映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドニー・ダーコ
ドニー・ダーコ見ました。不思議な映画でした。
ドニー・ダーコ
ジェイク・ギレンホール リチャード・ケリー ジェナ・マローン
B00018GY3S


あらすじは、こんな感じです。
17歳の少年、ドニー・ダーコの前に銀色のうさぎ男、フランクが現れ、世界の終わりまで
あと28日6時間42分12秒と告げる。そして、フランクが現れる度、飛行機のエンジンが
ドニーの部屋に落ちてきたり不思議なことが次々起こる。
ドニーは精神病を患っていたり、色々なキーワードが出てきたり、様々な伏線が張られ
最後にはどんでん返し的な展開になったりで、とても複雑というか、色んな解釈ができそうな
映画でした。リピーターが続出したというのもうなづけます。
何かつかみどころのない感想ですが、本当に不思議な映画でした。でも面白かったです。

スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
おお、早い!
CDさん、もう「ドニー・ダーコ」ご覧になりましたか!
この不思議さ加減が、独特でいいですよね~

よく理解できないんですが、
私は、タイムトラベルしたんじゃないかと思いました。
???がいっぱいですけどね。

ところで、リンクの了解をいただきましたので、
貼らせていただきますね!
私のほうも、CDさんのリンクに載せていただけたら光栄です。
ありがとうございました。
【2007/03/28 10:31】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、いい映画のご紹介ありがとうございます!
YANさんはタイムトラベルだと思いましたかー。私は、飛行機のエンジンが
落ちてきて死ぬ瞬間の夢なのかなーと思ったり、彼女を死なせないために
(タイムトラベルを使って)変えたのかなーと思ったり、ただの妄想だったのかなー
と思ったり、結局よく分かりません。でも、どういう解釈をしても完全には
辻褄が合わないと思うので、ある解釈によってすべての謎が解決される
ミステリータイプではなく、見た人それぞれが何を感じるかっていうタイプの
映画なのかなと思いました。
で、一番印象に残ったのはうさぎです。何故うさぎなんだ?
すごくいい雰囲気出てますよねー。(不気味だけど)
後、cellar door って言葉のどこが美しいんですか?
ただ、地下室に誘導するための言葉なんですかねー?

リンクありがとうございました。私も早速させてもらいましたが、初めてなので
おかしなところがあったら教えてください。


【2007/03/28 15:08】 URL | CD #- [ 編集]

リンク
リンクしてくださって、どうも、ありがとうございました。

映画ですが、お好きなように解釈してくださいと、
観た人に委ねられるより、
きちんとした答えのあるほうが、スッキリとした気分に
なる事は確かですよね。
私もどちらかと言うと、スッキリのほうが好きです。

ああなのかなあ~こうなのかなあ~?と考えさせられる事自体、
作者の罠で、罠と分かっていながら嵌まってしまうんですよね。
それが悔しい作品と、心地良い作品とがあります。
「ドニー・ダーコ」は後者でした。

うさぎねえ~、「不思議の国のアリス」から取ったんでしょうか?
異次元に導く役目みたいな・・・

私の映画メモを見ると、
「ドニーが出した手紙により、ロバータ・スパロウはウサギを使って
 未来へのヒントを告げてくれる。
 ウサギが現れるのはいつも幻覚症状の時だけ」とか書いてあります。
今読んでも、意味が分かりません。
cellar doorの言葉が美しいなんて言ってましたか? (^▽^;)

かなり忘れてますよ~

【2007/03/29 11:35】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


ご丁寧にありがとうございます!
不思議の国のアリス、そうかもしれませんね。
欧米の映画って聖書をベースにしたものも多くって、それだと
さっぱり分からないことが多いんですが、アリスなら分かります。
私は、この説採用させていただきます(笑)

本当に「あーなのかなー、こーなのかなー?」って考えさせられる
映画ってはまっちゃいますよね。私も大好きです。
それにしてもブログやる前から映画メモを残してたってすごいですね。
【2007/03/29 13:37】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!CDさん^^
私もこの映画、やっと鑑賞出来ました。
いつかCDさんのお薦めの映画を鑑賞しようと
ずっと考えていたんですが、ようやく見ることが出来ました。
この映画のジャケの不思議な感じに惹かれました。何故にウサギ・・??
万人向けではないんじゃないのかな?と思っていたんですが
皆さんこういう映画がお好きな方が結構いらっしゃるんですね!
結構、好き嫌いが分かれそうに私は感じたんですが・・。
本当にこの映画、不思議な内容でしたよね。
最後の場面で、また、同じ場面のあの場所へ・・・
って、リピートムービーと言われる所以が理解できました。
主役のジェイク・ギレンホール は、さすがに若かったです。
そして彼のあのウサギを見つめている時の目が異様に怖かったです。。

