年生が主役というよりは、視点人物が移っていく感じです。
なので、子供向けという感じではないと思います。
読みやすくて、すごく面白かったんですけど、少し物足りなさも感じました。
今をときめく直木賞作家に言うのも何ですが。
わさぴょんさんはどうでしょう?
【2011/01/29 09:41】 URL | CD #- [ 編集]


「ザ・商社」・・・初耳です☆
その頃まだ私、子供だったのかしら(ととぼけてみる)

予約したのは「月の扉」と「聖域」です♪
今日また図書館いくんで、「シャドウ」も予約してきちゃおうかな~(子供にはムリか・・・)

今は山田詠美とスティーブン・キングの短編集を一冊ずつ借りてるから、それを読み終わってから(≧▽≦)

【2011/01/29 11:08】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
やっぱり「ザ・商社」は知りませんかー。
かなり古いので、それも無理ないです。
ちなみに、ヒロイン的な役に夏目雅子が扮してました。

月の扉と聖域を予約されたんですね。
早速で、うれしいです。
聖域は、絶対いいと思いますよ。
月の扉は、正直粗さも感じるんですが、設定の面白さで
あっという間に読ませてくれると思います。

山田詠美とスティーブン・キングは、どちらも昔2,3冊読んだ程度です。
キングはシャイニングを読んだんですが、いまいち面白さが
分かりませんでした。でも、「ゴールデン・ボーイ」&
「刑務所のリタ・ヘイワース」はすごく面白かったです。
【2011/01/29 15:31】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/225-5c0c80dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。