映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイ・フォワード
「ペイ・フォワード」を観ました。泣けました。役者が揃ってましたが、
やっぱりハーレイ・ジョエル・オスメント!すごい。
ペイ・フォワード
ハーレイ・ジョエル・オスメント ケビン・スペイシー ヘレン・ハント
B000XG9PA2


DV夫が家を出た後、アルコール中毒の母親アーリーン(ヘレン・ハント)と暮らす、
11歳の少年トレヴァー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)。
新しい社会科の先生シモネット(ケヴィン・スペイシー)から出された課題、
「世界を変える方法を考え、実行せよ」に対して、次のような方法を考える。
それは、まず1人の人間が、3人の人間に親切なこと(その人自身では解決できないような)
をし、その恩を受けた3人がそれぞれ新たに3人の人に親切なことをしていく、という
「pay it foward」という計画だ。
トレヴァーは薬物中毒でホームレスになっているジェリー、いじめられっこの友達、
シモネット先生の3人に親切なことをしようと考えた・・・。というあらすじです。

まず、この発想がいいですね。このクソのような世の中でも人々の善意を信じて
自分が行動することにより、少しずつでも世界が変わっていくのが見たい、
そう願うトレヴァーに拍手です。また、それを演じるハーレイのうまいこと。
完全に引き込まれました。その相手となるのもケヴィンとヘレンですから
映画を見ている間、何度涙をぬぐったことか、というくらい色んなシーンで泣きました。
(最近涙腺弱くて困ってます 笑)
相手の立場を理解し受け入れること、手をさしのべること、自分から行動すること
って大事だな~と思います。
監督のミミ・レダーの作品はピース・メイカーもディープ・インパクトも好きなんですが
ペイ・フォワード以降名前を聞かないんですが、何か撮影中なんですかねー。
次回作にも期待したいです。
ところで、ジョン・ボン・ジョビは何故あの役を引き受けたんだろう?

最後にネタバレ感想を(要ドラッグ)
あのエンディングだけは納得いかない。何故死なせてしまう必要があったんだろう?
本人がいなくなってもムーブメントは続き、少しずつ世の中がよくなっていくことを
暗示したかったんだろうか?他に見せ方はいくらでもあるように思うけど。
悲しくて泣いてしまったけど、別の感動の仕方が良かったな。
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
コレは泣ける
そういえばミミ・レダー、最近聞きませんね。
今作は泣けましたね~
でも実際にはなかなか出来ない事ですよね~

ラストは意外だったけど、やはりCDさんのいうとおり
「この先もどんどん(勝手に)善意の輪がつながっていく」ってことを言いたかったんでしょうね。
もしくは「人生は不条理」って方かも^^;
【2008/03/14 18:03】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


こんにちは!いつもコメントいただき、ありがとうございます♪
まだ、お返事させていただいてなくて、ごめんなさい。。
子供の風邪がうつったのか、先ほどまで寝ていました(^^:
でも、ひと寝すると楽になるものですね~。
余り、昼寝というのは滅多にしないですが、すっきりしました!
ブログを開いたら、CDさんのコメントがあったので、
嬉しく思い、駆けつけました。
この映画は、未見なんですが、
タイトルはよく見かけていましたので、知ってます!
CDさんのレビューを拝見させていただいただけで、大体の内容が
把握出来ました。。
最後に主人公なり、主要人物の死ということが理不尽に思う映画って
ありますよね。。
今度、機会がありましたら
鑑賞してみたいと思います♪
では、では!
また、お邪魔させてくださいね☆
【2008/03/14 18:07】 URL | ぴーち #- [ 編集]

私も泣きました~
CDさん、こんにちは!
私もこの映画好きです。
人間の善意というものの上に成り立っている良い作品だなあと思います。

ただ、ハーレイくんの演技は、ちょっとワンパターンに見えてきました。
いつも眉が八の字で・・・(^_^;

ラストは、彼の存在とメッセージを、より強く人々の心に残すために
そうしたんだと私は感じましたよ。
【2008/03/14 18:11】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
泣けましたねー。確かに難しいことだと思いますが、いい考えですよね。
ラストはやっぱりそういうことなんでしょうね。
人生は不条理ってことを言いたかったのではないとは信じたいです。
それは別の作品で堪能しますから。(笑)
ミミ・レダー、どうしちゃったんでしょうね~。
【2008/03/14 22:29】 URL | CD #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
風邪を引いちゃったんですか?大丈夫ですか?
私も子供がしょっちゅう風邪を引くので、よくうつされます。
そんな時はやっぱり寝るのが一番ですね。
昼寝はなかなかできませんが、思いっきり早く寝て治すっていうことは
よくやります。

この映画、なかなか良かったですよー。
ぴーちさんにも気に入ってもらえそうな気がします。なんとなくですけど。
もしも観る機会があったら、レビュー楽しみにしてますね。

それでは、お身体お大事に。

【2008/03/14 22:37】 URL | CD #- [ 編集]


YANさん、こんばんは!
YANさんもお気に入りでしたか!
>人間の善意というものの上に成り立っている良い作品だなあと思います
  そうそう、その通り。私もそう思います。

ハーレイ君の演技だめでしたか。私は結構やられました。
お母さんに叩かれた後の表情なんか、まるで自分が我が子に対して
やってしまったような胸苦しさを覚えました。

ラストは私もそう思うし、意図は分からなくもないけど
この映画はハッピーエンドにして欲しかったなーと思いました。
【2008/03/14 22:42】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/94-f47a4389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。