映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルパン
ルパンを観ました。
ルパン
ロマン・デュリス モーリス・ルブラン ジャン・ポール・サロメ
B000E9925G


この映画、私としては、かなりがっかりでした。
小学生の頃、ポプラ社版の「怪盗ルパンシリーズ」(南洋一郎訳)が大好きで
熱中して全巻読んだ私としては、納得いかないところが多かったんです。

かなり私のイメージとは違ったので、きっと評判が悪いだろうと思って、アマゾンのレビュー等を
見たら、結構評価が高く、イメージもぴったりとか、昔ポプラ社版を読んでいたため、
より楽しめたとかの感想が多かったので、私の思い入れが強すぎるのかもしれません。
なので、ちょっと昔の思い出話を書きます。

813の謎 怪盗ルパン 文庫版第6巻
モーリス ルブラン 南 洋一郎 Maurice Leblanc
4591085325

多分これと同じだと思いますが、私が読んだのは、子供向けに書かれたハードカバーの本でした。

この南洋一郎訳の本は本当に面白かったです。(小学生にとっては)
当時、一番憧れのヒーローはアルセーヌ・ルパンだったし、半ば本気で神出鬼没の
怪盗になりたいと願ったもんでした。(恥)
「8・1・3の謎」「三十棺桶島」「水晶の栓」とか内容は覚えてませんが、
すごく面白かったです。「奇巌城」も面白かったんですが、ホームズが
悪く書かれすぎてたのが、ちょっと気に入りませんでした。(何のこっちゃですよね)
あー、誰か自分のイメージにあったルパンの映画を作ってくれないかなー。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

CDさん、こんにちは~
私は「ルパン」は、本も読んでないし映画も観てないです。
乱歩の「怪人二十面相」は読みましたが・・・古いっ

悪者が主役のストーリーって面白いですよね。
鮮やかな手口で悪事を働くのは、ヒーローに見えます(^^)

思い入れが強過ぎると、がっかりさせられる事って、
映画ではよくありますね。
私も最近それは経験しました。ジョニー・デップで。
何の期待もしてないほうが、意外と面白かったりする事もあるし。
無の境地で、映画に臨めるといいんですが、
これ良さそうだなと思うから観るわけで・・・難しいです。
【2007/05/03 14:41】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

こんばんは!
こんばんは!CDさん^^
『ルパン』なんていう映画があったんですね!(知らないのは私だけか・・)
ルパンと言えば、単純な私の思考回路はやはり『ルパン三世』のアニメですねww
モンキーパンチさんの超有名なバージョンしか思い当たらないという
教養のない奴です(汗)
レビューとかも、人それぞれ十人十色の考えですがやはり書き込む方も
『めっちゃおもろないやん』←(変な関西弁)とは書きづらいと思うので
どうしても良い評価に徹してしまうのではないのかな・・なんて勘ぐったりして
しまうんですよね・・。

そうだ!いっその事CDさんが脚本を書いてみてはいかがでしょうかっ。
CDさんなら、何かやってくれそうな予感がするんですよね^^

『隣のリッチマン』早くレンタル出来ると良いですね^^
支店の方のコメント、大変ありがとうございました!
では、では^^




【2007/05/03 21:35】 URL | ぴーち #- [ 編集]


YANさんへ
怪人二十面相! 懐かしい!
少年探偵団シリーズもよく読んでました。
このシリーズ、子供が悪者の後を尾行して、
逆に捕まるというような話も多く、鍵っ子(死語?)
だった私は、ちょっとした物音にもびびったりして
ドキドキしながら読んだものです。


そうそう、思い入れってくせ者なんですよね。
これが入ると大概がっかりさせられます。
好きなマンガがアニメになったときに、声が違うって
いうのもよくありました。
先入観なく、素直に見て感動できるといいですよね。



【2007/05/04 14:37】 URL | CD #- [ 編集]


ぴーちさんへ
ルパン三世は傑作です!
本家ルパンが大好きな私でも、原作を超えてるかもと
思わせる面白さです。(もっとも、全然別の作品だとは思いますが)

