映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンの魂/ジョン・レノン
今日はジョン・レノンの「ジョンの魂」をご紹介します。
原題は「JOHN LENNON」というんですが、まさにそのまま、剥き出しの
ジョン・レノン自身について歌われた作品です。先日ご紹介したピンク・フロイドの「狂気」
とは、また別の魅力を持ったロック史に残る傑作だと思います。
ジョンの魂 ?ミレニアム・エディション?
ジョン・レノン
B000051TBA

ジョンは幼い頃(でも物心はついてた)両親が離婚し、叔母ミミの家にあずけられました。
そこで、母親ジュリアとの最初の別れがあった訳です。そして、ある程度大きくなり、再び
ジュリアの元に通うようになって、幸せを感じるようになっていた17才の時に交通事故で
ジュリアがあっけなく死んでしまいます。2度目の別れです。ジョンは、その悲しさ・喪失感を
ずっと引きずって生きてきました。そんな思いをさらけ出したような曲「MOTHER」から
このアルバムは始まります。マザーはこういう叫びからはじまります。

  Mother, you had me but I never had you  
  母さん、僕はあなたのものだったけど あなたは僕のものじゃなかった

イントロの鐘の音に続き、本当に悲痛な声で叫びます。
この歌に続き、「しっかりしろ、ジョン、頑張るんだ」と自分を励ますかのような歌、
(人気者の自分に)仲間面してすり寄って来る連中に「もう、うんざりだ」と
歌ったり、「一人になるのが怖い」と歌ったり、本当に赤裸々な気持ちを歌っています。

そして、GODという曲では、「神なんて信じない ・・・  ビートルズだって信じない」
「夢は終わった」と歌い、ビートルズの解散とそれに伴う非難(主にヨーコへの)に対し、
「僕だけを信じる ヨーコと僕だけを」と歌っています。
世界で最も有名なロックスターといっても過言ではないのに、本当にストレートに
気持ちをぶつけ、全然自分とは境遇も違うのに、共感もし、感動します。
でも、この「夢は終わった」という部分に関してヨーコがこんなことを言ってます。

夢は終わったという言い方が、自分がその夢みたいな世界と縁を切るというのが、
凄く辛いような、そういう人間的なところが非常に出ている。
たとえば、「さっぱりしよう」なんてことを言うときにも言ってるときの声が
かすれてたりしてね。(笑)

やっぱりヨーコはジョンのことをよく理解していたし、ジョンはすごくヨーコの
ことが好きだったんだなと思います。
このアルバムの「LOVE」って曲では「愛は愛を感じること、触れ合うこと、
手を伸ばし、愛に届くこと」という内容のことを歌ってます。ヨーコが今ここにいて
手を伸ばせば触れることも出来、お互いに愛を確かめ合えることが本当にうれしくて
幸せなんだろうなってことが伝わります。ヨーコに嫉妬しちゃうくらいです。(笑)

「OH! YOKO」って曲があるんですが、これが更に、聴いているこっちが恥ずかしく
なるくらいストレートにヨーコへの気持ちを歌っていて、個人的にはすごく好きな
曲です。

こう書くと、この作品がほのぼのとしたもののように感じられるかもしれませんが、
この作品は人間の心の強い部分も弱い部分もすべてさらけ出した、正に魂を感じるような
素晴らしいアルバムです。知っている人が多いと思いますが、是非多くの人に
歌詞カードも見ながら聴いて欲しいなと思います。
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

あら、CDさん、すぐにツェッペリン以外の事を記事にしてるじゃないですか!
仕事が速いですね~

私はこのアルバムは手にして聴いた事がないです。
ラジオで、ジョンの特集などで聴いたくらいですよ。
たいしたコメントは書けません・・・ごめんなさい。

「LOVE」「GOD」は知ってますが、全く正反対の感情を歌ってるんですね。
「LOVE」は愛する事の素晴らしさで、全てが肯定的、
「GOD」は周りの全てに対して否定的。(ヨーコ以外の)
どちらにしても、本当にジョンはヨーコを心から信頼し、
無条件に愛してたんですね~ 
二人の強い結び付きを感じます。

CDさんの書いているように、自分の内面を
そこまでさらけ出しているとなると、
「ジョンの魂」とは、うまく付けた邦題ですね。

大スターと言えども、一人の人間だという事ですね。
【2007/07/27 17:50】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


こんにちは!CDさん^^
久しぶりのコメントとなり、ごめんなさいね。

ビートルズは、私も昔はよく聞きました。
ジョンとヨーコの結婚のエピソードに
ヨーコは英語が堪能だったから、ジョンは結婚したんだと
単純な動機を述べたそうですが、それが何処までの本音か
知りませんが、彼らの愛情はとても深いものだったと思いますね。

