映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と悪魔/ダン・ブラウン
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」を読みました。
「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン教授シリーズ第1作です。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
4042955010


ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに大量反物質の生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持込まれていた―。 (アマゾンより)

これもダ・ヴィンチ同様すごく面白かった!あれが好きな人なら絶対おすすめです。
物語は、セルン(欧州原子核研究機構)の内部で、反物質の大量生成に成功した
科学者、レオナルド・ヴェトラが胸に「イルミナティ」という焼き印を押されて
殺されるところから始まります。
イルミナティとは古の秘密結社で、元々はカトリック教会と対立してきた科学者達の
集まりに端を発したもので、だんだんと過激さを増しつつ、フリーメイソン等別の
組織に潜入しつつ支配してきたと噂されている。反物質というのは、エネルギー効率
100%というとんでもないエネルギー源で、1gで広島に投下された原爆と同等の
エネルギーを有している。
カトリックの総本山であるヴァチカンで前法王が死去したことによる「コンクラーベ」
(次の法王を選ぶこと)が行われている日に、レオナルドの暗殺者から、
有力な候補者4人を次々に暗殺すると同時に、反物質を使って、ヴァチカンを
壊滅させるという犯行予告が入る。
それを阻止するために、ラングドンが中心となって、暗号を解きつつ一歩一歩
真相に近づいていくというタイムリミットサスペンスです。
そこに、イルミナティを始め色々な知識も得られるし、謎解きにも参加できるし
観光案内風なところや恋愛ネタも絡んだりして、エンターテイメントの極みの
ような作品でした。
そして、全体を貫くテーマとして「宗教と科学」というものがあり、これも
結構考えさせられます。
私は、無宗教なので、どちらかといえば科学派なんですが、カトリック側の
人物のセリフにはハッとさせられました。すごく短くまとめると、「科学は
色々な人間の欲望に応えてきたが、民に力だけを与え、その枠組みを示して
いない」「科学の教科書には核反応を起こす方法は書かれているが
その善悪を問う章はない」というようなことです。
温暖化や核兵器の開発、クローン技術の問題等、進化・進歩の名の下に
その意味を深く考えずにやみくもに進んでしまうことに疑問を感じていたので
やっぱり宗教も大切なのかもと思ってしまいました。作者はそれがいいたくて
この作品を書いた訳じゃないと思いますが。
でも、反物質の生成は本当に成功しているようなので、どうか使い方を間違え
ないようにと願わずにいられません。
とにかく、読んでいるときは夢中になれるし、知識欲も刺激される、
素晴らしい作品でした。


スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント
よく見ました
CDさん、こんにちは!
これは、「ダ・ヴィンチ・コード」とたいてい一緒に本屋さんに並んでましたね。
私は「ダ・ヴィンチ・・」のほうはすごく面白いと思ったので、
「天使と悪魔」もいけるとは思います。

友達は、断然「ダ・ヴィンチ・・」のほうが良かったと言ってたんだけど、
CDさんの感想では、こちらもなかなか充実した内容のようですね。
【2008/01/30 17:05】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
私は、ダ・ヴィンチ・コードも天使と悪魔も甲乙付けがたいと思いました。
ダ・ヴィンチの方が、親しみやすさとか華やかさがあり、謎解き要素が多く、
天使と悪魔は、やや渋い感じで、タイムリミットがある分、サスペンス要素が大きい
かなという印象です。
この作品で、キーワードになる「イルミナティ」「反物質」「セルン」等が
いずれも興味深く、「へー、そんなものがあったんだー」という発見があり、
科学と宗教の対立みたいなテーマも面白かったです。
今、シリーズ3作目を執筆中だそうですが、これも完成したら読んじゃいそうです。

【2008/01/30 18:04】 URL | CD #- [ 編集]

コンクラーベ
長そうで、記事を読んだだけでギブアップです~(´д`)

しかし「コンクラーベ」って。 そんなトコだけは見逃さない私☆
【2008/01/30 18:18】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/30 22:45】 | # [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
確かに長いですが、結構あっという間に読めましたよ。

>しかし「コンクラーベ」って。 そんなトコだけは見逃さない私☆
ん?わさぴょんさんが気になったのは「根比ーべ」ってことですか?
私は、初めてこの言葉を聞いたとき、そう思ったんですが。
でも、この儀式、本当に根比べ的な側面もありそうです。
【2008/01/30 23:53】 URL | CD #- [ 編集]


フリーメイソンは歴代アメリカ大統領や、ナポレオンなどもメンバーだったとか。世界中の
そうそうたるメンバーが挙げられていますよね。先日の『ナショナル・トレジャー』でも
このフリーメイソンの存在に触れていましたので、思い出しました。
ダヴィンチ・コードも面白い映画でしたね!
トム・ハンクスも若いときの頃より、カッコよくなってますね!
年齢を重ねる毎に、ハンサムになる人ってステキです。

【2008/02/11 17:20】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
フリーメーソンって本当に色んな噂がありますよね。
陰謀説みたいな時にはよく名前が出てくるし。
実態はよく分かりませんが、すごく興味をそそられる存在です。
ナショナル・トレジャー2ですか?
すごく観たいんですよ。
ぴーちさんは劇場鑑賞もよくされてますよね。
私も本当はもっと観たいんですけどね。
ダ・ヴィンチ・コードは私も面白かったです。
トム・ハンクスはそんなに好きじゃないんですが。
でも、年を重ねる毎に魅力の増す男にはなりたいです!(笑)
【2008/02/11 22:50】 URL | CD #- [ 編集]

年末のご挨拶
CDさん、お元気ですか?

やっとこの本を読み終えました。
日が飛び飛びになり時間がかかり過ぎたので(^_^;
ちょっとタイムリミットというテンポ感がつかめなかったんだけど、
やっぱりこういう知識欲を刺激してくれる作品は面白いですね!

宗教と科学の対立も興味深く読みました。
ただ、科学側が反物質を「神を照明してくれるもの」として
捉えていたいうくだりが、なんとなく分かりにくかった・・・(^▽^;)

映画のほうも観たけど、記事アップは来年にしようと思います。

しかし、今CDさんの記事を読んで思った事があります。
以前はすごく丁寧に長い感想を書いてたんだなあ~って。(≧ε≦)

いやどんな内容でもいいので、
これからも継続はしていって下さいね。
でないと、交流できないもんね~(^_^)
応援してます★

では、本年もお世話になりました。
良いお年をお迎え下さいね!
【2009/12/28 18:10】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんばんは!
大変ご無沙汰しておりますが、コメントありがとうございます。
いつも気に掛けてくれて本当にありがとうございます。
そして、長期間記事更新してなかったため、コメントも承認待ちに
なってしまってたようで、すみません。

知識欲を刺激してくれる作品はいいですよね。
私も宗教と科学の対立は興味深かったです。
確かに反物質と神とのくだりはわかりにくかったですね。
でも、宗教と科学ってお互いに認めてたり、利用し合ったりしてる
部分があるのかなーなんて思い、面白かったです。

>しかし、今CDさんの記事を読んで思った事があります。
以前はすごく丁寧に長い感想を書いてたんだなあ~って。(≧ε≦)

自分では始めた頃からずっと短い記事しか書いてない気がしてるんですけど
そんなに長い感想書いたことありましたっけ?
でも、長さはともかく継続はしてかなきゃなーと思います。
私もYANさんとの交流は続けていきたいですから。

こちらこそ、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

良いお年を!


【2009/12/30 00:12】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/83-688c837d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。