映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック・ユー!
中世のイギリスを舞台にしながら、何故かQUEENの「WE WILL ROCK YOU」をはじめとする
ロックの名曲が全編に流れる映画、「ロック・ユー!」を観ました。
ロック・ユー
ヒース・レジャー ルーファス・シーウェル シャニン・ソサモン
B000NO2826

時は14世紀のイギリス。騎士しか参加できない馬上槍試合に身分を偽って出場し、ちゃくちゃくと勝ち進んでいく平民ウィリアム(ヒース・レジャー)とその仲間たちの恋と青春、そして闘いの日々を描いた、スポ根時代甲冑活劇の快作。
音楽になぜかクィーンなど往年のロック曲を使用しているが、そのミスマッチ感覚が逆に中世ヨーロッパの空気感とも奇妙に融合しており、新鮮でおもしろい。
『カンタベリー物語』など中世英国文学の大家として知られるジョフリー・チョーサー(ポール・ベタニー)も登場し、狂言回し的にドラマを盛り上げてくれているが、それ以上に時代設定も何のそので、黒太子エドワードがお忍びで試合に出るなど、ユニークなシーンも満載である。(的田也寸志) (アマゾンより)

オープニング、馬上槍試合の場面でいきなり「WE WILL ROCK YOU」が流れるんですが、
これが何故かすごく合うんです。あのシンプルなイントロが試合開始前の観客の手拍子と
重なり、一気に気持ちを盛り上げ、フレディのパワフルで高揚感あふれるヴォーカルに乗って
馬が疾走し、場所から騎士達が激しく槍の一太刀を交わし合う!このオープニングは本当に
エキサイティングでした。そして、エンディングでは「WE ARE THE CHAMPIONS」が
流れるんです。この映画、この2曲、もっと言えばオープニングシーンが撮りたいためだけに
作られたんじゃないかと思うほどはまってました。

オープニングもエンディングも主語は「WE」なんです。ということで、友情をテーマにした
映画でもあるんですよ。更に平民である主人公が貴族しか出られない馬上槍試合でチャンピオンに
なるという「やれば必ずできるんだ」的なところもあり、ポジティブさ満載の映画です。
なので、ストーリー的には目新しさは無いんですが、何も考えずに元気な映画を観たいときには
ぴったりかなと思います。

それと、狂言回しとしての作家チョーサーをポール・ベタニーが演じてるんですが、私には
主役以上に存在感を放っているように感じました。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
観ましたか!
CDさん、こんにちは!
うわ~CDさん、最近、映画鑑賞が進んでますね~
ちゃんと約束どおり、この作品も観てくれたんですね!ありがとう★

これは本当にQueenの曲ありき・・・みたいな作品でしたね。
ひょっとしてQueenの2曲からインスピレーションをもらって
作ったとも思えるくらい、ジャストフィットしてました。

主人公達のポジティヴさから、こちらも元気がもらえる楽しい作品ですよね。

そう、ポール・ベタニーは異彩を放ってるんですよね~
なかなか面白い俳優さんだなあと思って、いつも観てます。
だけどぉ・・・主役を食ってました?
私はヒース作品ではこれが一番カッコ良く見えると思ってるんだけどなあ。
確かに、ポールがヒースを食ってると、
チラホラそんな声も聞えてるんですよね。。。
【2007/11/09 16:54】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


「カンタベリー物語」のジェフリー・チョーサー・・・
聞いたこと無いけど有名な人みたい★ 
そんな小ワザの聞いたキャラだったんですね~

あー、友情の「We」かー、それもあるかも♪
私はなんとなく平民全体の「We」かなーと感じました^^(特にオープニングの方は)
【2007/11/09 17:37】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


YANさん、こんばんは!
この映画のご紹介、ありがとうございました。
中世の騎士者ってそんなに好きじゃないので、おすすめがなかったら
多分観てません。なので、おすすめしてもらって良かったです。
似たタイプの映画で、例外的に大好きなのは「ベン・ハー」です。
(古っ!映画の時代背景も古代ですね)

この映画は、クイーンとかデヴィッド・ボウイとか曲も良かったし、見終わってスカッと
するタイプの映画ですね。
ヒース・レジャーってかっこいいとは思うんですが、私にとっては印象度が
薄い役者なんですよ。まともすぎちゃうっていうか。
YANさんは大ファンのようなので、申し訳ないんですが、そんな感じです。

「ブロークバック」とか「レディ」とかも頭の中にはあります。
また、ぼちぼちと観ていきたいなと思ってます。
【2007/11/09 22:28】 URL | CD #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
チョーサーは私もそんなによくは知らないんですが、すごい有名な作家ですよね。
だから、あの演説の饒舌さに説得力があるのかなと思いました。

平民全体のWEですかー。確かにオープニングは完全にそうですね。
私は、全体を見終わった後に古き良き友情モノという感じがしたので
その印象が強いんですが、平民が世の中に立ち向かう感じもありましたね。
【2007/11/09 22:33】 URL | CD #- [ 編集]

ああ、ヒースはまだまだね・・・
「ベン・ハー」は名作ですよね~!
あの頃のチャールトン・ヘストンは男らしくて最高でしたよ。
騎馬戦のシーンは迫力があってすごかったし、
ストーリーも深みがあり、見応え充分でしたね!