彼の作品は『ビートルズ』の大ヒット曲
『 ハード・デイズ・ナイト』では、彼らの多忙な芸能生活を
題材として、あまりに過激なスケジュールに悲鳴をあげたい気持ちを
『ヘルプ』で、訴えた所、これも大ヒットするという皮肉な結果に・・。
売れている時とは、恐ろしい魔物が宿るのでしょうか・・。
本当に赤裸々な歌詞であるが故に、共感されるのでしょうかね。


そんなジョンも熱狂的なファンだった男の銃弾に倒れてしまいました・・。
二人の愛息は、(ショーン・レノン)ジョンにやはり似ていますが、どうしているんでしょうか・・。(でもその前に、シンシアという女性の間にも子供が居ましたね)

しかし、こうして見てみるとジョンは、幼少の頃から薄幸な生い立ちだったのですね・・。
女性は、ジョンにとって母親の面影を見ていたのでしょうかね・・。

では。
またお邪魔させていただきますね!
【2007/07/27 19:57】 URL | ぴーち #- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
YANさんが聴いたことがないとは、すごく意外でした。
「YANさんともあろう方が何故?」って感じです。(笑)
すごくおすすめなので、是非聴いてみてくださいね。

ジョンとヨーコの出会いのエピソード知ってますか?
ヨーコが開いていた個展にジョンが行ったとき、会場内に一つの脚立が
置いてあり、登っていくと天井から虫眼鏡がぶらさがってました。
それを使って天井に書いてあった文字を除くと小さく「yes」と
書いてあったんです。
これを見たとき、あっという間に大スターになってしまったことにより
ストレスも溜まり、疲れ切っていたジョンは、すごく救われたというか
受け入れられたという気持ちになったんじゃないかと思います。
ドラマティックな出会いってあるもんですね。
【2007/07/27 23:18】 URL | CD #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
お久しぶりですね!私こそ「読み逃げ」ばかりですみません。

ぴーちさんも詳しいですね!うれしくなります。
私も「ヘルプ」のエピソードを知ったときは、皮肉だなーと思いましたね。
でも、「誰か助けてくれー」という歌をあんなに大ヒットさせるんですから
凄い才能だなーとも思いました。
いきなり「HELP!」から始まるところなんかすごく好きです。

息子たちはどうしてるんでしょうね?
ジュリアン・レノンのデビュー作は当時よく聴いたんですけどね。

・・・1980年12月8日。あの日の衝撃は一生忘れられません。
何故、マーク・チャップマンはあんなことをしたんでしょうか?
未だに分かりません。本当に残念です。


【2007/07/28 00:07】 URL | CD #- [ 編集]

12月8日
今日は、ジョン・レノンの命日だったんですね。
朝から「イマジン」がテレビなどでも流れていました。
CDさんは、今日ジョンの曲を聴きましたか?
もうすぐ映画「PEACE BED」も公開されるようで、
懐かしいジョン・レノンの姿を見る事ができますね。
それにしても、ヨーコの存在感は大きい!

「ユージュアル・サスペクツ」TBをやってみましたが・・どうかな?
【2007/12/08 17:13】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
そうなんです。今日はジョンの命日なんです。
ですが、私は家でじっくりとジョン・レノンを聴く時間はないので
昨日、行き帰りと移動中の車で堪能しました。
今の時代に生きていたら、どんな曲をかくのでしょうね。
「PEACE BED」も観てみたいです。
ヨーコの存在は、ジョンにとって本当に大きかったと思うし、
ヨーコ自身凄い人だと思います。(そう思い出したのは割と最近ですが)
ところで、YANさんは「大人のロック」という雑誌をご存じですか?
2008冬号を読んでいるんですが、これがまた面白いんですよ。
ジョンの記事もあるし、特集はツェッペリンvsパープルです。
どうですか?そそられませんか?(笑)

TBできてます。ありがとうございました。
最近、私は失敗続きですが、一応やってみます。
【2007/12/08 23:46】 URL | CD #- [ 編集]

「大人のロック」
その雑誌、全然知りません。
冬号って、月刊誌とか週刊誌じゃないんですか?
特集記事は、気になりますね~ 読んでみたいわ!
(完全にそそられました!)

CDさん、TBをトライしてみたんですか?
一度もCDさんから届いた事がないですね~(^▽^;)
なぜでしょう???
【2007/12/10 16:40】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにんちは!
「大人のロック」ご存じなかったですか。
私は、何回か買ってますよ。そそられる記事が多くて面白いです。
YANさんも多分気に入ると思いますよ。
ちなみにこの号では、イーグルス(今までの歴史と新譜紹介)、エリック・クラプトン、
プログレ、ブルース・スプリングスティーンの新譜(かなりいいらしい)等の記事も
載ってます。ますますそそられるでしょ?
大きめの書店なら大体置いてあると思うので、とりあえず立ち読みでもしてみてください。
結果的には、買うことになると思いますが。(笑)

TBは、以前は何度か成功したことがあるんですが、最近どなたにも成功してません。
やり方が間違ってるかもしれないので、またチェックしてみます。
【2007/12/10 18:47】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/50-0bedccdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。