レビューでは、確かにあまり悪くは書かないかもしれませんね。
私も基本的には、かなり甘めに書いてます。
必ず、いいところはあると思うので。
今度は「めっちゃおもろないやん」(←いいですね、これ(笑)
っていうのを書いてみようかな。

脚本といえば、やっぱり脚本家デビュー間近のぴーちさんでしょう。
ぴーちさんのセンスなら、必ずや傑作が生まれるはず!
何と言ってもぴーちさんは・・・
ホメ殺しのしあいになりそうなんで、今日はこのへんで。
でも、うれしいです。ありがとうございました。
【2007/05/04 14:48】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!CDさん^^
一昨日、この映画のDVDを鑑賞してみました。
CDさんのブログに出会わなかったら、一生この映画には
出会うことは無かったのではないかと思うんです。
CDさんは、原作を読まれているからこそ、この映画に関しては
がっかりされたご様子でしたが、実は私も『ルパン』のイメージって
この映画とは、違う風に感じていたんです。
映像としては、37億円の費やした映画というくらいなので、
宝石類も本物の輝きだし、豪華な上流社会の華やかさが
十分に堪能できる内容かと思います。
アルセーヌ・ルパン役の俳優さんも、アクションも達者で
キャスティングは、まあ良かったのかもしれませんね。
ただ、少年の心をわくわくさせるような、スリリングな盗難劇には
乏しくて、男女感の関係のハザマに右往左往して、苦悩するルパンの
姿が、やたらに浮き彫りになっていたように思えます。
子供は見てはいけない映画ですよね(笑)
大人っぽい仕上がりになっているのが、ちょっと残念でした。

明日レビューをUPしようかと思いますので、
UPしたら、TB,よろしくお願い致しますm(_ _)m
では、では♪
【2007/09/23 19:53】 URL | ぴーち #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/23 20:05】 | # [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
よく古い記事のことを覚えていてくれましたね。
うれしいです。

この映画、確かにぴーちさんの言われるように、豪華さとかアクションシーンとかは
良かったんですが、やっぱり思い入れの強さからか、「これは違う」という気持ちが
先だってしまったんですよね。

>ただ、少年の心をわくわくさせるような、スリリングな盗難劇には乏しくて
→そうなんですよ。少年の頃の戻ってわくわくしたかったんです。

明日、レビューをアップされるんですね。記事は是非読ませて頂きます。
ただ、TBって未だによく分かってないんです。トライしてみるつもりですが、
うまくできてなかったら、ごめんなさい。実は、ぴーちさんのコメントで
私が何か(TB)操作するのかぴーちさんがするのかもよく分かってません。
勿論、ぴーちさんがしてくれることなら大歓迎だし、私がする場合も
喜んでやってみたいんですが。それでは、また明日。
【2007/09/23 21:36】 URL | CD #- [ 編集]


こんにちは!CDさん^^
TB.を10回くらい試みたのですが
失敗してしまいました(><)
前回のお返事に私のTBの操作について
ありましたが、おこがましいことながら、
私はいつも管理ページから、「過去の記事の管理」のTBしたい記事の修正を
選び、一番下まで移動し、『トラックバック送信先』という欄まで移動し、
相手の方のページのトラックバックURLを右クリックしてコピーを選択してコピーさせていただき、自分のその送信先の空欄に貼り付けます。そして、『保存』をクリックして完了させます。本当に相手に届いたか、確認の為に相手様のブログをリロード(更新)させていただきます。
今日は失敗してしまいました。
余り時間を置いたりするとタイムアウトしてしまう場合があります。
それと、相手様にTB諸々の規制を設定されている場合は、直ちに反映されないか、拒否される場合があります(でも、お友達でしたら、拒否されることは無いですけどね!)
あとは、時間を置いて再度挑戦されることをお薦めします。
以上が、私がいつも実践しているやり方です。
他にやり方があるのかは存じません・・。

ということで、もし宜しかったら
CDさんもTBよろしくお願いいたします★
また、私も後ほど、チャレンジさせていただきます^^
ではでは^^
【2007/09/24 20:11】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
ご丁寧にありがとうございます!
早速試してみました。ぴーちさんの記事の下の方にトラックバックとして
この記事へのリンクが張られたので、うまくいったと思います。

