映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージック・オブ・ハート
このところ続いてますが(といっても、肝心な記事の更新自体が遅れてます)
今日も音楽がらみの映画です。

ミュージック・オブ・ハート DTS特別版
メリル・ストリープ アンジェラ・バセット グロリア・エステファン
B00005V2JG


ヴァイオリン教師のロベルタ。海軍所属の夫の赴任地ギリシャで子供たちに教えるため、
自ら50挺のヴァイオリンを購入する。ところが、夫が自分の友人と浮気をし、
そのまま家を出て行ってしまう。途方に暮れたロベルタは、アメリカの母の元に帰り、
子供二人とともに暮らすようになる。
そして、偶然昔の同級生と再会し、付き合うようになり、彼の紹介もあって、ハーレムの
小学校で職を得ることに成功する。
ところが、子供たちはまったく言うことを聞かないし、親も黒人のヴァイオリニストなんて
聞いたことがないとか、白人に教えてもらいたくないとか、協力的でなく、
同僚の先生もどうせ臨時雇いだからすぐにやめるだろうと思い、無視されているような
状態。
こんな四面楚歌の状態の中で、持ち前のプラス思考とパワフルさで頑張り、
徐々に周りの信頼・協力を得ていく。
そして、軌道に乗り、評判を呼んで10年以上が過ぎるのだが、ある年、市の予算カットの
決定により、突然ロベルタのクラスは閉鎖することに。
こんなことで負けられないとロベルタの闘志に火がつき、クラスの運営をする資金を得る
ための救済コンサートを開くことに・・・

この映画は実話だそうです。が、そうと知らなければ、都合が良すぎる展開だと思うくらいに
素晴らしいコンサートが開かれます。一生懸命やれば思いがかなうとか何でもできるという
ことが伝わってきます。実話ならではの説得力ですね。
上のあらすじ意外にも様々なことがロベルタを襲うのですが、一途な思いと、情熱で乗り切る
ところはすごいと思います。それに音楽って素晴らしいなと思います。結局そのことが
ロベルタや子供たちを動かしているんだと思います。

やっぱり、メリル・ストリープ(ロベルタ)はすごいですね。ヴァイオリンを弾くというか
弾きながら教える姿もすごく自然だし、悲しみや意地の部分もすごく伝わってきます。
「マディソン郡の橋」の時にも感じましたが、きれいに見せたいという女優の性を捨てて
(と思ってるのは私だけかもしれませんが)、あえて、ちょっとやぼったいくらいの
女性を演じ、なのに魅力的に見せてしまうというのは、やっぱりメリル・ストリープが
一番かなと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
こんばんは!
こんばんは!CDさん^^
CDさんのレビューは本当に素晴らしい文章ですね!
映画を実際見なくても十分、内容が分かる記事です^^
コンサート会場は天下のカーネギーですもんね♪
すごく都合がいい話ですが、実話に基づくということは
やはり事実なんですよね^^でも、すごい名誉な話ですよね^^
「芸は身を助ける」と言いますけれど、まさに彼女の場合も
男運にも見放され、学校や保護者からは疎まれて
それでもヴァイオリンが彼女を助けてくれたも同然ですものね。
もうこれで頑張るしかないと思った時の彼女の10年間の功績は
本当に大したものでした。
子供たちにも恵まれて、その後はきっと幸せに暮らしたんでしょうね^^
頑張って、努力すれば、叶わない夢はない・・。
このようなメッセージが伝わってきた映画でした^^
CDさんが以前おっしゃっていた「マディソン郡の橋」今度見てみようと
思います。クリント・イースト・ウッドが共演しているんですね・・これ。
では!CDさん、もしよろしければリンクさせていただいても良いですかね^^
よろしくお願いします!
では!
【2007/05/30 19:52】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
レビューほめてくれて、ありがとうございます!
とてもうれしいです。
でも、分かりやすく伝えたいというのとネタばれとのバランスが
よく分からず、いつも苦労してます。
この文章だとネタばれになってますかね?
本当に知りたいので、できれば思ったままを遠慮無く教えて
もらえるとうれしいです。

「マディソン郡の橋」良かったですよ。「恋に落ちて」もデ・ニーロとの
競演でいいと思います。時間があったら見てください。
(見なきゃってプレッシャーにならないようにしてくださいね)

私のブログにリンクしてくれるんですか!光栄です。いつでもどうぞ!(笑)
私もリンクさせてもらっていいですか?
【2007/05/30 21:28】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!CDさん^^
いつも、お世話になってます^^
私のお気に入りブログにリンク
させていただきましたm(__)m
これからも宜しくお願いいたします^^
では!
【2007/05/31 20:08】 URL | ぴーちからCDさんへ #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
リンクありがとうございます!
私も早速リンクさせて頂きました。
リンクの仕方とかイマイチ自信がないので、
もしもおかしかったらお知らせください。
今後ともよろしくお願いします。
【2007/06/01 00:39】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!CDさん^^
私のブログのリンクを貼っていただきまして
ありがとうございます^^
全然おかしいくなんてないです♪
こちらこそ、よろしくお願いいたしますm(__)m

追伸。「マディソン郡の橋」を観賞しました^^
切ないストーリーでした(涙)
では、またおじゃまさせていただきますね!
【2007/06/02 23:34】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、おはようございます。
そして、返信遅れてごめんなさい。

リンクありがとうございます。本当にうれしいです。
ぴーちさんのような充実したブログには、なかなかなれませんが
よろしくお願いします。

マディソン郡の橋、泣けますよね。
観てくれてうれしいです。

では、またぴーちさんのブログにも訪問させていただきます。
【2007/06/05 09:42】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/41-d33348c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。