映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのレシピ
幸せのレシピを観ました。心温まる感じの、いい映画でした。
幸せのレシピ 特別版
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アビゲイル・ブレスリン アーロン・エッカート
B000ZFTNDK


ニューヨークの人気レストランの料理長であるケイトは、素晴らしい料理を提供するための努力は惜しまない自分に厳しい完全主義者。そんな彼女がコントロールする厨房は張りつめた空気があった。ところが、新しい副料理長のニックは、厨房で音楽をかけ、楽しみながら仕事する主義。彼はケイトにとって目障りな存在だったが、ニックは彼女に興味シンシンだ。そんなときケイトの姉が交通事故で亡くなった。彼女は姪のポーラを引き取ることになるが…。
厨房も私生活も完璧にコントロールしていたワーカーホリックなケイトをキャサリン・ゼダ=ジョーンズが余裕のある芝居で魅せる。仕事も完璧、プライドも高い、が、ときどき不安にさいなまれるリアルなワーキングウーマンの姿は共感度バッチリだ。そんな彼女の心の隙間に入り込んでくる副料理長と姪の存在もおもしろい。完璧だった日々が恋で揺れ、姪の世話で苦しむ。特に思うようにならない姪との関係はポーラ演じるアビゲイル・ブレスリンの等身大の芝居により、より現実味が加味され、シンプルな演出ながら心に響くシーンを作り出している。(アマゾンより)

完全主義者で仕事命、でも人付き合いは苦手というケイトが、ポーラとニックによって
徐々に心を開いていく様子がうまく描かれていて、観ていて癒やされ、ちょっと元気に
なるような映画でした。
元々キャサリンは好きな女優なんですが、私とは性別は勿論、性格も違う役柄なのに
すごく感情移入して観ることができました。やっぱりいいなー。
それと、ポーラ役のアビゲイルがすごく上手くて、子供の気持ちになったみたり、
我が子への接し方についてもちょっと考えさせられちゃいました。
アーロンもいつものアーロンとは雰囲気の違うタイプで(といっても詳しくないです)
なかなか魅力的に演じてました。
メイキング映像の中で、キャサリンもアーロンもほとんど料理経験無しの状態から
有名シェフの元で修行して、演技に臨んだと言ってましたが、二人ともすごく様になってて
かっこよかったです。
女性向けの作品だとは思いますが、男も含め、ちょっと疲れてるときとかに観ると
いいんじゃないかなーと思いました。ステーキ肉を使った痛快なシーンとか、ちょっと
笑えるところもあるし。

と、言うわけで、この映画好きになったんですが、その理由の一つに、レストランが
舞台だからというのがあります。私は、何故かレストランが舞台になった作品が好きで、
あまり観ないテレビドラマも、レストラン等を舞台にした作品は、結構好きで
観ているなーということに気がつきました。
なので、明日?は、ちょっとテレビドラマの好きな作品をご紹介しようかなと思います。


スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

こんばんは!CDさん^^
この映画を鑑賞されたんですね!
アビゲイルちゃんがとってもキュートでしたよね^^
それと、キャサリンも厨房に立つと毅然として、キビキビ料理をこなす
キャリアウーマン振りがサマになってましたし。。
仕事に対する心構えもちゃんと描かれていたし、そんな彼女の
心を溶かしていく存在も、とても癒された作品でした!

CDさんはレストランが出てくる映画やドラマがお好きなんですね!
これは厨房には直接関係ないんですが、私は田宮二郎さんの「高原にいらっしゃい」というドラマが好きでした。ホテル支配人の役ですが、料理の話も出てきたりして
良かったですね・・。CDさんの印象に残るドラマも興味深いですね^^

それとまたまた関係ない話ですが、先日ラジオのパーソナリティの男性が
『ポリス』を見に行ってきた話をしていました。周りは皆、40代~50代くらいの同世代の男性ばかりで、こういうコンサートへ来てまでも応援している人達が居るということに
喜びを感じたと言っていました。
私は一回り以上世代が下なので、ちょっと感覚的にずれてしまいますが、
それでもロックを愛する人達の気持ちも判りますし、素敵なことだと思いますね!

ではでは、違う方向へ行ってしまいそうなので、この辺で^^
また、お邪魔させてくださいね^^
【2008/03/06 23:57】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんにちは!
観ましたよ!良かったですねー。
アビゲイルもキャサリンもホント良かったです。
それぞれが、少しずつ心を開いて相手を受け入れることにより
成長していき、幸せになっていくところが丁寧に描かれているなーと思いました。

そうなんです。レストランが出てくる作品好きなんですよ。
「高原にいらっしゃい」は佐藤浩市が主演のリメイク版を少し観たことが
ありますが、設定的にはすごく好きな感じでした。オリジナル版も観てみたいです。
そう言えば、ホテルや旅館が舞台なのも好きですねー。

ポリスのコンサートは確かに40~50代の男性客多かったです。
そのパーソナリティの人が言ってたこと同感です。
私もなんとなくうれしかったし、ちょっと感激しましたから。
こういう気持ちはいつまでも忘れずに、行動もできるようにしたいですね。

記事と関係ない話でも全然構いませんよ。
これからもお待ちしてます!
【2008/03/07 11:07】 URL | CD #- [ 編集]


みつからないなんて言って失礼しました^^;
でも昨日は(以下、略)

あの見事な身のこなしが、悪く言えば「付け焼刃」だったなんて
信じられないですよね!
役者さんってほんとに、天賦の才があるんだなぁ~と思います。
実際お味の方はどうだったんだろ^^

ところでついこないだTVで『ターミナル』を放映してましたね♪
キャサリン・ゼダ・ジョーンズの顔が、今作の時と全然違うように感じたんですが・・・
タダ単に化粧のせいかな???(ちょっと小さくまとまってる感じに見えた)

【2008/09/10 19:11】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


わさぴょんさん、こんにちは!
見つかって良かったです。

そうそう、役者って本当に器用ですよね。
勿論、努力もしてるんでしょうが、いくら努力しても自分では
なかなかサマにならないと思います。

ターミナルは観てないんですよ。
キャサリンはすごく好きなんですけどね。
観た中で一番魅力的だったのは、「エントラップメント」です。
ストーリーもショーン・コネリーも勿論良かったですが
キャサリンは本当にたまんなかったっす!(笑)
【2008/09/10 19:22】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/91-340106eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「幸せのレシピ」・・・80点

幸せのレシピ 特別版販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ発売日:2008/02/08 旧作をねらえ!in TSUTAYA            わさぴょんの映画鑑賞日記【2008/09/10 19:13】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。