では、では!
私は明日記事をUPさせていただくので、TBは明日お願いさせてくださいね^^
では、おやすみなさい♪
【2008/03/02 22:34】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
古い記事を覚えていて、観てくれるなんて感激です!
ありがとうございます。

本当に不思議な映画ですよねー。
確かに好き嫌いが別れそうな映画ですよね。私は好きでした。
でも、ぴーちさんもあのウサギが気になったんですね。
私もすごく気になりました。
妙にリアルに感じたり、すごい悪ふざけのようにも見えたり。
それに、何でウサギなんだろうってことをずっと思いながら観てました。
そんなことを考えながら、色々と散りばめられた複線みたいな
ものにも惹かれながら、面白く観ることが出来ました。

ジェイク・ギレンホール、若かったですねー。
で、ウサギを見つめる目、怖かったです。
ああいう、ちょっと常軌を逸していくような役はうまいですよね。
好きな顔立ちではないんだけど、毎回引き込まれます。

これから、記事も読ませてもらいますね。
【2008/03/03 13:29】 URL | CD #- [ 編集]

あー、CDさんトコにも記事が。
ジェイク・ギレンホール、この時どんな目してたっけ?覚えてない~

欧米の人にとっては、ウサギといえば高確率で「不思議の国のアリス」らしいので
やはり異世界への案内人という役割じゃないのかな~、と思います。
まだ観てないけど『インランド・エンパイア』でもそんな感じでウサギ人間がでてるみたいだし。

もう皆書いてるから色反転しなくていいかな~↓
私は、あれは死ぬ直前の夢だったのかな~と、なんとなく思いました。
生に対する執着が見せた幻覚(というか願望というか)かな、と。
【2008/03/03 18:22】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
やっぱり、わさぴょんさんも観てましたか。
この映画、うまく説明できないけど面白いですよね。

やっぱり欧米の人にとっては、ウサギは「不思議の国のアリス」なんですね。
でも、あのウサギは何とも言えない存在感でした。

わさぴょんさんは、死ぬ直前の夢説なんですね。
私も、それもアリだなーと思いました。
内容もすでに忘れて来つつあるんですが、いずれにしても一筋縄ではいかない
魅力的な映画だなーと思いました。
【2008/03/04 18:54】 URL | CD #- [ 編集]

再び鑑賞
CDさん、こんにちは!
私、前におかしなコメントしてますね。
今読むと笑っちゃいます。(≧∇≦)ノ彡☆
この作品、また観て、やっぱりタイムトラベル説に落ち着きました。
もちろん人それぞれの解釈で、どうでもいい事なんですけどね。

ウサギはアリスも関係あるでしょうけど、
姉の友人のフランクが、ハロウィーンの仮装でウサギを着てたんです。
そして、ラストでフランクはグレッチェンを車ではねて、
ドニーに右目を撃たれてしまうんですよね。
その仮装したままのフランクが幻覚のように登場してました。

Cellar doorの言葉が美しいってドリュー・バリモアが言ってました!
これは単にこじつけなのかなあ?やっぱり分かりませんでした・・・(^_^;
【2008/09/11 16:12】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
再コメントありがとうございます!
ウサギとcellar doorも気にしてくれてありがとうございます。
ウサギは前の説明(アリス)と合わせてすごく納得です。
YANさんのレビューも読みましたが、すごいですね。
私もまた観たくなりました。

ところで、この作品がお互いのリンク記念の作品だったんですねー。
そう言う意味でも大切な映画ですね。
【2008/09/12 10:50】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/24-7fc0302a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドニー・ダーコ

ドニー・ダーコ(2003/02/19)ジェイク・ギレンホール、ジェナ・マローン 他商品詳細を見る2001年のサンダンス映画祭で、「メメント」「ヘドウィ... ピアニッシモ・ストーリー【2008/03/03 15:28】

ドニー・ダーコ

数年ぶりに観たけど、やっぱり不思議な魅力を持っていて面白かった! 結末もみんな分かっているのに、 最後まで観て、また最初に戻って観て... Rocking Chair Blog【2008/09/11 16:12】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。