映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣けた映画
皆さん、こんにちは!
今までは、映画などを観てその感想を記事にしてきましたが、
なかなか映画を観る時間も取れず、更新がままなりません。
それどころか、ちょっと時間があるからDVD借りようと思っても
「観たら記事を書かなきゃ」と考え、「そこまでの時間はないなー」と
なり結局映画を観ること自体をやめてしまうこともしばしばという
本末転倒状態にもなっています。
なので、今までに鑑賞した作品の中で好きな物を思い出しつつ、
ちょこちょこっとご紹介していこうかなーと思います。
と言っても、感動した作品でもすぐに忘れてしまうので、マイベスト的な
ことではなく、その都度思い出した物について書いていくという
いい加減な感じになりますが、皆さんからもコメントいただけると
うれしいです。

まず、今日は「泣けた映画」からです。
私の場合、若い頃は血も涙もないタイプで何を見ても一向に
泣けなかったんですが、子供が生まれてからは涙腺が緩みっぱなしで
何を観ても泣けちゃうという感じなんですよ。
なので、当然親子物には非常に弱いんですが、そんな中でも一番
泣けたのは「ライフ・イズ・ビューティフル」です。
ライフ・イズ・ビューティフル
ロベルト・ベニーニ ニコレッタ・ブラスキ ジョルジオ・カンタリーニ
B000A16QIY

この映画、何がすごいかって、唯一「思い出し泣き」をしてしまった映画なんです。
映画を観たときにも当然泣いたんですが、その後何日も経ってから、ふいに
映画のシーンが甦り、その場でまた一人泣いてしまったという、周りから見たら
気味悪いことこの上ないような経験をしてしまいました。(笑)
自分は絶望的な状況に陥っても、あんな風にユーモアを持って子供に接し、
明るく前向きに生きられるよう育てていけるのか考えてしまいました。

次は全然別のジャンルから「アルマゲドン」です。
アルマゲドン
ブルース・ウィリス ベン・アフレック リヴ・タイラー
B0009Q0JY2

この映画では、自分は家族とか愛する物のため、もっと大きく言えば人類のために
自分を犠牲にして行動することが出来るのかということを考えさせられました。
ブルース・ウィリス(演じる男)の選択にしびれました。

次は日本映画から「いま、会いにゆきます」
いま、会いにゆきます スタンダード・エディション
竹内結子 中村獅童 武井証
B00061Q6VK


これは個人的には何と言っても竹内結子が良かったんですが、ストーリーも
「こういう風につながるんだ~」というところもあったり、家族愛という物も
すごく伝わってきてじんわりと来ました。風景と言い、オレンジレンジの歌といい
日本映画ならではの良さが出ていたように感じました。

日本映画で古い物をもう一つ。「蒲田行進曲」です。
蒲田行進曲
松坂慶子 風間杜夫 平田満
B000K4WTFU

血も涙もない時代に観たのに、何故か泣けてしまった作品。平田満の「コレが
コレなもんで・・」というセリフとかあの表情。何か引き込まれたんですよね。

最後に、それ程メジャーではないけど、共感してくれる人がいたらうれしいと
いうことで、もう一つ。「パリ・テキサス」です。
パリ、テキサス デジタルニューマスター版
ハリー・ディーン・スタントン ヴィム・ヴェンダース
B000G1R3RQ

この映画で、主人公トラヴィスがマジックミラー越しに妻と会話するシーン。
号泣。本当に切なかった・・・。

ということで、とりあえず、思いつくままに5つほど並べてみました。
並べてみると自分がいかに乗せられやすくて単純な人間かというのが
分かる気がしてちょっと恥ずかしいかも。まー、でも単純でいいんです。
観ている間、入り込めたし、それなりに糧にもなってると思うし。

良かったら、皆さんの泣けた映画も教えてくださいね。




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

半月ほどまえ、TVで(スマステーション?香取慎吾のヤツ)「泣ける映画」スペシャル、みたいなのをやってました。
途中から(6位くらいから)みたのですが、たしかその6位が「ライフ・イズ・ビューティフル」。
「ええっ!こんな泣けるのが6位なら一位はいったい何!?」とワクワクしてたら
二位が「アルマゲドン」で一位が「タイタニック」(逆だったかも)。
それって泣ける映画ランキングじゃなくて、ヒットした映画ランキングなのでは(´д`)
まあ、皆”自分が観た事のある映画の中から選ぶ”わけだから仕方ないのかな~★

私の泣ける映画ベスト1は「きみに読む物語」です!コレはめっちゃ泣いた~
第二位はTVアニメ「フランダースの犬」。最後2話分、号泣の嵐・・・
あっこれは映画じゃありませんでしたね^^; 映画化されたものは未見です☆

