映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八甲田山
ここのところ、割と新しい映画が続いてましたが、今日はぐっと古くなって
八甲田山です。
「八甲田山」1977年公開、森谷司郎監督、主演:高倉健、北王路欣也、三国連太郎
八甲田山 特別愛蔵版
新田次郎 橋本忍 森谷司郎
B000219OY0


いやー、凄かったです。雪、雪、風、吹雪、雪崩、また雪!それに対する人間は
凍え、疲労し、狂い、死んでゆくという感じで壮絶でした。
ストーリーは、こんな感じです。
1902年、日清戦争で過酷な寒さの中、犠牲者を4000名を出す戦闘を経験したことに
より、寒さに慣れているロシアとの戦争に向け(日露戦争)、雪山・寒冷地での戦闘等に
対する対策として雪中行軍を決行することになった。青森を出発する、神田大尉(北王路)
率いる第5連隊と弘前を出発する、徳島大尉(高倉)率いる第31連隊が同時に八甲田山を
目指すことになった。5連隊は、210名の大部隊、31連隊は27名という少数精鋭の
部隊で挑戦するのですが、人数の違いだけではなく、5連隊は自然の力をみくびり自然を
征服しようとするやり方、31連隊は自然の恐ろしさをよく分かった上で、地元の人々の
力も借りながら、何とかしのいでいこうとするやり方、その違いでもあったと思います。
どちらがいい結果をもたらすかというのは想像通りだと思いますが、それを圧倒的な迫力で
納得させられます。
3時間近くあり、軽さもまったくないので、そういうのがだめな人にはお勧めできませんが
かなり良かったです。ちょっと腰を据えて見てみるかと言う人は是非見てください。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
またお邪魔します
昨日は、私のサイトに訪問してくださって、ありがとうございました。

「八甲田山」昔、観たと思うんですが、内容は忘れてます。
でも、吹雪の中での想像を絶するロケ裏話を、
当時の出演者の方々が話していた記憶がありますよ。

私は、現在、映画館になかなか行けない状況、
と言うか、映画自体を観る時間がない状況なので、
新作の話には残念ながらついていけません。

こういう古い映画が出てくると、ホッとしたりします。(;^_^;

これからも、よろしくお付き合い願いますね!
【2007/02/24 12:42】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]

またまたありがとうございます!
2度目の訪問ありがとうございます!
もうYANさんは一生忘れられない人になりそうです。(笑)
私も普段はなかなか見られないんですが、今は家族が妻の実家に帰っているのと
ブログの立ち上げだからということで、気合い入れてDVDを見まくっています。
で、古い映画も凄く好きです。八甲田山は見そびれてて上映時間の長さから
ためらっていたのを、やっと見ることができました。
しかし、八甲田山も見たことあるなんてYANさんもなかなか奥が深そうですね。
今後も末永いおつきあいをお願いします。
【2007/02/25 22:56】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/8-bc7de02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。