映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の夜
今日は、クイーンの「オペラ座の夜」をご紹介します。
「オペラ座の夜」<最新リマスター・エディション>
クイーン
B000BJS8Q8


クイーンは、中学生の頃から聴き始めた洋楽で、最初に夢中になったバンドです。
そのクイーンの最高傑作が、この「オペラ座の夜」です。
このアルバムはぶっとびました。曲調もコーラスも本当にバラエティーに富んでいて、
最初から最後まで構成も完璧、「よくこんな曲が書けるなー、よくこんな音が出せるなー」
と感心しつつ、何度も何度も聴き込みました。
素晴らしい作品に敬意を表して、レコード盤をチリ一つ無いように丁寧に拭き取り
集中できるよう部屋を暗くして、大音量で聴いていたことを思い出します。
(もうこんなことして音楽を聴くこと、なくなってしまたなー。)
ジャケットも良かったし、「ノー・シンセサイザー」っていう表示も、自分たちの音楽
に対する気概が感じられて、すごく格好良く思ったものです。
メンバーの写真を見ても、みんな彫りの深い顔で髪も長く、服装もそれっぽかったので
「貴族みたいだなー」なんて思ってました。(今思えば笑っちゃいますが)

1曲目「デス・オン・トゥー・レッグス」の怪しげなピアノのイントロから始まり、
めくるめく音世界が繰り広げられ、名曲「ボヘミアン・ラプソディ」で最高潮に
達します。で、終わりかと思うと最後に「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」(イギリス国歌)。
いや~、しびれました。
この他にも「ラブ・オブ・マイ・ライフ」なんていう非常に美しい曲もありますし、
個人的には「預言者の唄」っていう曲も大好きです。よくこんな曲を思いついて、
こんな風に仕上げるなーと感動してしまいました。
とにかく、最初から最後まで通してじっくり聴きたい名盤です。

そんな「オペラ座の夜」でしたが、聴き過ぎたせいか、ここ数年全然聴いてなかったん
ですが、最近になって30周年アニヴァーサリーエディションというのを購入し、
改めて聴き直しました。これには、DVDがついてるんですが、これがまたいいんです。
詳しくはココをクリックしてください。
オペラ座の夜 (30周年記念スペシャルエディション)
クイーン
B000BLE4L4


「オペラ座の夜」全曲が順番もそのままに、まるごと収録されてるんですが、その
1曲1曲にライブ映像とかPV映像とかがついてるんです。更に音声は5.1chミックスされて
いてすごく音もいいし、広がりを感じさせる面白い音になってます。
初期のライブ映像でフレディのレオタード姿が映ってるんですが、髪型も含め
よくこんなカッコできるなーと笑っちゃう感じなんですよ。あの、足を広げて片手を
天高く突き上げる独特のポーズ、その時の背中から足にかけてのライン!男らしさとも
おかまっぽさとも違う、正にフレディならではのポーズですよね。
クイーンはスタジオワークもすごいんですが、ライブパフォーマンスもすごいんですよ。
昔あった「ライブ・エイド」という世界的な音楽イベント(ウィー・アー・ザ・ワールド
も生み出した)のクイーンは圧倒的な存在感でした。大物アーティスト目白押しの
イベントなので、当然クイーン以外のファンの人もたくさんいたはずなんですが、
会場全体を一体にして盛り上げていて、圧巻でした。フレディのカリスマ性がよく分かります。

クイーンは好きな曲もアルバムもたくさんあるんですが、アルバムでもう1作挙げるとすれば
「クイーン2」です。これはそんなに有名ではないんですが、「オペラ座」が好きな人や
プログレが好きな人にはおすすめです。特にアナログ盤でB面にあたる「ブラックサイド」と
呼ばれる5曲目から10曲目までの組曲のような部分は、オペラ座に勝るとも劣らない
完成度で好きな人にはたまらないという名盤です。
クイーンII
クイーン
B00005NDEM



最近、フジテレビのF1中継でクイーンの「フラッシュのテーマ」が多分リミックスされて
使われてますが、あれも結構いいな~と思います。
クイーンは、また別の機会に取り上げるかもしれませんが、とりあえずこのへんで。


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
Queenですか!
CDさん、こんにちは!

QueenはROCKファンじゃなくても幅広い層に人気がありますね。
最初は、日本で人気が出たんでしょう?
御多分に洩れず、私も最初はルックスから入りました。(^_^;

だけど、それだけのグループじゃなかったですね。
フレディのヴォーカルがやっぱり一流だし、
あと完璧なハーモニーや独特のギターサウンドが華麗です!

