映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レナードの朝
実話を元にした映画、「レナードの朝」を観ました。
レナードの朝
ロバート・デ・ニーロ ロビン・ウィリアムス ジュリー・カブナー
B000OPOB7O

嗜眠性脳炎で、30年間半昏睡状態の患者を目覚めさせるため立ち上がる、新任医師の姿を描いた感動の人間ドラマ。ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムスほか出演。(アマゾンより)

色々と深く考えさせられる映画でした。
嗜眠性脳炎という、おそらく原因も不明で、部分的なけいれんから始まって
徐々に体全体が蝕まれ、ついには全身が硬直し、会話も出来ず、無反応に
なってしまう病気にかかり、30年間半昏睡状態にあった患者レナード
(ロバート・デ・ニーロ)とあることをきっかけに治療法に思い当たり
レナードの覚醒に成功させる医師、セイヤー(ロビン・ウイリアムス)を
中心とした物語です。

実話を元にしているということで、この患者さん達やセイヤー医師のことを
思うと、観ていて本当に辛くなりました。
ロバート・デ・ニーロもロビン・ウイリアムスも、そうやって感情移入させる
だけの名演だったと思います。デ・ニーロはいつもながらの鬼気迫る演技
(演説シーン、カメラを回せというシーンは最高)も、覚醒するときの演技も
良かったし、ロビン・ウイリアムスの演技もまさにはまり役で良かったです。
原題の「AWAKENINGS(目覚め)」というのは、レナードは勿論ですが
レナードの目覚めを通して、人と接することも苦手だったセイヤーの
目覚めも描いているのかなーと思いました。

ネタバレになりますが、どうしても書きたいので、以下に文字色反転にして
書きます。(ネタバレ感想。要ドラッグ)
何と言ってもレナードとポーラのダンス・シーン!
もう、号泣でした。人を受け入れることの素晴らしさ、受け入れられることの
喜び・・・。何が良かったのか分かりませんが、とにかく泣けました。
あと、レナードの症状がまた悪化していった後、セイヤーがナースのエレノアに
「僕は親切な人間だろうか?」と問いかけるシーンは胸に迫り、
同時に考えさせられました。セイヤーも言ってましたが、一度与えた命をまた
奪うような結果になり、本当に辛かったと思います。
そもそもセイヤーの治療行為もちょっと危険な部分もあり、その点にも考え
させられましたし。
でも、セイヤーとエレノアの関係はホッと温かくなる感じで良かったです。
ラストでセイヤーがエレノアをコーヒーに誘うシーン、辛い映画だったので
良かったです。
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

コメントありがとうございました。
せっかくですので、リンクさせて頂いても
よろしいでしょうか?

映画のほうは私はたまにしか見ません。
妹が映画好きなのでよく見てます。
【2008/02/25 17:14】 URL | あやこ #2eCz48es [ 編集]


あやこさん、こんにちは!
わざわざ、こちまで来ていただき、ありがとうございます。
リンクは勿論大歓迎です。
こちらもさせてもらいますね。

「こちらにもコメント残さなきゃ」とか気にしなくていいですよ。
フェイマスのことで感激して訪問しただけですから。
それでは、またおじゃまさせてもらいます。
【2008/02/25 17:25】 URL | CD #- [ 編集]

昔観ました^^
むかしに見たので、大分忘れてますが・・・
観る前に思ってたのはR・ウィリアムズとデ・ニーロ、キャスティング反対じゃないの?って事。
でも見てみたら、それほど気にはなりませんでした。
というか、やはり良かったです。(忘れてるけど、そんな印象が残ってる^^;)

(以下、ネタバレ有り。要ドラッグ)
このやりきれない展開、なんとなく「アルジャーノンに花束を」に似てますね。
って、ユースケ・サンタマリア主演のドラマで見ただけで、読んだ事は無いんだけど。
【2008/02/25 18:17】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
鑑賞前のキャスティング逆じゃないの?っていう感想、
何となく分かります。
でも、デ・ニーロはどちらもいけると思いますが、
ロビン・ウイリアムスは穏やかな役どころで、抑えた演技が
良かったんじゃないかなと思います。

ネタバレ返信(要ドラッグ)
そうそう、本当にやりきれないですよね。
確かにアルジャーノンに似てますね。
私は、ドラマは未見で、原作だけ読んだんですが、
あの作品も傑作だと思います。
【2008/02/26 12:57】 URL | CD #- [ 編集]

泣ける映画
CDさん、こんにちは!
これ観てくれたんですね~ でもって号泣でしたか。
私も思い出して、また泣きそうでしたよ。
二人の俳優、特にデ・ニーロの真に迫った演技には感動しました。
あのダンスシーンは本当に胸にグッとくるシーンです。
実話だから、最後はあんな結果になってしまって、悲しい事ですよね。
なんともやりきれない思いが残りました。

