映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休み中の鑑賞記事(映画編)
震災による精神的な影響に始まり、その後は仕事がストップしてしまうという
現実的な問題にも対処しなければならなくなり、また長らく休んでしまいました。
今日は、その間に観てきたDVDについての感想をまとめて書いていきたいと思います。
(順不同。震災前のものも多いので、覚えてる限りです)

1.瞳の奥の秘密
瞳の奥の秘密 [DVD]瞳の奥の秘密 [DVD]

東宝 2011-02-18
売り上げランキング : 3587

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刑事裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト。25年前の殺人事件を題材に小説を書き始めた彼は、当時の上司・イレーネとの再会を機に、事件の裏側に潜む謎に迫っていく。(アマゾンより)

サスペンスでもあり、ラブストーリーでもあるこの作品。それらがうまく絡み合っていて、
なかなか衝撃的な結末もあり、非常に面白かったです。独特の異国情緒も良かったです。

2.エクスペンダブルズ
エクスペンダブルズ [DVD]エクスペンダブルズ [DVD]

ポニーキャニオン 2011-03-09
売り上げランキング : 588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自らを消耗品と名乗り、鉄壁のチームワークを誇る精鋭部隊《エクスペンダブルズ》は傭兵業界にその名を轟かせる最強無敵の軍団だ。
凶悪なソマリアの武装海賊に拉致された人質を鮮やかに救出した彼らの次なる任務は、南米のヴィレーナという島国の軍事独裁政権を破壊させることだった。
だが、その依頼にはかつてない危険と巨大な陰謀が待ち構えていた…。(アマゾンより)

最近多い、オヤジが活躍するアクション映画。当然のようにこれも面白かったです。
時間的にはすごく短いシュワちゃんだったけど、面白い演出だったし、ジェイソン・ステイサム始め
それぞれの良さが出ていて、良かったです。
でも、オヤジ映画大好きですが、こう続くと「イキのいい若いモンはおらんのか!」
と思ってしまうワガママな私。

3.アンストッパブル
アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-04-27
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

操車場に停車中の貨物列車が整備員のミスによって無人のまま走り出した。全長約800メートルに及ぶこの777号は大量の化学薬品を積んでおり、時速100キロ以上で走る“巨大ミサイル”と化して人口密集地の街へ向かって突っ走っていく!(アマゾンより)

これ、意外と面白かった。単純なストーリーにありがちなキャラ設定なのに、何でだろ?
実話ベースだから大惨事にはなるわけ無いと思いながら観てたのに。
映像もストーリーもアナログな感じが良かったのかな。

4.ワイルドバレット
ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D) 2009-03-27
売り上げランキング : 13158

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1丁の拳銃を巡り、マフィア、汚職警官、サイコキラーが壮絶な戦いを繰り広げるアクション。マフィアのジョーイは、ある殺しに使われた銃の始末を頼まれる。しかし、その銃を隣に住む少年・オレグに盗まれ…。(アマゾンより)

これ、サイコー!イキのいい若いモンはポール・ウォーカーに決定。(ワイルドスピードも結構好きです)
なんかB級な感じだと思ってたんですが、ストーリーも人間関係もなかなか入り組んでいて、
最後まで目が離せません。脚本もアクションも良かったです。観てない方は是非!

5.フォロウィング
フォロウィング [DVD]フォロウィング [DVD]
クリストファー・ノーラン

アミューズ・ビデオ 2002-05-22
売り上げランキング : 46457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『メメント』のノーランが1人5役をこなし撮りあげた、彼の監督デビュー作。作家志望のビルは創作のヒントを得ようと、通りすがりの人を尾行する生活を送っていた。ある日、他人の生活を覗き見るのが趣味な男と出会い、思わぬ事件に巻き込まれてしまう。(アマゾンより)

クリストファー・ノーランのデビュー作、やっと観ることが出来ました。明らかにお金がかかってないのが
分かるし、無名な役者ばかりで、もっと言えばストーリーも多分なんてことない話なんですよ。
でも、さすがメメントの監督だけあって、時間軸の操り方がバツグンにうまいんですね。
小品ですが、面白かった。引き込まれました。