CDさんの挙げた5本のうち、前3本は私も好き^^
でも「鎌田行進曲」はそれほど・・・
「パリ・テキサス」もむかーし観た事あるんですが、あんまり良さが分かりませんでした。(20年以上前。ほとんど覚えてない)
一年程前TVで夜中に放映があったのでタイマー録画したら、途中までしか入ってなかったし(T_T)
縁が無いのでしょうか・・・
【2008/01/25 18:06】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
スマステでそんな特集やってたんですね。
1位のタイタニックは私的には不思議ですねー。映画館で最後まで面白く観たんですが
泣ける要素はまったくありませんでした。
随分前に「ゴースト」も映画館で観ましたが、その時と同じような感覚です。
女性客率が異常に高く、そのほとんど泣いているような状態でしたが、
まったく泣けませんでした。私は、ウーピー・ゴールドバーグと陶芸シーンの
エロティックさがお気に入りでした。(笑)
「きみに読む物語」ですかー。残念ながら、その作品は知りません。
わさぴょんさんが一番泣けたというくらいだから、気になって調べてみましたが
確かに泣ける感じの話のようですね。
またまた、リストが増えてしまいました。
フランダースの犬は確かに号泣モノなんですが、私はちょっと苦手なんです。
あまりに救いが無さ過ぎて・・・。
パリ・テキサスは誰が観ても面白いという映画ではないですよね。
好きな人でも「泣ける」という感じではないという人が多いかもしれません。
でも、私にはすごくはまって、しかも泣けてしまうんですよ。
そういう映画ってありませんか?
【2008/01/25 23:18】 URL | CD #- [ 編集]

涙腺ゆるいです
CDさん、こんにちは!
こういう企画、いいじゃないですか♪
私も今、なかなか映画を観られないので、
昔の映画メモを駆使して、古い作品ばかりネタにしてますよ(^^ゞ

でも、記事を書かなきゃいけないから映画を控えるなんて、おかしいですよ。
誰も、CDさんがどんな映画を観てるか監視してないんだから、(≧ε≦)
書きたくなければ書かなきゃいいだけですもん。
ブログのために映画を観るわけじゃないんですからね~

「ライフ・イズ・・・」は感動する作品ですよね。
前半は主人公のお調子者ぶりに、うんざりしそうだったんだけど、
後半になって、どんな状況下においても徹底した明るさ前向きさに、
強く心を打たれました。全ては愛する家族のため・・・いいですね!

「アルマゲドン」は俳優陣が個性的で、男気を感じました。
楽しめた作品でやっぱり泣いたけど、
私の中ではすごく感動ってほどではなかったです。

「蒲田行進曲」も男気ってところで共通してますよね。

私が泣けたのは「海を飛ぶ夢」これは実在の人物の尊厳死を扱ったもの。
主人公の気持ちに共感して号泣でした。
「レナードの朝」デ・ニーロの演技が見事過ぎるほど、最高です。
有名なところでは「ショーシャンクの空に」「アイ・アム・サム」
もちろん「ブローックバック・・」を忘れてはいけませんでした。
ヒース。。。!! 今観たら、ますます泣けます・・・
【2008/01/26 13:25】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
この企画、乗って頂いてありがとうございます。
私もYANさんのようにメモを残していれば、同じやり方を
していたと思いますが、メモをつける習慣はなく、
自分の記憶に頼るのはご存じの通り、あまりにも無謀で・・・。(笑)

記事を書くために映画を控えるのがおかしいのは勿論分かってるんですが、
何故かそう思ってしまったこともあるんですよ。
なかなか観られないから、せっかく観たら何か書こうと思うし、
だけど書くのにまた時間がかかるし・・・という感じなんです。
結局文章書くのが苦手なんでしょうね。
まー、でもこれから観る時間があれば、とりあえず観ます!

ライフ・イズは本当に泣けました。YANさんの言うように主人公の
印象も前半と後半ではガラッと変わりますが、見終わってから
前半の行動を思い起こすとそれも許せる感じがしました。

アルマゲドンは男気を感じますよねー。エアロスミスも良かった!

海を飛ぶ夢は知りませんでした。レナードの朝は知ってはいたけど
未見です。わさぴょんさんに引き続き、YANさんの1,2位も観てないなんて
まだまだ映画の世界は奥深いですねー。上記2作は是非観たいです。
そして、感動を分かち合いたいですね!

そう言えば、アイアムサムはすごく泣けました。ビートルズのカバーも
いい感じでした。ショーシャンクは好きだけど、泣けるという感じは
なかったんですよ。
ヒース・レジャー・・・悲しいですね。YANさんに教えてもらった
ロックユーのあのタフそうな若者がこんなに早く亡くなるなんて・・・。
ご冥福をお祈りします。
【2008/01/26 23:04】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/81-4ecda4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。