ところで、CDさんもわさぴょんさんも
「要ドラッグ」などという高度なワザが出来るんですね!
そんなの知らないから、私はいつもネタバレを堂々と書いてます(^^ゞ
【2008/02/26 14:48】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!
はい、観ちゃいました。でもって号泣です。
あのシーンは辛く悲しい気持ちと救われたようなうれしい気持ちが
混ざり合う不思議な感情で泣けてしまいました。
デ・ニーロはやっぱりすごいですね。

この映画は知ってたんですが、当時は今以上にアクション・サスペンス寄りの
鑑賞傾向で、「何かまじめそうな映画」って感じで観ませんでした。
でも、YANさんの泣ける映画ということで、「海を飛ぶ夢」を観ようと
思ったらレンタル中で、これを観ることに。
そしたら、思いの外いいじゃないですか。さすがYANさん。
私の場合、当時観るより今観る方が感動できたと思うので良かったです。
ありがとうございました。

ネタバレについては、いつも悩むところで、「今回のここを
隠すなら、あのときのあれを隠せよ~」と思う方もいるかもしれませんし
難しいですね。

やり方は、記事を書くときの窓の上の方に絵の具のパレットのようなアイコンとか
”色”というアイコンがあると思いますが、あれを使います。
まず、隠したい文章をドラッグしておいてから、そのアイコンを開き、”白”のところを
クリックすると、その範囲指定した分が白い文字になります。
他にやり方があるのかもしれませんが、私はそうしてますよ。

【2008/02/26 16:49】 URL | CD #- [ 編集]

ありがとう!
「要ドラッグ」のやり方を教えてくれて、ありがとう!

こんなところで練習するのも、非常識でしたね (≧∇≦)ノ彡☆
↑これで、出来てるのかな?初めての挑戦です。
【2008/02/27 16:09】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


YANさん、こんにちは!どういたしまして。

>こんなところで練習するのも、非常識でしたね
 別に構いませんよ。YANさんの好きなように使ってください。

もっといいやり方があるのかもしれませんが、
とりあえず良かったですね。

【2008/02/27 16:40】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!CDさん^^
この映画、本当に素晴らしいですよね!ゴメンなさい、CDさんが記事にされているのを見逃してしまってました!なんという、友達っ!(ばかbかばかばかbかんばあbかjはあj)
失礼しましたm(_ _)m
それにしても、デニーロの演技は本当に難しい役どころなのに
本物のようでした。なかなか売れっ子の俳優さんがあういう役を演じるのは
辞退したいと思うかもしれません。日本人俳優で言えば、『高橋英樹』さんのような
大御所が脳性まひの役を・・という想像は付きにくいです(^^;
渡邊謙さんが、若年性痴呆症の難しい役を以前、演じてましたが
さすがでした「明日の記憶」という映画ですが、、
とにかく、感動映画のトップ5には入りそうな名作ですよね!
【2008/04/25 21:01】 URL | ぴーち #- [ 編集]


訂正。。。。。「明日への記憶」でした(><)
【2008/04/25 21:02】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
そんなに、ばかばか言わなくても・・・。
友達として気にしてくれてるのが分かり、かえってうれしかったですよ。
私の方こそ、見逃しがあるかもしれません。その場合はお許しください。

この作品は本当に感動でした。
デ・ニーロはやっぱり凄い役者ですね。
でも、高橋英樹には行き当たりませんでした。(笑)
「明日への記憶」は気になってるけど未見です。
これも良さそうですね。
【2008/04/25 22:38】 URL | CD #- [ 編集]


はじめまして、ホーギーといいます。
このたびは、私の拙いブログへのコメントどうもありがとうございました。
同じデニーロ作品のこの映画にコメントさせて頂きます。
この映画は、「生」についてあらため考えされられた感動作品だと思います。
はたして、自分はどんな辛い状況でも前を向いて生きていけるものかと。
とにかくデニーロの迫真の演技はさすがですよね。これだけ観る者に感動を
与えることができるデニーロは、まさに適役ですよね。
それから、CDさんの「レナードの目覚めを通して、人と接することも苦手
だったセイヤーの目覚めも描いている」との的を得たコメント、
まさに仰るとおりだと思います。とても勉強になりました。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
PS. TBを何度かさせて頂いたのですが、相性のせいでしょうか、うまく
反映されませんでした。また、チャレンジしてみます。
【2008/05/10 09:08】 URL | ホーギー #- [ 編集]


ホーギーさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

ホーギーさんの言われるとおり、この作品は生について考えさせられますね。
私もどんな状況でも前を向いて生きられるかというと、自身がありません。
レナードの病状が元に戻ってしまいそうなとき、ビデオを回せとか
この姿を記録しておけというようなことを言っていたと思いますが、
壮絶だなと思いました。デ・ニーロも鬼気迫る演技でしたね。

私の拙いコメントをお褒め頂き、ありがとうございます。
そんな風に言われるとすごくうれしいし、励みになります。

TBは反映されないことが多いようです。
申し訳ありませんが、私からはほとんどトライしてません。
それでも、TBしていただければ、大歓迎だしうれしいんですが、
ご了承ください。

今後ともよろしくお願いします。
【2008/05/10 21:08】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/89-6639a275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。