6.デストラップ
デストラップ~死の罠~ [DVD]デストラップ~死の罠~ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-07-14
売り上げランキング : 21983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブロードウェイの劇作家シドニー・ブリュールは悩んでいた。かつてはスリラー劇の第一人者として活躍したが、近頃はスランプ状態。その上最新作ミステリーで酷評をかい、作家としての危機を迎えていた。このまま慰みで書き続けるか、それとも心臓病を抱える金持ちの妻に養ってもらうのか…。そんな折、郵便で一冊の台本が届けられる。昔の教え子が初めて書き上げたミステリー劇を送ってきたのだ。それは素晴らしい出来ばえだった。何よりヒット作が欲しかったシドニーの脳裏に、ある残酷なストーリーが書き上げられる…。(アマゾンより)

これも前から観たかった映画。さすがに、「公開当時だったらもっと驚けただろうに」という
感じはしましたが、それでも面白かったです。なんか人を食ったような感じで、独特のノリでしたが
マイケル・ケインだとそういうのが成立してしまうという感じがします。

7.タワーリング・インフェルノ
タワーリング・インフェルノ [DVD]タワーリング・インフェルノ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 18393

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

138階建て超高層ビルの落成パーティが大火災に襲われた!
地下の発電機から発生した炎は、執拗に攻め上がりながら世界最大のビルを、数百人の生命を飲み込む炎の地獄へと変えていった。
逃げ惑う人々を救出すべく、消火隊隊長オハラハンは超人的な離れわざで、ビルの設計者ロバーツは研ぎ澄まされた知性で、生死を賭けた闘いに挑む。(アマゾンより)

勿論、これは何度目かの鑑賞ですが、やっぱりすごく面白かった。マックイーンとニューマンは、
あの二人が並び立つのを観るだけで幸せを感じるような存在感だし、パニック・ムービーとしても勿論
だけど、ドラマ的な部分もしっかり描かれているから重厚感が増すんでしょうね。
こういう作品、また作られないかなー。

8.大空港
大空港 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]大空港 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2011-04-27
売り上げランキング : 47888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

記録的な猛吹雪に見舞われたエアポート。次々に起こる予期せぬトラブルを手際よくさばく空港長ベーカーズフェルド(バート・ランカスター)の元に、義弟のデマレスト機長(ディーン・マーティン)が操縦するジャンボジェット機に爆発物が持ち込まれたとの知らせが入る。機長らはタダ乗り常習犯の老婦人(ヘレン・ヘイズ)に協力を求め、犯人から爆弾の入ったアタッシュケースを奪おうとするが、男はトイレに逃げ込み爆死。その衝撃で機体に亀裂が入り・・・。(アマゾンより)

タワーリングを返しに行ったその足で借りてきてしまいました。やっぱりこれも面白い。
でも、この作品もパニックムービー的な展開になるのはかなり後で、前半は結構じっくりと
ドラマ部分が描かれてるんですよね。今の感覚からしたら、テンポが遅いと思いますが
面白かったな。ジョージ・ケネディがまたいいんだよな~。


本数も多いし、サラッと書いてしまいましたが、どれも面白かったです。
良かったら、また感想をお聞かせ下さい。



スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
良かった良かった☆
CDさん、復帰してくれて、うれしいです~★

うちの仕事も震災の影響をモロに受けてイタタタ・・の状態です。
痛みを被災者の方々と共有していると思って、
なんとか踏ん張っていくしかないですよね、
お互いに頑張りましょう!と傷を舐め合う。。。。

「瞳の奥の・・・」これ最近観た中ではかなり好きな方です。
一人一人の心情を丁寧に描いていたし、
衝撃の結末も印象的で、とても引き込まれました。

「エクスペンダブルズ」こういう気楽に楽しめる娯楽作品はいいよね~
似た傾向の作品が続いたからって新鮮さを求めるとは、
ほんとワガママだわ~(^▽^;) そりゃ若い方がいいにはいいけど。

「アンストッパブル」はそのうち観たいと思ってます。
CDさんが気に入ってるようなので、期待できるかも。
「ワイルドバレット」も良さそうな。
でも「ワイルドスピード」はそれ程好きでもなかったな・・・
「タワーリング・・・」はパニック部分しか覚えてないです。
今でも古さは感じなかったですか?
【2011/05/17 17:59】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
ありがとうございます!復帰をうれしいと言ってくれる人がいるだけで
すごく励みになります。

名古屋にいても、驚く程震災の影響はありましたね。
仕事が無い分、暇なんだけど、精神的に追い詰められてるし、
新しい仕事の仕込みをしなきゃならないしで、完全に遠ざかっていました。
でも、仰るとおり、それどころじゃない人たちが一杯いるんだから
頑張って乗り越えないとね。

