映画と本と、時々・・・
感動したり面白かった映画や本について日記風に書いたブログです。 日々の出来事や音楽についても気ままに書いていこうと思います。
プロフィール

CD

Author:CD
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ・リボウスキ
相変わらず、古い映画ばかりですが、「ビッグ・リボウスキ」を観ました。
くだらないといってもいい内容なんですが、かなり良かったです。いい感じでした!
ビッグ・リボウスキ
ジェフ・ブリッジズ ジョン・グッドマン ジュリアン・ムーア
B00005V2NE

“デュード”と呼ばれる無職の中年男ジェフ・リボウスキ(ジェフ・ブリッジス)は、ある日見知らぬ男たちから同姓同名の大富豪リボウスキと間違えられて暴行を受けてしまい、その賠償金を要求すべく富豪宅へと赴いた。しかし、時あたかもリボウスキ夫人が何者かに誘拐されており、デュードはその身代金受け渡しの役を引き受ける羽目になってしまう…。
イーサン&ジョエル・コーエン兄弟が仕掛けた、ユニークなヒューマンドラマ。あたかも1970年代そのもののテイストを引きずったヒッピーの主人公をはじめ、ひとくせもふたくせもあるキャラクターが次々と登場しては、その場を沸かしてくれる。幻想と現実を織りまぜながらの演出テクニックもまたユニークで、人生の悲喜劇をじんわりと描出させてくれている。(的田也寸志) (アマゾンより)

コメディはあまり好きじゃないんですが、これは面白かった。
くだらない下品な感じが好きなのかも。
ジーザスという名前のキレたボウラー役のジョン・タトゥーロ、この人こんな人だっけ?
と思うくらい、笑えました。
キレキャラと言えば、ジョン・グッドマンも私好みです。出ているだけで何か笑いの
予感がします。
と言うわけで、主演のジェフ・ブリッジズはちょっとかすむ感じだったんですが、
ボーリングレーンを滑っていく(夢で)時の表情は最高でした。
穢れないといってもいい、男のスケベ心溢れるいい表情でした。(笑)
あと、ポルノ業界のボスが電話しながら書いたメモの内容とか、遺灰を流すシーンとか
かなりツボにはまりました。
この映画を観た人には、私がいかにくだらないことで受けるのか分かってしまいそうで
恥ずかしいですが。
脇役もフィリップ・シーモア・ホフマンやスティーブ・ブシェミ、「プリズン・ブレイク」の
ジョン・アブルッチまで出ていて楽しめました。
音楽もボブ・ディランに始まり、ストーンズのカバーで終わるという感じで
良かったですね。
音楽のせいなのか映像のせいなのか、内容の割にしゃれた印象を持つ映画でした。
コーエン兄弟モノでは、ファーゴやバートン・フィンクの評価が高いと思いますが
私は、これが一番かもと思いました。




スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


この記事に対するコメント
デュード?
あれっ?かっこいい男って意味の『デュー』じゃなかったかな?

ボーリングレーンを滑ってく夢のシーン、良かったですよね^^;
ジュリアン・ムーアのコメディエンヌぶりも意外と面白かった☆

アブルッチも出てたのか~! 何の役でした?
【2008/03/21 19:00】 URL | わさぴょん #8iCOsRG2 [ 編集]


こんばんは!
コーエン兄弟、これもわさぴょんさんのお得意ものですねww
ノーカントリーが地元で見られない事に、腹だったので
彼らの映画をレンタルして来たので、改めてレビューを書こうっと^^
【2008/03/21 20:41】 URL | ぴーち #- [ 編集]


わさぴょんさん、こんばんは!
多分、意味はかっこいいっていう意味だと思いますが、デュードだと思いますよ。
レーンを滑っていくシーンは最高でした。
ジェフ・ブリッジズってまじめな印象しかなかったから、意外でした。
ジュリアン・ムーアも意外にはまってましたね。
アブルッチは、間違えてデュードを誘拐しようとしたグループの
親玉で、ジョン・グッドマンに耳を噛みちぎられた役です。
(多分アブルッチだと思うけど違うかも)
ちなみに、「レナードの朝」でも薬品会社の営業?(プレゼンする役)で
出ていました。
しかし、わさぴょんさんはよく観てますねー。
どんな球を投げても確実に打ち返される感じです。(笑)
【2008/03/21 23:17】 URL | CD #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
そうかー、コーエン兄弟はわさぴょんさんのお得意だったんですね。
ノー・カントリー、観たいですね。
アカデミー特集みたいな番組で、予告編みたいなものを
チラッと観ただけですが、面白そうでした。
あれもコーエン兄弟でしたっけ?
ぴーちさんは彼らの映画をレンタルしたんですね。
何だろう?アップされたら、またおじゃましますね。
【2008/03/21 23:21】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!そうそう私CDさんとこでこの映画のレビューを見て鑑賞したんですが、
ご報告がされていなかったようで、平に、平にご容赦を~~~~!!
(もう、許して貰えない??、え!鞭?!蝋燭!・・・す。すみません
想像しないでくださいまし・・)
確かにあのジョン・グッドマン、危ないくらい切れ具合が良かったですよねww
そしてジェフ・ブリッジスの冴えない中年男役がハマッてましたね^^
特に妄想の中の彼の満面な笑み、最高でした~☆
ブシュミのお気の毒な死因と、灰になってからも何だか疎まれているようで
可哀想でしたが、一番まともな役で面白かったですw
CDさんはコーエン兄弟の中で一番の作品なんですね!
肩に力が入ってなさそうで、素直に入れる内容かも^^

では!また、お邪魔しますね^^
【2008/05/14 21:45】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
報告が遅れたなんて、そんなに気にしなくていいですよ。
ご希望とあらば、鞭でも蝋燭でも用意しますが。(笑)
ジョン・グッドマンのキレ具合、好きなんですよ~。
危なさとバカバカしさの加減が最高です。
ジェフ・ブリッジズもあんなにいい表情ができるとは思いませんでした。
男の方が更に笑える場面だと思います。(笑)
ブシェミの遺灰のシーンも笑えましたね。

コーエン兄弟作品では、「ノー・カントリー」も気になってます。
ハビエル・バルデムも出演してるし、観たいな~。
【2008/05/14 22:18】 URL | CD #- [ 編集]


こんばんは!「ノーカントリー」は所によっては劇場公開が遅れて公開しているようですが、CDさんの所では公開されていますか?
私の所は、5月に入ってからの公開でした。
「ノーカントリー」は非常に重々しい内容でしたが、
見ごたえはありました^^

では、ではまた、お邪魔します^^
【2008/05/16 21:19】 URL | ぴーち #- [ 編集]


ぴーちさん、こんばんは!
「ノーカントリー」は私のところでも公開はされてるんですが、
なかなか劇場では観ることができません。
やはり重々しい内容でしたか。
それでも、観てみたいです。
でも、多分DVDになってからですね~。
【2008/05/17 00:21】 URL | CD #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://movingscene.blog92.fc2.com/tb.php/97-4e9365a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。