「Ⅱ」~「オペラ座の夜」どれもいいですよね。
(私は傾向として、だいたいどのグループも初期の数枚買う事が多いかなあ)
CDさんと同じく、レコードふきふきして、聴きましたよ。(^^)

やっぱり「ボヘミアン・ラプソディ」は誰もが知っている名曲ですね!
この曲の展開は、予想を裏切るような形になってますね。
これぞ、ロックとオペラの融合なんでしょうねえ。
こういうのよく考え出したなあと、ひたすら感心します。

音楽DVDの中で、ひょっとしてQueenのものが一番多いんじゃないですか。
見栄えがするし、フレディが今はいないから、
余計に需要があるのかもしれません。
「30周年エディション」 また面白そうなものを見つけ出しましたね!

「Ⅱ」のホワイトサイドのラストも皮肉たっぷりでいいですよ。
前半は息子に母親を大切にしろと言ってるかと思ったら、
後半は母親に、息子の好きにさせてやれ・・だって。
母親はゴチャゴチャ言うなってか?o(`ε´)=====〇 バキッ!! ☆))
【2007/09/12 17:39】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
クイーンはアルバムで言うと「世界に捧ぐ」あたりから聴き出し、
遡って「オペラ座」で感動し、ハマってしまいました。
で、「ザ・ゲーム」でシンセサイザーを使ってポップになったのが
ちょっとなーと思いつつ、あまりにもキャッチーな曲揃いだったので
それなりに満足してたんですが、「ホットスペース」、「ザ・ワークス」と続いたところで
「クイーンは終わった」と思い、聴かなくなってしまいました。
今聴けばまた違うと思うんですが、当時は「もっと長くて複雑な曲をやってくれよー」
という感じでした。
が、去年あたり人と話していて、急にクイーンが聴きたくなり、とりあえず
最後のアルバム「イニュエンドゥ」を聴いてみたら、これがなかなか良くて
改めてまた聴くようになったんですよ。

レコードふきふき、懐かしいですよね。カセットに録音するときはもっと大変でした。
FMのエアチェック(死語?)も曲紹介からイントロまでの間がある番組を選んだりして。
何かすごく真剣に聴いてた気がしますね。

「2」に関するコメントですが、知りませんでした。(2は歌詞カードを持ってなかった)
そういうことを歌ってたんですねー。さすがYANさん、丁寧に聴いてますね。
こういうコメントすごくうれしいです。
次に聴くときに、より理解が深まるし、YANさんの思い入れも伝わって
そのこと自体もうれしくなっちゃいますよ。
また、鋭いコメントお待ちしてまーす。
【2007/09/13 01:21】 URL | CD #- [ 編集]

ZEPが!
じゃあ、Queenに関しては、CDさんは後期のほうをよく聴いたんですね。
私は「オペラ座の夜」以降は、アルバムとしてはあまり聴かずに、
もっぱらベスト版を聴くようになりました。

Queenの場合、ベスト版のほうが、ヒット曲がたくさんあって、
聴きやすいと、私は思います。

ところで、CDさん、ツェッペリンが再結成というニュースをやってましたよ!
まあ、これは、別に世界ツアーをやるわけじゃなく、
多分、1回限りの事だと思うんですが。

ジョン・ボーナムの代わりは、なんと彼の息子さんがやるらしいです。
面白そう!
Yahooニュースかなんかで、また確かめてみてください。
【2007/09/13 12:03】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
クイーンにのめりこんで、良く聴いていたのは4(オペラ座)~6枚目です。
ハードロック路線ならツェッペリンの方がはるかに好きなので
1,3枚目はあまり聴きませんでした。
なので、後期は私もあまり知らないんです。
でも、最近聴いたラストアルバム「イニュエンドゥ」は、また昔のクイーンに戻ったようで良かったんですよ。
ちなみに、タイトル曲の間奏で、イエスのスティーブ・ハウがフラメンコ風のギターを弾いてるんですが
これがまたいいんですよ。

ツェッペリン再結成!早速調べました。今回は本当のようですね!
貴重な情報ありがとうございます!
ザ・フーはキースの代わりにリンゴ・スターの息子を入れて復活しましたが、
ジェイソンもザック・スターキーのようにフィットするといいですね。
一番心配なのはロバートの声です。ちゃんと出せるんでしょうか?
【2007/09/13 15:13】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/57-6ff8a0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。