瞳の奥とエクスペンダブルズは、YANさんのところにも書いたとおり
それぞれすごく良かったですね。特に瞳の奥は良かったかな。

アンストッパブルですが、同じ監督・主演の「サブウェイ123」がすごく
つまらなかったので、期待せずの鑑賞が良かったのかも。
でも、私には面白かったです。
ワイルドバレットはおすすめですよ。どちらかといえば、
ガイ・リッチーとかタランティーノ(グロさは無いです)寄りのアクション映画だと思います。
ワイルドスピードがダメでも、気に入ってもらえると思うんですが、どうでしょうか?
タワーリングは、古さを感じないと言えば嘘になりますね。
なので、ダメな人にはダメかもしれませんが、私は最初から最後まで楽しめました。
今観ても、「スゲー高いビルだな~」なんて思ったり。
後は、フォロウィングもYANさんなら好きなんじゃないかなーと思ったりします。
【2011/05/18 10:07】 URL | CD #- [ 編集]

アンストッパブル観ました♪
CDさん、こんにちは!
また更新が止まってますが、(^^;
この記事を「映画編」としたって事は、
本か何かについて書く予定があったのでは?

ところで、「アンストッパブル」私も楽しめました!
列車の暴走ぶりが凄かった~☆
いろんなアングルで撮って、音楽で盛り上げて、
列車の恐怖を強烈に出しているから、
どうやって停止させるのかって部分で、
より緊迫感を生んでましたね!
アナログな感じに好感持てました。
【2011/06/01 16:29】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
そうなんです。本当は本についても書くつもりだったんですが、
またここまで来てしまいました。

ご覧になりましたか。
これ、すごくシンプルな話なのに面白かったですよね!
仰るとおりアナログな感じで、暴走する列車の恐怖に絞ったのが
緊迫感に繋がって良かったのかな。
トニー・スコットもまだまだ大丈夫というのが分かったのも
ちょっとうれしい。(笑)
【2011/06/02 10:34】 URL | CD #- [ 編集]

お久しぶりです~(^^)/
あまり更新がないようですが、CDさん~んお元気ですか~ 私は元気です~~

この中で観たことがあるのは「フォロウィング」「デス・トラップ」「タワーリング・~」だけです☆
でも「タワーリング~」はかなり小さいころに観たので、あんまし覚えてなかったりして(^^;

「フォロウィング」は、軽く底意地が悪い感じというか、人を突き放すようなところがあったと思います。
「あんたは自分が賢いと思ってるんだろうけど、世界のほうがずっと上手(うわて)なんだよ」と思い知らされて。
ノーラン監督作の中でも、今作が一番それを感じさせるような。
若さゆえ? それとも、それが彼の根底にあるものなのかな?

「デス・トラップ」←クリストファー・リーブの出てくるやつですよね。
二転三転して、見ごたえがありました♪
でもラスト結局どうだったか覚えてない・・・(--;

最近どうも「痛快アクション!」ってのを見たい気にならない・・・
かといってゆっくり話が進むものは睡魔が襲ってきたり><

あーアクションでは、こないだ家族みんなで観ようと「ソルト」を借りてきたんですが
あまりにもばかすか人を殺しまくる映画だったので、教育的にはヤメといたほうが良かったなと(´Д`)
【2011/10/18 19:45】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
お久しぶりですね~。うれしいです!
なのに、返信が遅くてすみません。

「フォロウィング」なるほど~。確かにそういうところあるかもしれませんね。
「世界のほうがずっと上手(うわて)なんだよ」と思わされるのも好きなので、
それも気に入った理由かも。
クリストファー・ノーラン、かなりお気に入りの監督です。

「デス・トラップ」そうです。スーパーマンになる前の姿で出てきます。
よく練り込んだ脚本で、ひねりが効いてましたね。
ラストは、ちょっと世界が反転するタイプの終わり方だったと思います。

>最近どうも「痛快アクション!」ってのを見たい気にならない・・・
この気持ち、わかりますよ。なんかあるんですよね、そういうとき。
私はそれを通り越して、どうも映画ってのを見たい気にならない状態になってます。
ばかすか人を殺しまくる映画って、そのときの気分で面白く感じるときと
辟易してしまって嫌な気分になるときがあります。

【2011/10/20 10:20】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/230-30166d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。