中世の騎士ものが苦手でした? 良い作品がいろいろあるのに~
「ベン・ハー」と似たような「グラディエーター」は観てないですか?
アカデミー賞を獲った作品です。これも良かったですよ。
あと、ディカプリオの「仮面の騎士」は、男気が伝わってくるところが、
CDさんも割りと好きな感じだと思うんだけどなあ~

またリストの作品を増やす事になるので、やめておきましょう。
でも「ブロークバック・・」より「仮面の騎士」のほうが、
共感できそうな気がしますが。。。
【2007/11/10 14:04】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

【2007/11/10 21:21】 URL | みんな の プロフィール
#- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
「ベン・ハー」いいですよねー。最高です!
騎馬戦のシーン、CGに頼らない迫力満点の名シーンですね。

そうそう、グラディエーターをすごく期待してみたんですが、何か私には
いまいちでした。あと、メル・ギブソンのやつとか・・・。
「仮面の騎士」は知りませんでした。気になりますが、本当にどんどんリストが
増えちゃいますね。

私は、かなり映画は観ている方だと思ってたんですが、
ブログを始めてみると、まだまだ全然観てないなーということを
すごく感じるし、世の中にはめちゃくちゃ映画をたくさん観ている人が
たくさんいるんだなーということにきがつかされますね。

【2007/11/11 23:31】 URL | CD #- [ 編集]

本当に
CDさんの言うように、
みなさん、よく映画の事を知ってるし、
たくさんの作品をご覧になってますよね~ 感心します!
新作はもちろん昔の作品でも手軽に観られるような状況ですもんね。

ただ、興味や意欲の問題だけじゃなくて、時間の問題もありますよね。
多くの作品を観られる方は、ゆとりがあるんだなあ~って、
半分うらやましいような気分です。

私の場合は映画にかける時間があまり取れません。
まあ、忙しいというのも、それだけ自分が必要とされているという事だから、
残念に思うものでもないんですが。

CDさんや他のみなさんに刺激を受けながら、
新しい知識・情報を増やしていけるので、
ネットの繋がりは、ありがたいですね。
また、これからもいろいろ教えてくださいね!
【2007/11/13 14:16】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
私もYANさんをはじめ、皆さんからいい刺激を受けています。
本当にネットの繋がりってありがたいですよね。
私の場合、記事を書くのもコメントを書くのもすごく時間がかかって
しまうので、映画のタイトルとかで検索して、ただ記事を読むだけの
ブログもたくさんあるんですが、本当に色々な角度からその作品を
とらえている人がいて、面白いです。
ネットが普及する前には考えられないくらい、手軽に理解を深めることが
できるようになりました。
YANさんのように、音楽でも共感できるのはすごくうれしいし。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
【2007/11/13 16:28】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!
あ、ありました!
確かCDさんとこで、お見かけした作品だったな。と思いだして
お邪魔しました!(いつも、忘れっぽいのと、忙しない性格なんで
ついお友達が記事を書いているのを忘れてしまってます。
今回は、CDさんとこで絶対見た記憶が!!!とぽんと思い出せました(^^A
そしていつも、これ見ますね~と口ばっかり・・と飽きられているかも知れませんが(><)
最近はこの決まり文句、確信が無い限り、言わないようにしてます(^^:

前置きと、言い訳ばかり長くなりましたがw
冒頭のクイーンの曲は良かったですね!

そして、青春スポ根的な要素満載で、
楽しい作品でした!
平民が貴族の振りして登場すると、首ちょんぱ!というのは
さすがに凄いですよね(><)
でも、ヒースの表情も若々しくて、ヒーローらしい
演技も最高でした!!
それでは、また、お邪魔しますね!

【2009/01/29 19:14】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
よくぞ覚えていてくれました。うれしいです!
私の所のこんな古い記事を覚えていてくれるなんてすごいと思います。
ぴーちさんの記憶力は私に比べたら天才並みです。(笑)
毎日あれだけの記事を書いて、映画鑑賞本数も多いし、ブログ友達も
コメントのやりとりもすごく多いのに、よく記憶していられるなーと
感心しました。

「WE WILL ROCK YOU」本当に良かったですよね。
時代的には合うはずないのに、最高に嵌ってました。

何も考えずにポジティブに楽しむにはいい作品ですよね。
戦うシーンは生々しい迫力があったし。
舞台が中世と言うだけで、ぴーちさんの言うように青春スポ根的な映画でしたよね。
ヒースも溌剌としてました。
私も後で訪問させていただきます。



【2009/01/30 10:43】 URL | CD #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/30 18:59】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/69-7e5b0de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロック・ユー!

監督:ブライアン・ヘルゲランド製作:2001年アメリカ出演:*ヒース・レジャー *ポール・ベタニー *アラン・テュディック決闘血が上がる。中世の騎士のお話を現... Rocking Chair Blog【2007/11/09 16:56】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。