でも、ぴーちさんは、10回も試していただいたとのこと、御手数を掛けてすみません。
ありがとうございました。
私の方も次にうまくいくかどうか分かりませんが、拒否の気持ちはまったくありませんので
またよろしくお願いします。
【2007/09/25 11:18】 URL | CD #- [ 編集]


こんにちは!
コメント、TB大変ありがとうございました♪
TB,成功してますよ~^^
私も再挑戦させていただきましたら、
今度は反映されました~(やったぁ!)
CDさんのお陰で、今日はラッキーな一日になりそうです!
ありがとうございました^^
では、またお邪魔させていただきます★
【2007/09/25 13:01】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
こちらこそありがとございます。
無事にTBできて良かったです。
知人にちょっと聞いてみたんですが、TBってできたりできなかったり
ってことが(それも原因不明で)よくあるそうですね。
とにかく、お互いTBできて良かったです。
ありがとうございました。
【2007/09/25 14:45】 URL | CD #- [ 編集]

はじめまして♪
こんにちわ~わさぴょんと申します。
ピーチさんのルパンの記事からたどり着きました^^

私も小学生の頃、図書室にあるアルセーヌ・ルパンの本、ほとんど読みました!
今となっては9割方忘れていますが、ルパンにすごく憧れてました^^
どの話か忘れたけどトーストを4枚カリカリ食べちゃった女の人の話があって
まねしてパン4枚に挑戦したり。(←バカ)

なのでこの作品観てないんです・・・
なんか写真をみて「こんなのルパンじゃない!!」(><)と。

TVででも放映されれば観ようかな~なんて思ってます☆
【2007/09/25 18:08】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

わさぴょんさんも小学校の図書室でルパンをほとんど読んだんですね。
多分、南洋一郎訳のですよね。私もです。懐かしいなー。
あの頃、ルパンは確実に私のヒーローでした。
ほとんど本気でルパンになりたかったです。
その後、ルパン三世になりキャッツアイになりと、微妙に形を変えながらも
泥棒(怪盗)へのあこがれはやみませんでしたが、今のところ
泥棒を職業にはしておりません。(笑)

しかし、わさぴょんさんも「トースト4枚」なんて相当マニアックなことしてますねー。
残念ながらその話は覚えてないんですが、気持ちはよ~く分かります。
わさぴょんさんも私同様、思い入れが強そうなので、この映画は
見ない方がいいかもしれません。「絶対違う!」と思っちゃいますから。

それでは、後程わさぴょんさんのブログにもおじゃまさせて頂きます。
【2007/09/25 22:29】 URL | CD #- [ 編集]

わさぴょんさんだ^^
こんにちは~。CDさん
と、ここで
何処かで、お見受けしたお名前が
あるなとおもったら、わさぴょんさんでは、ありませんか(笑)
私の記事から、飛んできて下さったんですね~。
(私の記事にも、コメントくださいな~(TOT)と、言いましても
私の記事じゃ、物足りなかったかもしれません・・反省・・)
ちなみに細かいこと言って恐縮ですが、
私は『ひらがな』のぴーちで~す★


CDさん、口を挟んでしまってごめんなさいね・・。
また、CDさんがご紹介してくださった映画を鑑賞してみようかと
思いますので、記事以外のお薦めもありましたら
教えてくださいね!

ではでは^^
失礼しました~♪

【2007/09/26 12:06】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
ぴーちさんのおかげで、わさぴょんさんがコメントしてくれました。
ありがとうございます!
トラックバックも教えていただき、お友達も連れてきてくれて
本当にありがとうございます。
全然映画鑑賞できてないのですが、また頑張ってレビューをアップしますので
よろしくお願いします。
【2007/09/26 18:44】 URL | CD #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/27 01:51】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/27 08:31】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/33-6d572748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ルパン」

ルパン コレクターズ・エディション (初回限定生産)ロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス 他 (2006/04/07)角川エンタテインメント この商品の詳細を見るスービーズ公爵家で暮らすアルセーヌ少年 ピアニッシモ・ストーリー【2007/09/25 12:58】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。